Create issue ticket

考えれる466県の原因 グロブリンの増加

  • 妊娠後期

    […] life 妊娠後期になるとお腹が随分と大きくなってきますよね。日常生活の中で不自由に感じてしまう場面も多いことでしょう。なかでも悩ましいのが、休息を取るための「寝る体勢」。仰向けから横向きに寝る姿勢を変えても肋骨が痛くて寝れない、お腹痛いと感じる場面が多いようです。 妊娠後期の寝苦しさ、先輩ママたちはどんな風に寝る体勢を工夫して乗り切ったのでしょうか? 妊婦あるある!?寝苦しいのは寝る姿勢の影響も大きい 妊娠後期。多くの妊婦さんが抱える「寝る姿勢」問題 「寝る体勢が辛いなんて私だけ[…][…]?」そう思っていたあなた、安心してください。多くの人が妊娠後期には同じ悩みを抱えていました。とくに8[…][select.mamastar.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    妊産婦・女性生殖器疾患の婦人科疾患のお話。 今回は、性感染症と骨盤内炎症性疾患の説明です。 [性感染症と骨盤内炎症性疾患]sexually transmitted disease and pelvic inflamatoty disease 【概念】 性感染症sexually transmitted disease(STD)は性行為を介して感染し、発症する疾患です。 古くは、梅毒、軟性下疳、鼠径リンパ肉芽腫症、淋疾、トリコモナス症や真菌症が挙げられますが、最近ではクラミジア感染症、性器ヘルペスや尖圭コンジローマが増加しています。[…][blogs.yahoo.co.jp]

  • 伝染性単核球症

    ・その他、TTT、ZTT、γグロブリンが上昇し、免疫グロブリンIgMが増加する。 ・A、B、Cなどの肝炎ウイルスが陰性であることを確認する必要がある。 治療法 1.一般療法 確立された特異療法はないが、抗ウイルス剤(アシクロピル)を試みる場合がある(保険適応はない)。一般に安静臥床させ、肝庇護食にて経過を観察する。[jomf.or.jp] これは逆にB リンパ球の増殖、免疫グロブリンの産生、EBV 感染B リンパ球の増加にもつながる。 (以下はEBV による伝染性単核症に限定する。)[niid.go.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    抄録 トキソプラズマ感染症は,免疫抑制状態にある膠原病患者における日和見感染症の一つとして知られており,しばしば髄膜炎や網脈絡膜炎などの症状を呈する.筆者らはトキソプラズマ感染症を併発した膠原病の2例を経験した.症例1は49歳,全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:以下SLEと略)・強皮症(Systemic[…][jstage.jst.go.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症では、血液中のモノクローナル免疫グロブリンM(IgM)量が増加します。 フローサイトメトリー法: 患者さんの試料中の細胞数、生きている細胞の割合、細胞の特徴(大きさ、形状、細胞表面の腫瘍マーカーの有無等)を計測するための手法です。[imic.or.jp]

  • 皮下膿瘍
  • 門脈性肝硬変

    血液生化学検査 :蛋白 アルブミンの減少とγグロブリン増加(β-γ bridging)、ビリルビン 直接型が優位、GOT/GPT比の増加、小腸型ALPの増加、ChEの減少、コレステロールの減少 Ⅵ.合併症 1. 腹水 2. 食道静脈瘤 3. 肝性脳症 4. 肝癌 5.[kanazawa-med.ac.jp] 肝硬変が進行すると、血小板数の減少、タンパク質であるアルブミン値の低下、γ (ガンマ) ‐グロブリン(免疫グロブリン)の増加、血液凝固検査におけるプロトロンビン時間(血液凝固因子を加えたときの血漿 (けっしょう) が固まる時間)の延長、コリンエステラーゼ(酵素)の低下などの検査異常が出てくる。[kotobank.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    (自己免疫性甲状腺炎) 執筆者: Jerome M. Hershman , MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。[…][msdmanuals.com]

  • 前立腺腺癌

    限局性前立腺癌の根治療法: 全摘手術と小線源療法 について 骨やリンパ腺などへの転移が無く、周辺臓器にも浸潤していない限局性の前立腺癌は、根治療法が可能ですが、その治療法には前立腺全摘術と放射線療法があります。2003年より当院ではヨード125を用いた密封小線源を多数前立腺内に刺入する放射線療法の一種である小線源療法を開始いたしました。 小線源療法と全摘手術は、それぞれ適応が少しずつ異なるほか、長所・短所・副作用などの特徴が 異なります。患者さんの病状をよく検討した上でより適した方針を決めることになりますが、 患者さんのご希望をふまえて治療法を選んで頂くことも可能です。[…][hokkaido-cc.hosp.go.jp]

さらなる症状