Create issue ticket

考えれる10県の原因 グルコース6リン酸デヒドロゲナーゼ欠乏

  • 高圧酸素療法

    研究課題/領域番号 18591674 研究種目 基盤研究(C) 配分区分 補助金 応募区分 一般 研究分野 整形外科学 研究機関 獨協医科大学 研究代表者 玉井 和哉 獨協医科大学, 医学部, 教授 (40137831) 研究分担者 星川 淳人 獨協医科大学, 医学部, 講師 (50383021) 研究期間 (年度) 2006 – 2007 研究課題ステータス 完了(2007年度) 配分額 *注記 3,860千円 (直接経費 : 3,500千円、間接経費 : 360千円) 2007年度 : 1,560千円 (直接経費 : 1,200千円、間接経費 : 360千円) 2006年度 : 2,300千円[…][kaken.nii.ac.jp]

  • ロッキー山紅斑熱

    感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について (1) 定義 紅斑熱群リケッチアに属するロッキー山紅斑熱リケッチア(Rickettsia rickettsii)による感染症である。 (2) 臨床的特徴 自然界ではダニ、げっ歯類、大動物(イヌなど)の間で感染環が維持されている。ヒトへの感染はダニの刺咬による。潜伏期間は3[…][mhlw.go.jp]

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝炎

    抄録 IFN無効例を含めC型慢性肝炎には貯蔵鉄があり, 鉄依存性ラジカル産生に基づく細胞障害は肝炎活動性の一端を担う. それを排除する工夫は大切であり, 瀉血により潜在的鉄欠乏状態を維持するのが簡単で経済的でもある. 造血能が悪く貧血になりやすい症例では, 補助手段として, エリスロポエチンの併用, 鉄の豊富な食品を避ける食事療法, 消化管での鉄吸収阻害を計る薬物治療などが必要となる. これら補助療法を含め, 総合的な鉄の肝毒性対策の確立と普及が望まれる.[doi.org]

  • 腎不全

    抄録 慢牲腎不全・透析患者では,感染防御に対する解剖学的・生理学的機構の障害や好中球,単球・マクロファージをはじめTリンパ球, Bリンパ球の異常を認め,免疫不全の状態にあり易感染性宿主となっている.一般細菌感染症では下気道や尿路および透析用血管内留置カテーテルの感染が多い.また肝炎ウイルス感染や結核症の罹患率は一般人に比べて著しく高いことが注目される.腹膜透析患者の腹膜炎では,明らかな感染源なしの自然発症細菌性腹膜炎の頻度が高い.[doi.org]

  • 黄疸

    黄疸(おうだん、英: jaundice)とは、病気や疾患に伴う症状の1つ。身体にビリルビンが過剰にあることで眼球や皮膚といった組織や体液が黄染した(黄色く染まる)状態。 脾臓中のマクロファージにより、循環中の古くなったり損傷を受けた赤血球が取り除かれる。赤血球中のヘモグロビンはヘムとグロビンに分解される。ヘムの分解は、マクロファージによって開始される。ヘムのポルフィリン環は、ヘムオキシゲナーゼ (HMOX) により緑色のビリベルジンに分解される。2番目の反応として、ビリベルジンがビリベルジンレダクターゼ (BVR) により黄色のビリルビンに還元される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 新生児失血性貧血

    別の、まれな例として、赤血球酵素(グルコース6リンデヒドロゲナーゼ[G6PD])の欠損があります。この赤血球酵素が欠乏していると、妊娠中に母親または胎児が、ある特定の薬剤(アニリン色素、サルファ剤などほかにも多数あり)にさらされたときに、赤血球の急速な破壊が起こります。[msdmanuals.com]

  • ケル同種免疫がある新生児の溶血性疾患

    別の、まれな例として、赤血球酵素(グルコース6リンデヒドロゲナーゼ[G6PD])の欠損があります。この赤血球酵素が欠乏していると、妊娠中に母親または胎児が、ある特定の薬剤(アニリン色素、サルファ剤などほかにも多数あり)にさらされたときに、赤血球の急速な破壊が起こります。[msdmanuals.com]

  • 溶血性貧血

    溶血性貧血(ようけつせいひんけつ、hemolytic anemia)とは、赤血球が破壊されることによって起こる貧血。赤血球が破壊されることを溶血と言い、本症は溶血で起こる貧血なので溶血性貧血と言う。 原因としては細菌感染、何らかの毒素、血漿浸透圧の極度の低下などがある。一方、アレルギー(抗原抗体反応)によるものもあり、この場合、赤血球を異物と誤認して、抗体反応によって赤血球が破壊されて発生する。 抗酸化作用を有するビタミンEが欠乏し、生体膜で活性酸素が存在すると脂質過酸化反応により過酸化脂質が連鎖的に生成され、膜が損傷し、赤血球で溶血が起こるなど生体膜の機能障害が発生する。[…][ja.wikipedia.org]

  • メズロシリン

    グルコース-6-リンデヒドロゲナーゼ欠乏 重度の腎不全 妊娠中 母乳育児期間。 注意して: 脳血管のアテローム性動脈硬化症。 脳循環の違反 てんかん症候群 日射量を制限することができない生活条件(職業活動)。 慢性腎不全 妊娠中および授乳中の Sparflo : 妊娠中は禁忌です。 治療の時に母乳育児をやめるべきです。[ja.medicine-cure.com]

さらなる症状