Create issue ticket

考えれる113県の原因 グランツマン血小板無力症

  • グランツマン血小板無力症

    ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験では、粘着能の低下から多くの血小板が検出される。 歴史 1948年にベルナールとスーリエによって報告された。 血小板無力グランツマン血小板無力グランツマン病) 血小板無力は、血小板凝集因子が先天的に欠損した病気。[ja.wikipedia.org] 血小板無力(けっしょうばんむりょくしょう、thrombasthenia)あるいはグランツマン血小板無力(Glanzmann's thrombasthenia; GT)は、血小板の機能異常によって、粘膜や皮膚の出血が止まりにくくなり、出血傾向を来たす疾患である。先天性血液凝固障害のひとつで、常染色体劣性遺伝の遺伝形式をとる。[ja.wikipedia.org]

  • 出血傾向

    グランツマン血小板無力 …フィブリノゲンの受容体である血小板糖蛋白 GPⅡb/Ⅲa複合体が先天的に 欠損しているため、フィブリノゲンを橋渡しできず血小板凝集ができません (凝集能の異常)。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp] 原因となる疾患 [ 編集 ] 詳細は「 血液凝固障害 」を参照 血友病 ヴォン・ヴィレブランド病 グランツマン血小板無力 特発性血小板減少性紫斑病 ・ 血栓性血小板減少性紫斑病 ・ 巨大血小板性血小板減少症 Bernard-Soulier症候群 (BSS) 白血病 ウィスコット・アルドリッヒ症候群 ビタミンK 欠乏症 肝硬変 ウイルス性出血熱[ja.wikipedia.org] 【質の異常】 先天性 例) ベルナール・スーリエ症候群 …血小板膜糖蛋白 GPIb/Ⅸ/V複合体が先天的に欠損しているためにvWFに 結合できないという、血小板の「粘着能」の異常があります。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp]

  • 鉄欠乏症

    ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験 では、粘着能の低下から多くの血小板が検出される。 歴史 1948年に ベルナール と スーリエ によって報告された。 血小板無力グランツマン血小板無力グランツマン病) 血小板無力は、血小板凝集因子が先天的に欠損した病気。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験 では、粘着能の低下から多くの血小板が検出される。 歴史 1948年に ベルナール と スーリエ によって報告された。 血小板無力グランツマン血小板無力グランツマン病) 血小板無力は、血小板凝集因子が先天的に欠損した病気。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性血友病 A

    グランツマン血小板無力患者における注意 本剤の投与はグランツマン血小板無力に関する十分な知識を有する医師のもとで行うこと。 相互作用 併用注意 抗線溶剤 トラネキサム酸 アミノカプロン酸 等 口腔等、線溶系活性が強い部位での手術に併用するような場合、凝固系がより亢進されるおそれがある。[kegg.jp] 通常、血友病、先天性第VII因子欠乏症およびグランツマン血小板無力の出血抑制に用いられます。 次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。[rad-ar.or.jp] グランツマン血小板無力患者 海外14カ国、37施設から、本剤が投与されたグランツマン血小板無力(ただし、血小板に対する同種抗体や血小板輸血不応状態が確認されていない症例を含む)の症例を集積した結果、重度及び中等度の出血エピソードにおいて80μg/kg以上を2.5時間以内の投与間隔で3回以上反復投与した場合、本剤投与後48時間以内に止血できた[kegg.jp]

  • 後天性プロトロンビン欠乏症

    5.グランツマン血小板無力患者における注意:本剤の投与はグランツマン血小板無力に関する十分な知識を有する医師のもとで行う。[medical.nikkeibp.co.jp] 4.血小板に対する同種抗体を保有し、血小板輸血不応状態が過去又は現在みられるグランツマン血小板無力患者の出血傾向の抑制。 効能又は効果に関連する使用上の注意 グランツマン血小板無力:血小板に対する同種抗体は、抗血小板抗体検査等により確認する。[medical.nikkeibp.co.jp] 2.グランツマン血小板無力血小板輸血不応状態ではない患者の場合、グランツマン血小板無力の第一選択療法は血小板輸血である。 副作用 (添付文書全文) 簡潔に見る 血友病患者:国内で承認時までに実施された臨床試験においては、総症例11例中、本剤との関連性が疑われる副作用は認められていない。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 血栓症

    ガラスビーズ管試験 ガラスビーズ管試験 では、粘着能の低下から多くの血小板が検出される。 歴史 1948年に ベルナール と スーリエ によって報告された。 血小板無力グランツマン血小板無力グランツマン病) 血小板無力は、血小板凝集因子が先天的に欠損した病気。[ja.wikipedia.org]

  • 消化管出血

    第24回健康公開講座 「消化管出血 出血は赤信号、でもあわてずに病院へ 」を開催しました。 日時:平成14年8月7日(水) 講師:財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院長 三浦 修 内容: 食道、胃・十二指腸、小腸、大腸など、どこからの出血でも消化管の出血といえますが、出血の原因やその量などで、血を吐いたり、下血や血便に気づいたり、あるいは貧血になったりと、いろいろな症状が起こります。また、膵臓や胆嚢・胆管の病気でも、消化管出血として出現することもあります。今回は出血の原因とそれに対する検査法、さらに治療法などを中心に、スライドやビデオを使用してわかりやすくお話します。[…][hofu-icho.or.jp]

  • チャドレイ・ロジルスキー症候群

    、ジルベール症候群、ジル・ド・ラ・ツレット症候群、ギレスピー症候群、ギルテマン症候群、グランツマン血小板無力、グラス・ボーン病(Glass bone disease)、グラス チャップマン ホックリー症候群(Glass-Chapman-Hockley syndrome)、緑内障、グリア芽腫、糸球体疾患、糸球体腎炎、フィブロネクチン沈着を伴[biosciencedbc.jp] 、ジルベール症候群、ジル・ド・ラ・ツレット症候群、ギレスピー症候群、ギルテマン症候群、グランツマン血小板無力、グラス・ボーン病(Glass bone disease)、グラス-チャップマン-ホックリー症候群(Glass-Chapman-Hockley syndrome)、緑内障、グリア芽腫、糸球体疾患、糸球体腎炎、フィブロネクチン沈着を伴[ekouhou.net] (Gerhardt syndrome)、ジャーマン症候群(German syndrome)、ガーショニバルヒ リーボ症候群(Gershonibaruch-Leibo syndrome)、ゲルストマン シュトロイスラー シャインカー症候群、ゴーサル症候群(Ghosal syndrome)、ジャノッティ クロスティ症候群、巨細胞性動脈炎、巨大血小板症候群[biosciencedbc.jp]

  • 遺伝性血小板異常

    グランツマン血小板無力 …フィブリノゲンの受容体である血小板糖蛋白 GPⅡb/Ⅲa複合体が先天的に 欠損しているため、フィブリノゲンを橋渡しできず血小板凝集ができません (凝集能の異常)。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp] 血小板無力 (けっしょうばんむりょくしょう、 thrombasthenia )あるいは グランツマン血小板無力 ( Glanzmann's thrombasthenia; GT )は、 血小板 の機能異常によって、粘膜や皮膚の出血が止まりにくくなり、 出血傾向 を来たす 疾患 である [1] 。[ja.wikipedia.org] 【質の異常】 先天性 例) ベルナール・スーリエ症候群 …血小板膜糖蛋白 GPIb/Ⅸ/V複合体が先天的に欠損しているためにvWFに 結合できないという、血小板の「粘着能」の異常があります。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp]

さらなる症状