Create issue ticket

考えれる101県の原因 グラム陰性髄膜炎 

つまり: グラム陰性髄膜炎

  • 化膿レンサ球菌

    菌( Neisseria meningitides )はグラム陰性の双球菌で、健常人が鼻咽腔に保菌する場合もあり、くしゃみなどの飛沫により伝播します。小児や易感染患者においてはや敗血症などを起因し、時に死因となることがあります 1)2)8) 。[yoshida-pharm.com] 2)グラム陰性菌 好気性 球菌 ナイセリア Neisseria 淋菌 N.gonorrhoeae 菌 N.meningitidis ブランハメラ Branhamella カタル球菌 B.catarrhalis メモ4) 桿菌 ヘモフィルス Haemophilus インフルエンザ菌 H.influenzae メモ5) パラインフルエンザ[f.kpu-m.ac.jp] G)グラム陰性球菌および桿球菌 1)ナイセリア(neisseria) 淋菌(N.gonorrhoeae)、菌(N.meningitidis)が代表的菌種。 ※淋菌に対しては最近ペニシリン耐性菌(PPNG)が増加しつつある。 日本では臨床分離株の30 50%がPPNG。[nms.co.jp]

  • エンテロコッカス属

    G)グラム陰性球菌および桿球菌 1)ナイセリア(neisseria) 淋菌(N.gonorrhoeae)、菌(N.meningitidis)が代表的菌種。 ※淋菌に対しては最近ペニシリン耐性菌(PPNG)が増加しつつある。 日本では臨床分離株の30 50%がPPNG。[nms.co.jp] ※髄膜炎菌によるに対してはペニシリンGが第1選択。1日24 00万単位を持続点滴で投与する。 2)カタル球菌 ブランハメラ・カタラーリス(Branhamella catarrhalis)はグラム陰性の 球菌でかつてナイセリア・カタラーリスと呼ばれ、グラム陰性の双球菌で ある。[nms.co.jp]

  • グラム陰性菌肺炎

    さて、細菌性については、分析ができています。 化膿性の代表的細菌は インフルエンザ菌(グラム陰性桿菌:H.influenzae)、肺炎球菌(グラム陽性球菌:S.pneumoniae)、菌(グラム陰性球菌:N.meningitidis) の3種類で、全体の80%を占めます。[marutakai.or.jp] MRSAが喀痰から検出 多剤耐性のグラム陰性菌による肺炎 菌による感染症 百日咳菌 ムンプス 風疹 そのほかにも多数ある。 飛沫感染プレコーションの場合も、個室入院が望ましく、医療従事者は、外科的マスク(通常のマスクで、N-95である必要はない)を着用することが必要である。 4.[med.or.jp] ・新生児〜生後3カ月乳児:B群レンサ球菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、リステリア菌 ・生後3 カ月以降の乳児〜幼児:インフルエンザ菌(ほとんどがHib )、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌 ・年長児〜青年期:肺炎球菌、インフルエンザ菌、菌 ・成人:肺炎球菌、菌 ・高齢者(50 歳以上):肺炎球菌、グラム陰性桿菌、リステリア菌 また、免疫能低下[niid.go.jp]

  • クレブシエラ属

    6) 成人の細菌性の原因菌の頻度は肺炎球菌が最も多く次いで菌、グラム陰性桿菌、リステリア属、インフルエンザ菌などである。このうち、菌は人を唯一の宿主として人から人へ飛沫感染で伝播する。[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 2)グラム陰性菌 好気性 球菌 ナイセリア Neisseria 淋菌 N.gonorrhoeae 菌 N.meningitidis ブランハメラ Branhamella カタル球菌 B.catarrhalis メモ4) 桿菌 ヘモフィルス Haemophilus インフルエンザ菌 H.influenzae メモ5) パラインフルエンザ[f.kpu-m.ac.jp] 4) 抗菌薬の使用期間は 7 14 日、結核性の場合は 12 24 ヶ月間、グラム陰性桿菌によるでは基礎疾患や患者状態を加味して比較的長期( 12 21 日間)の投与が目処となる。しかしいずれの場合も臨床症状・徴候・検査所見を参考にして決定する。 5) 近年インフルエンザ菌や肺炎球菌髄膜炎では。[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • シュードモナス属

    至適発育温度35 37 、人に対して病原性を示すのは淋菌と菌の2種 グラム陰性球菌、 好気性、 淋菌 、 菌 内毒素 (endotoxin:ないどくそ) 内毒素は、グラム陰性菌の細胞壁構成分が、菌の自己融解などによって菌体外に遊離され、宿主に有害作用を示すものである。[au-techno.com] グラム陰性菌 、 溶菌 菌 (Neisseria meningitidis:ずいまくえんきん) 腎形の双球菌、流行性脳脊髄膜炎を起こす。「四類-全数」感染症に分類 10歳以下の子供がかかりやすく、鼻粘膜から侵入、増殖した菌が血中に入り、その後、髄膜に入って、脳やで化膿性炎症を起こす。[au-techno.com] グラム陽性菌 、 グラム陰性グラム陽性菌 (Gram positive bacteria:グラムようせいきん) グラム染色で、最初に使った染色液の色に染まる細菌のこと。 淋菌、菌をのぞく球菌類、全ての芽胞形成菌、結核菌、ライ菌、ジフテリア菌などがそうである。 全てのグラム陽性菌は、その細胞表面にタイコ酸を持っている。[au-techno.com]

  • 細菌性髄膜炎

    中年成人 および 高齢者 の髄膜炎で最も頻度の高い原因は以下のものである: 頻度は低いが,菌 が中年成人および高齢者にを引き起こすこともある。加齢とともに宿主防御機構が低下すると, L. monocytogenes またはグラム陰性細菌によるを発症しうる。[msdmanuals.com] 髄液特殊検査髄液CRP、髄液乳酸値、髄液TNF-α、髄液プロカルシトニンは無菌性との鑑別に有用と考えられている。 グラム染色肺炎球菌はグラム陽性双球菌であるが自己融解するとグラム陰性に染色されることがある。菌はグラム陰性球菌で特徴的である。 肺炎球菌性炎上気道感染症状の後に髄膜の症状が出現する場合が多い。[ja.wikipedia.org] ・新生児〜生後3カ月乳児:B群レンサ球菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、リステリア菌 ・生後3 カ月以降の乳児〜幼児:インフルエンザ菌(ほとんどがHib )、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌 ・年長児〜青年期:肺炎球菌、インフルエンザ菌、菌 ・成人:肺炎球菌、菌 ・高齢者(50 歳以上):肺炎球菌、グラム陰性桿菌、リステリア菌 また、免疫能低下[niid.go.jp]

  • 髄膜炎

    また、グラム染色という方法で赤い色に染まり、二つの球が連なった形を示すグラム陰性双球菌です(図4)。菌は、通常、莢膜と呼ばれる膜に包まれており、この膜にある抗原の種類によって12の血清群に分けられています。[eiken.pref.kanagawa.jp] 菌はグラム陰性双球菌で、鼻咽頭に存在し日本では健康な人にも0.4%程度常在していると考えられています。しかし、欧米の調査では髄膜炎菌保有率は5 20%とされ、集団生活をしている学校や軍隊では20 40%にもなるといわれています。髄膜炎菌は意外と常在性に身近にあると考えられます。感染は飛沫や分泌物によりヒトからヒトに感染します。[wada-ped.jp] 原因菌は患者の年齢によって異なり、生後1か月未満ではB群溶血性連鎖球菌と大腸菌、生後1ヶ月から50歳までは肺炎球菌と菌、50歳以上では肺炎球菌、リステリア、グラム陰性桿菌という具合です。小児ではインフルエンザ菌によるが問題となっていましたが、ワクチンの接種によって激減しました。[tepika.net]

  • 肺炎レンサ球菌

    菌( Neisseria meningitides )はグラム陰性の双球菌で、健常人が鼻咽腔に保菌する場合もあり、くしゃみなどの飛沫により伝播します。小児や易感染患者においてはや敗血症などを起因し、時に死因となることがあります 1)2)8) 。[yoshida-pharm.com] 6) 成人の細菌性の原因菌の頻度は肺炎球菌が最も多く次いで菌、グラム陰性桿菌、リステリア属、インフルエンザ菌などである。このうち、菌は人を唯一の宿主として人から人へ飛沫感染で伝播する。[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 液のグラム染色( 1000)。多数の好中球と共にグラム陰性双球菌の貪食像が認められる。Neisseria meningitides (流行性―法定伝染病)が推測され、検出された一症例。本菌は冷蔵保存により死滅するため、やむなく保存する場合冷所は避ける。小児、若者の市中感染の髄膜炎の原因菌として重要である。[miyagi-ringi.org]

  • 副腎出血

    菌/肺炎球菌でウォーターハウス・フリードリヒセン症候群、副腎出血 菌はおこすグラム陰性双球菌で、 急性細菌性;難聴などの神経合併症の予後がデキサメサゾンで改善する証拠は無い(一部の肺炎球菌髄膜炎のみ) ウォーターハウス・フリードリヒセン症候群 突然の腹痛(片側/両側の 副腎大出血 ) 遷延する 低血糖 ・意識障害[nagasaki-clinic.com] 重症感染症に伴う急性副腎機能低下症はエンドトキシンによる副腎出血が原因となっていることがあり,起菌となるグラム陰性桿菌,菌が血液培養で検出される.[kotobank.jp] 侵襲性菌感染症 2013年4月 2017年10月 (IASR Vol. 39 p1-2: 2018年 1月号 ) 菌( Neisseria meningitidis )はグラム陰性の双球菌で, 健康なヒトの鼻咽頭からも低頻度ながら分離される。[niid.go.jp]

  • モラレ‐髄膜炎

    意識清明、グラム染色陰性液糖/血糖比 0.4かつ髄液蛋白 治療 [ 編集 ] 細菌性髄 や 脳炎 が鑑別できるまでは両者の治療を併用する必要がある。 抗ウイルス薬 ヘルペス髄膜脳炎を疑う場合はアシクロビルの投与を行う。サイトメガロウイルス脳炎を疑う場合はガンシクロビル(デノシン)を考慮する。[ja.wikipedia.org] Nigrovicらの小児の検討では髄液のグラム染色陽性、髄液蛋白 80mg/dl、末梢好中球数 10000/mm3、痙攣にて発症、髄液多核白血球 1000/mm3の5項目でグラム染色陽性が2ポイントで他の項目を1ポイントとすると、2ポイントで87%の感度で細菌性を予知し、0ポイントは100%の感度で細菌性図を否定した。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状