Create issue ticket

考えれる5県の原因 キニジン治療は効果的

  • カテコールアミン誘発性多形性心室性頻拍 5

    であり,発作予防にはキニジンなどが試みられているが確実な治療法として確立されていない.基礎心疾患を有し,特に心機能低下を伴う心室頻拍に対してはCASTの報告以降Ⅰ群薬は禁忌となり,Ⅲ群薬,特にアミオダロンが用いられ有効性が報告されている. b)カテーテルアブレーション:静脈ないし動脈から挿入したカテーテル先端の電極を介して高周波通電を行い,[kotobank.jp] ,手術治療がある. a)抗不整脈治療:基礎心疾患のない場合はⅠa群の薬剤,運動や情動によって誘発される場合にはⅡ群薬(β遮断薬)が有効である.ベラパミル感受性VTに対してはⅣ群薬,特にベラパミルが有効である.先天性QT延長症候群ではβ遮断薬が有効である.Brugada症候群では心室性不整脈が持続する緊急時には,カテコールアミンの少量投与が効果[kotobank.jp]

  • カテコールアミン誘発多形性心室頻拍

    であり,発作予防にはキニジンなどが試みられているが確実な治療法として確立されていない.基礎心疾患を有し,特に心機能低下を伴う心室頻拍に対してはCASTの報告以降Ⅰ群薬は禁忌となり,Ⅲ群薬,特にアミオダロンが用いられ有効性が報告されている. b)カテーテルアブレーション:静脈ないし動脈から挿入したカテーテル先端の電極を介して高周波通電を行い,[kotobank.jp] ,手術治療がある. a)抗不整脈治療:基礎心疾患のない場合はⅠa群の薬剤,運動や情動によって誘発される場合にはⅡ群薬(β遮断薬)が有効である.ベラパミル感受性VTに対してはⅣ群薬,特にベラパミルが有効である.先天性QT延長症候群ではβ遮断薬が有効である.Brugada症候群では心室性不整脈が持続する緊急時には,カテコールアミンの少量投与が効果[kotobank.jp]

  • 持続型心室頻拍

    であり,発作予防にはキニジンなどが試みられているが確実な治療法として確立されていない.基礎心疾患を有し,特に心機能低下を伴う心室頻拍に対してはCASTの報告以降Ⅰ群薬は禁忌となり,Ⅲ群薬,特にアミオダロンが用いられ有効性が報告されている. b)カテーテルアブレーション:静脈ないし動脈から挿入したカテーテル先端の電極を介して高周波通電を行い,[kotobank.jp] ,手術治療がある. a)抗不整脈治療:基礎心疾患のない場合はⅠa群の薬剤,運動や情動によって誘発される場合にはⅡ群薬(β遮断薬)が有効である.ベラパミル感受性VTに対してはⅣ群薬,特にベラパミルが有効である.先天性QT延長症候群ではβ遮断薬が有効である.Brugada症候群では心室性不整脈が持続する緊急時には,カテコールアミンの少量投与が効果[kotobank.jp]

  • 発作性心室頻拍

    であり,発作予防にはキニジンなどが試みられているが確実な治療法として確立されていない.基礎心疾患を有し,特に心機能低下を伴う心室頻拍に対してはCASTの報告以降Ⅰ群薬は禁忌となり,Ⅲ群薬,特にアミオダロンが用いられ有効性が報告されている. b)カテーテルアブレーション:静脈ないし動脈から挿入したカテーテル先端の電極を介して高周波通電を行い,[kotobank.jp] ,手術治療がある. a)抗不整脈治療:基礎心疾患のない場合はⅠa群の薬剤,運動や情動によって誘発される場合にはⅡ群薬(β遮断薬)が有効である.ベラパミル感受性VTに対してはⅣ群薬,特にベラパミルが有効である.先天性QT延長症候群ではβ遮断薬が有効である.Brugada症候群では心室性不整脈が持続する緊急時には,カテコールアミンの少量投与が効果[kotobank.jp]

  • スローチャネル型先天性筋無力症

    筋無力症とは 末梢神経と筋の間の接合部の異常により筋力低下や易疲労性を認める疾患で、自己抗体による免疫機序で発症する重症筋無力症と、接合部の先天的な蛋白欠損による先天性筋無力症候群があります。これらは疾患の病態としては全く異なる疾患です。[…][ncnp.go.jp]

さらなる症状