Create issue ticket

考えれる89県の原因 ギラン・バレー症候群, 性的に感染する病気, 舌潰瘍

つまり: ギラン・バレー症候群, 性的, 感染, る病気, 舌潰瘍

  • 心律動異常

    リスク状態 基準看護計画〈感染リスク状態/感染仲介リスク状態〉 ・身体損傷リスク状態 基準看護計画〈身体損傷リスク状態:身体損傷/転倒(成人)/誤嚥/窒息/身体損傷/転倒(小児)〉 2 栄養―代謝パターン ・栄養摂取消費バランス異常:必要量以下 基準看護計画〈必要量以下(成人)/必要量以下(小児)〉 ・皮膚統合性障害リスク状態 基準看護計画[shorinsha.co.jp] 異常が認められた場合には投与中止〕【7】口内炎〔粘膜炎,粘膜潰瘍,口腔内潰瘍等が発現。有痛性の紅斑,口内潰瘍,潰瘍等が認められた場合には投与中止〕【8】間質性肺炎〔初期症状:咳嗽,息切れ,呼吸困難,発熱等が発現。投与中止。胸部X線等の検査を行い,副腎皮質ホルモン剤を投与〕【9】重篤な腸炎〔出血性腸炎,虚血性腸炎,壊死性腸炎等が発現。[medpeer.jp] 7).口内炎:口内炎(粘膜炎、粘膜潰瘍、口腔内潰瘍等)が現れることがあるので観察を十分に行い、有痛性紅斑、口内潰瘍潰瘍等が認められた場合には、投与を中止し適切な処置を行う。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    痙攣は、細菌性髄膜炎などによる可能性がある(本症では免疫能が低下していて感染症にかかりやすい)ほか、抗リン脂質抗体症候による脳梗塞後遺症としても起きうる。 血管炎を反映した多発単神経炎がおきうるほか、急性炎症性多発性根神経炎としてギランバレー症候のような症状を呈することもある。[ja.wikipedia.org] また、免疫を抑える薬剤を使いますから、もともと持っていた細菌やウイルスに対する免疫応答も抑えられてしまうことで、感染症にかかりやすくなります。普通の健常人ではあまりかからない弱い病原体によっても病気が引き起こされてしまう、日和見感染といわれる感染症対策も重要になってきています。[nanbyou.or.jp] 口腔潰瘍 Oral ulcers 口蓋、頬部、、あるいは鼻腔潰瘍。ただし血管炎、ベーチェット病、ヘルペスなどの感染症、炎症性腸疾患、反応性関節炎、酸性食品など他の既知の病因を除く。 4. 非瘢痕性脱毛 Nonscarring alopecia びまん性に薄い、あるいは壊れた毛髪がみられる傷んだ毛髪。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    しかし、近年、脱髄が主体のギランバレー症候とは違い、軸索障害が主体のギランバレー症候があることが分かりました。現在は、脱髄型も軸索障害型も含めてギランバレー症候といいます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 自己免疫性自律神経性ニューロパチーは,ウイルス感染後にしばしば発症する特発性疾患であり,発症は亜急性のことがある。自律神経機能不全は通常,アルコール性末梢神経障害においては晩期の症候である。その他の原因としては,毒性物質,薬物,腫瘍随伴症候群などが考えられる。[msdmanuals.com] 乳児の口腔内の自傷で特徴的なのは潰瘍である。多くの乳児患者は、最初の切歯萌出時から指先を噛み始める。 X線写真で、反復する骨折、関節変形、関節脱臼、骨髄炎、虚血性壊死、先端骨溶解(acro-osteolysis)の所見が認められる[ Schulman et al 2001 ]。[grj.umin.jp]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    代表例としては悪性腫瘍(傍腫瘍性神経症候)、シェーグレン症候、特発性感覚性神経細胞障害(ギランバレー症候の亜型の可能性がある)、シスプラチンとその他の抗がん剤、ビタミンB6中毒、HIV関連感覚性神経細胞障害などが考えられる。 パターン9、自律神経症状と徴候自律神経機能障害が目立つニューロパチーを考える。[ja.wikipedia.org] 抄録 趾に胼胝を生じ, その一部が難治性無痛性潰瘍となり二次感染を繰り返した8歳男児の遺伝性感覚性ニューロパチー (HSN) の1例を報告した。X線像では足根骨や趾骨に溶解, 硬化, 脱臼などの変化があり, 神経学的には下肢の腱反射が消失し, 手袋靴下型の知覚障害があり, 触覚の障害が最も強く以下痛覚, 冷覚, 温覚の順であった。[jstage.jst.go.jp] 乳児の口腔内の自傷で特徴的なのは潰瘍である。多くの乳児患者は、最初の切歯萌出時から指先を噛み始める。 X線写真で、反復する骨折、関節変形、関節脱臼、骨髄炎、虚血性壊死、先端骨溶解(acro-osteolysis)の所見が認められる[ Schulman et al 2001 ]。[grj.umin.jp]

  • 舌炎

    全身的問題 (ア)糖尿病 (イ)シェーグレン症候 (ウ)貧血 ①鉄欠乏性貧血 ②悪性貧血(ビタミンB12, 葉酸欠乏症) (ウ)微量元素欠乏症(特に亜鉛) (エ)脳血管障害、脱髄性疾患、ギランバレー症候等の中枢神経障害 (オ)口腔乾燥や神経炎等、口腔痛を来たす薬剤の服用 2.[jda.or.jp] 各種口腔疾患、胃炎、全身の感染症、ビタミン欠乏症の際にみられる。 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 舌炎 ぜつえん 舌粘膜の炎症で、いろいろな原因でおこる。細菌感染でおこる単純性舌炎は口内炎に合併したり、外傷によるものが多い。[kotobank.jp] 脳梗塞をはじめとした脳血管障害、多発性硬化症やギランバレー症候などの病気を発症した場合、舌痛症が生じることもありえます。 いずれの疾患も歯医者さんの診断のもと、治療を一刻も早く開始する必要があります。まずは、医師・歯科医師に舌痛症の症状を申告し、これらの疾患が原因でないか確認することが重要です。[haisha-yoyaku.jp]

  • 水疱性肺気腫

    症候 90 天疱瘡 25 筋萎縮性側索硬化症 91 特発性間質性肺炎 26 クッシング病 92 特発性血小板減少性紫斑病 27 グルココルチコイド抵抗症 93 特発性血栓症 28 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD) 94 特発性ステロイド性骨壊死症 29 クローン病 95 特発性大腿骨頭壊死症 30 劇症肝炎 96 特発性門脈圧亢進症[city.minato.tokyo.jp] 水痘は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染症で、感染力が大変強く、しばしば集団発生します。飛末による空気感染や水疱の内容物による接触感染で発症し、2 3週間の潜伏期間の後に、軽い発熱、食欲不振、発疹が出現します。[jomf.or.jp] メラー炎 リガ・フェーデ病 悪液質アフタ 硬化性びらん 潰瘍 乳頭炎 舌膿瘍 表在性舌炎 慢性舌炎 慢性表在性舌炎 K140 舌炎 地図状舌 剥離性限局性舌炎 剥離性舌炎 良性移動性舌炎 K141 地図状舌 正中菱形舌炎 K142 正中菱形舌炎 黒毛舌 舌苔 舌乳頭肥大 K143 舌乳頭の肥大 舌乳頭萎縮 K144 舌乳頭[kegg.jp]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    症候、原発性免疫不全症候群、免疫不全、急性リンパ性白血病 周産・女性診療科 更年期障害・卵巣欠落症、閉経後骨粗しょう症 脳・神経・精神診療部門 診療科 対象疾患名 神経内科 パーキンソン病、アルツハイマー型認知症、片頭痛、Machado-Joseph病、脳梗塞、球脊髄性筋萎縮症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症(MS)、視神経脊髄炎(NMO)[tmd-ac.jp] (膿疱性ざ瘡) 外傷創感染 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 熱傷後感染 ひょう疽創傷感染 化膿創 火傷 外科的感染症の治療 鶏眼二次感染 手術後の二次感染 術後感染症 術後創感染 植皮術における感染予防 創感染 創傷・熱傷の二次感染 創傷及び手術後の二次感染 熱傷感染 肛門部手術創 感染性褥創 びらん・潰瘍の二次感染 感染性褥瘡 皮膚潰瘍[fpmaj.gr.jp] 症候、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、多発性筋炎、筋硬直性ジストロフィー、ミトコンドリア脳筋症、髄膜炎、脳炎、片頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛、てんかん、眼瞼痙攣、顔面痙攣、頚性斜頸 脳神経センター (脳神経外科) 良性脳腫瘍、悪性脳腫瘍、脳動脈瘤、頚動脈狭窄・閉塞症、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、顔面けいれん、三叉神経痛、脊髄腫瘍、小児脳腫瘍[lab.toho-u.ac.jp]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    症候を含む)、筋強直症、重症筋無力症、多発性硬化症(視束脊髄炎を含む)、小舞踏病、顔面神経麻痺、脊髄蜘網膜炎 悪性腫瘍 悪性リンパ腫(リンパ肉腫症、細網肉腫症、ホジキン病、皮膚細網症、菌状息肉症)及び類似疾患(近縁疾患)、好酸性肉芽腫、乳癌の再発転移 外科疾患 副腎摘除、副腎皮質機能不全患者に対する外科的侵襲、侵襲後肺水腫、臓器・組織移植[kegg.jp] RP以外の原因(外傷、感染症など)は除外。 皮膚 紫斑 3点 RP以外の原因(外傷、血小板減少、感染症、薬剤誘発性血管炎など)は除外。 腎 血尿 4点 尿検査(試験紙法)で尿潜血反応 1 ( 10/mm3もしくは 1 104/mL)。RP以外の原因(感染症、結石症、薬剤など)は除外。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 進行するとの痛みや、潰瘍、大きな腫れやしこりが見られるようになります。また、がんは首のリンパ節に転移しやすい傾向があります。治療は、手術、抗がん剤、放射線などにより行いますが、進行がんでは、 嚥下 や 構音 などの機能に障害を残す危険性が高くなりますので、早期発見、早期治療が大切になります。[jibika.or.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    (※2)ギランバレー症候 両足の筋力低下や異常感覚で発症し、筋力の低下が足全体や腕にもおよび、運動まひに至ることもあります。顔の筋肉がまひする、食べ物が飲みこみにくい、声が出しにくいなどの症状が出ることもあります。[my-hifuka.com] 原因 細菌感染、薬剤、外来抗原、全身性疾患、悪性腫瘍などが皮膚白血球破砕性血管炎(ひふはっけっきゅうはさいせいけっかんえん)の原因としてあげられます。具体的に細菌感染では、HBウイルス、住血吸虫症、ヒストプラスマ症、溶レン菌感染、伝染性単核球症、カンジダ症、ミコバクテリウム症が該当します。[lalso.com] 、歯周炎 歯周病、歯痛、口唇炎、口腔内痛、齲歯、唾液腺炎、口渇、炎 皮膚 発疹(膿疱性皮疹、斑状皮疹、斑状丘疹状皮疹、小水疱性皮疹、そう痒性皮疹、湿疹、紅斑性皮疹、頭部粃糠疹、丘疹、血管炎性皮疹)、そう痒症 皮膚炎(脂漏性皮膚炎、水疱性皮膚炎、乾癬様皮膚炎、ざ瘡様皮膚炎)、蕁麻疹、乾癬 白癬、紅斑(発赤)、脱毛症、アレルギー性皮膚炎、乾皮症[kegg.jp]

  • 後天性アミロイド筋症

    代表例としては悪性腫瘍( 傍腫瘍性神経症候 )、 シェーグレン症候 、特発性感覚性神経細胞障害( ギランバレー症候 の亜型の可能性がある)、 シスプラチン とその他の 抗がん剤 、ビタミンB6中毒、HIV関連感覚性神経細胞障害などが考えられる。 パターン9、自律神経症状と徴候 自律神経機能障害 が目立つニューロパチーを考える。[ja.wikipedia.org] ) 2008年11月10日 血栓性血小板減少性紫斑病 薬剤による副作用(アカシジア・SIADH) 2008年10月6日 レジオネラ肺炎 脾梗塞 鎌状赤血球症 2008年9月1日 肝膿瘍 糖尿病性ニューロパチー 2008年8月4日 播種性淋菌感染症 REM睡眠行動異常 2008年7月7日 VAHS疑い 胃潰瘍 2008年6月2日 感染性心内膜炎[m.chiba-u.ac.jp] 下の腫れや潰瘍が比較的特異的な副作用である。 ※ 本治療は抗原回避を行った上での治療であることを忘れないように。 ダニアレルギー性鼻炎に対するSLIT 岡本美孝先生 ダニ舌下錠の大規模臨床試験が国内で実施された。液化薬に比べて保存が効く。[isegaoka-naika-clinic.com]

類似した症状