Create issue ticket

考えれる840県の原因 ギラン・バレー症候群

  • 末梢神経障害

    自然経過による回復が期待できるため、治療を必要としない場合が多いですが、症状が重度の場合や、ギランバレー症候類似の症状を呈する場合には重症化することがあり、ギランバレー症候に準じた治療を行います。[utanohosp.jp] 末梢神経障害の原因となる病気 ギランバレー症候などの炎症性末梢神経障害 末梢神経障害の原因となる病気は非常に多岐にわたります。そのなかでも比較的よくみられる病気は、運動神経が炎症により障害されるギランバレー症候です。[medicalnote.jp] 慢性炎症性脱髄性多発(えんしょうせいだつずいせいたはつ)ニューロパチー(CIDP) ギランバレー症候の慢性型ともいえます。ギランバレー症候と比べると発症はゆるやかで、1か月以上かけて悪化し、その後の経過もゆっくりです。やはり髄鞘(ずいしょう)に障害がおこるので、神経伝導速度(コラム「 末梢神経伝導検査 」)が著しく低下します。[kotobank.jp]

  • インフルエンザ

    禁忌は不活化ワクチンとは対照的に慢性的な循環器・腎臓・呼吸器疾患や代謝疾患、血液疾患、易感染性の者、妊娠している女性、ギランバレー症候を既往に持つ者。副作用で頻繁に起こりうるのは鼻炎や感冒症状。日本では未承認である。よって輸入ワクチン取り扱い医療機関にて申し込み、自由診療での予防接種となる。[ja.wikipedia.org] 約400人がギランバレー症候 (GBS) となり、25人が死亡した。インフルエンザによる死亡は0のため大問題になった。1957年にも同様な現象が見られた。CDCによると通常でも毎週80-160例の新規患者が発生している。因果関係は明らかだが、予防接種を中止するほどの問題とはされていない(新型では11月末現在10例)。[ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    神経系合併症 はまれであるが,具体的には脳炎,痙攣発作,ギラン-バレー症候,末梢神経障害,無菌性髄膜炎,脊髄炎,脳神経麻痺,精神病などがある。脳炎は小脳機能障害を呈することもあれば,単純ヘルペス脳炎に類似した全脳性かつ急速進行性の経過を辿ることもあるが,通常自然治癒する。 血液系の合併症 は,通常自然治癒する。[msdmanuals.com]

  • ニューロパチー

    ホーム 脳神経内科の主な病気 (疾患・用語編) 免疫性ニューロパチー 解説 ギランバレー症候 急性免疫性ニューロパチーの代表的疾患であるギランバレー症候(Guillain-Barre Syndrome, GBS)は、感冒等の上気道感染や下痢を伴う胃腸炎に感染して1 2週間後に、手足の先にしびれや力の入りにくさが出てきます。[neurology-jp.org] 末梢神経障害の原因となる病気 ギランバレー症候などの炎症性末梢神経障害 末梢神経障害の原因となる病気は非常に多岐にわたります。そのなかでも比較的よくみられる病気は、運動神経が炎症により障害されるギランバレー症候です。[medicalnote.jp] 似たような症状が現れる病気に「 ギランバレー症候 」があります。CIDPと同様に、免疫の異常により末梢神経が障害される病気ですが、ギランバレー症候はおおむね4週間で症状がピークに達し、そこから進行しないという点でCIDPと大きく異なります。[saiseikai.or.jp]

  • 食中毒

    入院中の男性は体のまひや呼吸困難を引き起こし、最悪の場合は死に至る「ギランバレー症候」と診断された。カンピロバクターを攻撃する免疫反応の影響で発症したとみられる。 県は同店を6日から営業禁止処分にした。[asahi.com] ギランバレー症候 まだ十分に解明されてはいませんが、カンピロバクターに感染した後、数週間たってから、手足の麻痺や顔面神経の麻痺、呼吸困難などの「ギランバレー症候」を起こすことがあります。感染後、全員がこの病気にかかるわけではありませんが、症状が非常に重篤になる方もいますので注意が必要です。[n-shokuei.jp] 国内ではギランバレー症候の約40%がカンピロバクター感染症を原因としていると考えられています。カンピロバクターは麻痺性疾患との関連もある重要な病原菌であることを再認識し、感染防止対策を講じなければなりません。 トピックス一覧へ[kenko-kenbi.or.jp]

  • 多発性神経炎

    トップページ 神経内科  ギランバレー症候(急性多発性神経炎) ギランバレー症候(急性多発性神経炎) ギランバレー症候(急性多発性神経炎)は、かぜや下痢の後で、手足のしびれや筋力低下が起きるものです。ギランバレーは学者の名です。 原因 原因は不明です。[b-net.tv] ニューロパチー ギランバレー症候(急性多発性神経炎) キノホルム パラコート[ja.wikipedia.org] 診療科・部門紹介 神経内科 ギランバレー症候 / 慢性炎症性多発根神経炎(CIDP) 診療内容(神経内科) ギランバレー症候 / 慢性炎症性多発根神経炎(CIDP) ギランバレー症候は、末梢神経のうち手足を動かす運動神経におこる病気です。[chp-kagawa.jp]

  • 起立性低血圧

    特発性自律神経障害 純粋自律神経失調(Bradbury-Eggleston症候) 多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候) 自律神経障害を伴うパーキンソン病 二次性自律神経障害 加齢 自己免疫疾患 - ギランバレー症候、混合性結合組織病、関節リウマチ、ランバート・イートン症候群、全身性エリテマトーデス 腫瘍性自律神経ニューロパチー Central[ja.wikipedia.org] 特発性自律神経障害 純粋自律神経失調(Bradbury-Eggleston症候) 多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候) 自律神経障害を伴う パーキンソン病 二次性自律神経障害 加齢 自己免疫疾患 - ギランバレー症候 、混合性結合組織病、 関節リウマチ 、 ランバート・イートン症候群 、 全身性エリテマトーデス 腫瘍性自律神経 ニューロパチー[ja.wikipedia.org]

  • 帯状疱疹

    抄録 症例は66歳男性. 32歳から2型糖尿病, 52歳時に慢性C型肝炎による膜性増殖性糸球体腎炎からの末期腎不全で血液透析導入となった. X年2月, 腰痛の出現後から左下肢の筋力低下と両下肢痛が出現し歩行困難となったため入院となった. MRIにて胸椎2-3レベルの脊髄の腫大を認め, 左側よりにT1, T2強調画像で淡いhigh intensity areaを認めた. 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, 皮疹を認めないことから無疹性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下していると皮疹が現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変,[…][doi.org]

  • 翼状片

    視神経炎、視神経低形成、レーベル病 視束管骨折、多発性硬化症、Devic病、下垂体腫瘍、脳梗塞 ドライアイ 涙嚢炎、鼻涙管ちりょう閉塞、涙小管炎 近視、遠視、乱視 老視 斜視(内斜視、外斜視) 下斜筋過動症、Duane症候、動眼神経麻痺、外転神経麻痺 Fisher症候 ギランバレー症候の亜型。[ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状