Create issue ticket

考えれる21県の原因 カーリー線

  • うっ血性心不全

    著者の結論: 現時点でのデータは、2つの方法による利尿薬の静脈内投与の利点について信頼に足る評価を下すには不十分である。小規模で比較的異質な研究からは今回のレビューにより、ループ利尿薬を持続注入した方が利尿に優れ、安全性プロフィールが良好であることが示された。これまでのデータからは臨床診療に関し明確な勧告を行うことはやはりできない。この問題の十分明確な解決のためには、さらに大規模な研究を実施すべきである。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 細気管支肺胞上皮癌
  • 特発性肺線維症

    特発性肺線維症(英:Idiopathic pulmonary fibrosis: IPF、またはcryptogenic fibrosing alveolitis: CFA) は特発性間質性肺炎(Idiopathic interstitial pneumonias: IIPs)の1つで、肺の高度な線維化を主体とし、拘束性換気障害をきたす肺疾患である。他の 特発性間質性肺炎 (IIPs)に比べて、 ステロイド や 免疫抑制薬 に対する反応性が悪く予後不良の肺疾患である。ちなみに特発性肺線維症の病理像は通常型間質性肺炎(UIP)と呼ばれるが、両者はイコールではない(UIPパターンを示す疾患はIPF以外にもある)。 概要 [[…][ja.wikipedia.org]

  • 新生児呼吸窮迫症候群

    新生児呼吸窮迫症候群(しんせいじこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、英語: (Infant) Respiratory Distress Syndrome: (I) RDS)は、新生児呼吸不全の一つ。 肺の未成熟によって肺サーファクタントが欠乏し、肺コンプライアンスの低下から肺胞虚脱、肺血管抵抗増大の病態を呈する。発症は生後2〜3時間後であり、リスク・ファクターとして下記のようなものがある。 1,500g未満の極低出生体重児 早期産児(とくに32週未満; 肺サーファクタントの産生はおおむね34週以後) 母体糖尿病 帝王切開児また、動脈管開存症(PDA)の併存が高頻度で見られることも知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 新生児間質性肺線維症

    特発性肺線維症の画像診断 - 蜂巣肺,IPF/UIP画像診断の理解のために - このページを印刷する IPF/UIP画像診断の最新テキスト,待望の刊行! 原因不明の間質性肺炎(IIPs)の中でも予後不良な疾患として知られる特発性肺線維症(IPF)に焦点を当て、画像-病理対応の理解も含めて、画像診断の問題点を示し、新たな診断の可能性を探る。IPF/UIPの重要な画像所見である蜂巣肺の解釈について詳述。IPFの周辺疾患との鑑別や、急性増悪・合併症にも言及。IPF/UIP診断に関わる放射線科医や呼吸器内科・外科医、病理医必携の書。 著 編集: 酒井文和 埼玉医科大学国際医療センター画像診断科 教授[…][medsi.co.jp]

  • 二次性肺間質性線維症

    特発性間質性肺炎 (idiopathic interstitial pneumonia: IIP) 患者さんの診断において、二次性間質性肺炎の原因となりうる膠原病や感染症、薬剤、吸入抗原などの検索は非常に重要です。特に膠原病の検索には疾患特異的な症状・症候だけでなく、自己抗体の測定が有用です。実臨床では、膠原病に特異的な自己抗体が陽性にも関わらず、確立した膠原病の診断基準を満たさない間質性肺炎患者さんがおり、このような方々は現時点では特発性の間質性肺炎と診断されています。 抗好中球細胞質抗体 (anti-neutorophil cytoplasmic antibody: ANCA) は顕微鏡的多発血管炎[…][hamamatsu-lung.com]

  • 肺線維症

    特発性肺線維症の国際診療ガイドラインが2018年9月1日に改定となりました。 今回は診断方法についてのガイドライン改定です。 改定の主な点は 1)胸部HRCT所見の分類の変更 patterns of UIP, (UIPパターン) probable UIP, indeterminate:(鑑別困難) alternate diagnosis :(他の診断) に変更となり、possible UIPが削除されたこと indeterminateはさらにUIPの可能性があるものとそうでないものに分類されているようです。 2)胸部HRCTでProbable、indeterminate、alternate[…][ameblo.jp]

  • 剥離性間質性肺炎

    書誌情報 症例 剥離性間質性肺炎様所見が併存したIgG4関連肺疾患の1例 岩本 信一 a 大朏 祐治 b 神田 響 a 須谷 顕尚 a 久良木隆繁 a 礒部 威 a a 島根大学医学部内科学講座がん化学療法教育学呼吸器・化学療法内科 b 財団法人永頼会松山市民病院病理部 要旨[…][journal.kyorin.co.jp]

  • ネフローゼ症候群

    ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん、英: Nephrotic syndrome)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。 低蛋白血症、高度な蛋白尿、浮腫(眼瞼や下肢)を主な症状とし、病理学的には糸球体基底膜の透過の亢進を一次的異常として認める。時に脂質異常症も合併する。ネフローゼ症候群は元来病理学的な概念であり、腎炎 nephritisと異なり、炎症性の変化(炎症細胞浸潤など)がみられないものの総称として提唱された。若年層(特に幼少期では男子)に多く発症するが、30代の男女の発症例も多数報告されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺胞蛋白症

    肺胞蛋白症とは、末梢気腔(肺胞腔内及び終末気管支)にリン脂質とサーファクタントアポ蛋白が貯留し、次第に呼吸困難が進行する稀少肺疾患です。国内における推定患者数は800 1,200人程度とされています。 【研究班による全数調査の結果】 研究班では、1999年より同症の血清診断を行い、全数調査を行ってきましたが、2015年までに累積1,005名の肺胞蛋白症を診断しました。2014年までの罹患率はそれぞれ、0.69人/百万人/年(平均0.7人/百万人)と推定されます。[…][pap-guide.jp]

さらなる症状