Create issue ticket

考えれる37県の原因 カンジダ症, 性感染症の以前のエピソード

  • HIV感染症
  • 膣カンジダ症

    性器カンジダ(せいきカンジダしょう、英語: genital candidiasis)とは、真菌の一種で常在菌カンジダが性器に感染し炎症を生じた病態で、起因菌が定着しても炎症を生じなければ治療対象とはならない。性感染ではない。[ja.wikipedia.org] 性行為で感染しますが、身体に常在するものなので、性器からカンジダが検出されたからといって性器カンジダを発症しているとはいえません。また、感染したからといってすぐ発病するわけではなく、抵抗力が低下したときなどに発症します。 症状 女性の場合、ヨーグルト状、あるいは酒粕状の白いおりものが出て、外陰部に激しいかゆみがあります。[pref.kyoto.jp] 外陰・腟カンジダを巡つて ジャーナル フリー 1977 年 18 巻 4 号 p. 422-429[doi.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 口腔カンジダ症

    口腔カンジダ(oral candidiasis 、こうくうカンジダしょう)とは、口腔内で発生するカンジダ(主にCandida albicans) による感染である。鵞口瘡(がこうそう)とも呼ばれる。 口腔内の常在菌であるカンジダの日和見感染による。[ja.wikipedia.org] 目次 1 カンジダとは 2 口腔カンジダの症状と徴候 3 口腔カンジダの診断 4 口腔カンジダの原因 5 Candidaが関連する疾患 6 口腔カンジダの治療 7 口腔カンジダの予防とケア 「BOOKデータベース」 より ページトップへ[ci.nii.ac.jp] 皮膚カンジダ / カンジダカンジダ) 感染 / 性感染症 口腔細菌学 / 細菌学 / 真菌学(真菌) 口腔病理学 / 病理学 口腔外科学 / 外科学 歯科医師 / 医師 / 感染症専門医 / インフェクションコントロールドクター[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 間擦疹
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 大腸菌

    したがって、 肛門周囲にウイルスや細菌、カビ(カンジダなど)による症状がある人も禁忌です。 強力ポステリザン軟膏の使用により症状が悪化してしまうことがあります。 なお、強力ポステリザン軟膏と併用に注意が必要な薬はありません。[kusuri-jouhou.com]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • カンジダ症

    前者に属するものとしては深在性カンジダ、アスペルギルス、トリコスポロン、ムコール、フサリウムなどがあり、後者では表在性カンジダ、クリプトコッカス、ニューモシスチス、マルネッフェイ型ペニシリウム、ヒストプラズマ、コクシデオイデス、パラコクシジオイデスが含まれる。[ja.wikipedia.org] カンジダ肺炎カンジダによる血行性覇種によりびまん性小粒状陰影を呈する。 カンジダ眼内炎抗真菌薬の効果判定に眼科所見の改善度が有用とされている。播種性カンジダの診断を眼底検査から行う意義は乏しい。[ja.wikipedia.org] カンジダ悪性腫瘍、CVカテーテル留置、大手術後、好中球減少、重症熱傷、重症膵炎などの患者で広域抗菌薬に反応しない発熱とCRP陽性、β-Dグルカン陽性などで疑われる。特にCVカテーテルで多く、播種性カンジダに至り、肝脾カンジダではCTで多発性の低吸収域、カンジダ眼内炎では視力低下や霧視が認められる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 爪周囲炎
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 原発性免疫不全症
    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 梅毒

    (2014年11月07日改訂) 疫学 梅毒は世界中に広く分布している疾患である。1943 年にマホニーらがペニシリンによる治療に成功して以来、本薬の汎用によって発生は激減したが、その後、各国で幾度かの再流行が見られている。1960 年代半ばには日本も含め、世界的な再流行が見られた。日本で梅毒は花柳病予防法(1928年)、性病予防法(1948年)で対象疾患とされ、1999年からはいわゆる感染症法のもと症例が報告されている。最近では、日本では1987年(報告数 2928)をピークとする流行が見られたが、その後再び報告が減少してきた。感染症法による感染症発生動向調査によると、1999 2012年は500例[…][niid.go.jp]

    不足: カンジダ症
  • B型肝炎ウイルス

    B型肝炎(Bがたかんえん、英: Hepatitis B)とは、B型肝炎ウイルス (HBV) に感染することで発症するウイルス性肝炎の一つ。 日本においてB型肝炎ウイルス保有者(キャリア)は、150万人程度といわれている。その内の約95%は自然治癒するが、約5%は肝炎発症となり、慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと進行することがある。 血液を介して感染するため、従来の検査体制が確立されない時期に輸血を介して、または1986年に母子間ブロックが実施されるようになる前には母子感染で感染した。感染の予防策としては、注射器を共用しない、性行為時にコンドームの着用といったことがある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: カンジダ症

さらなる症状

類似した症状