Create issue ticket

考えれる1,047県の原因 カンジダ症

  • 膣カンジダ症

    性器以外にカンジダの感染を確認されることが多い部位として、口腔内をあげることができます。 口腔内に生じるカンジダには「偽膜性カンジダ」と「萎縮性カンジダ」がありますが、実際に確認されることが多いのは偽膜性カンジダです。偽膜性カンジダの特徴としては、口内の舌や唇に線状や点状に白色のコケが生じ、痛みはほとんどありません。[medicalnote.jp] 性器カンジダ(せいきカンジダしょう、英語: genital candidiasis)とは、真菌の一種で常在菌カンジダが性器に感染し炎症を生じた病態で、起因菌が定着しても炎症を生じなければ治療対象とはならない。性感染ではない。[ja.wikipedia.org] カンジダ,カンジダ,[ikanpo.jp]

  • 外陰炎

    ( 2009年6月 ) 性器カンジダ (せいきカンジダしょう、 英語 : genital candidiasis )とは、 真菌 の一種で 常在菌 カンジダ が 性器 に感染し炎症を生じた病態で、起因菌が定着しても炎症を生じなければ治療対象とはならない。 性感染 ではない。[ja.wikipedia.org] そのため、性器カンジダは比較的見つけやすい病気とされています。 もともと体内には、カンジダ・アルビカンスという真菌が住みついているのですが、体の抵抗力が弱った時や、抗生物質によって膣の自浄作用が低下している時に発症しやすいので、性器カンジダの症状が出ているときはパートナーとの性交渉は避けましょう。[rakuten-life.co.jp] 2.細菌性膣外陰炎/性行為感染症 クラミジアや淋病、トリコモナス、ヘルペス、尖圭コンジローマなどの性行為感染(STD)による膣炎の若年世代での蔓延も、将来の不妊症の増加を考慮すると社会問題といえます。 3.外陰/膣カンジダ 外陰・膣カンジダは、真菌(カビ)が原因です。[clinica.jp]

  • 間擦疹

    そのほか、口の中(口腔カンジダ)、口もと(口角びらん)、外陰部(外陰部カンジダ)、爪(爪カンジダ)にもみられます。 治療、日常生活の注意は、ほかの真菌症と基本は同じです。 関連する診療科目は以下の通りです。 病院を探すときは以下の科目を選択してください。 皮膚科 前のページへ戻る[cocokarada.jp] [治療] カンジダに有効な、各種の外用抗真菌薬が市販されています。1日1 2回、患部に塗ります。 この病気を含め、この後にあげたカンジダすべての治療に共通していえることは、患部をできるだけ清潔に、乾燥した状態に保つことです。極端にいえば、多くの皮膚カンジダは患部を乾燥した状態に保つだけで自然に治ります。[kotobank.jp] どんな病気か 間擦部(こすれる部分)に生じるカンジダ感染で、乳幼児は別に分類しています。頻度は全皮膚粘膜カンジダ患者の40%程度で、最も多い病型です。 原因は何か 年齢、基礎疾患、寝たきり、肥満などの全身的な問題のほかに、ステロイド外用薬による局所の免疫能低下、おむつの使用、多汗、不潔などの皮膚の問題が関係するとされています。[katei-igaku.jp]

  • 口腔カンジダ症

    口腔カンジダ(oral candidiasis 、こうくうカンジダしょう)とは、口腔内で発生するカンジダ(主にCandida albicans) による感染である。鵞口瘡(がこうそう)とも呼ばれる。 口腔内の常在菌であるカンジダの日和見感染による。[ja.wikipedia.org] 目次 1 カンジダとは 2 口腔カンジダの症状と徴候 3 口腔カンジダの診断 4 口腔カンジダの原因 5 Candidaが関連する疾患 6 口腔カンジダの治療 7 口腔カンジダの予防とケア 「BOOKデータベース」 より ページトップへ[ci.nii.ac.jp] 口腔カンジダの治療は、口腔内の清掃と衛生環境の維持、抗真菌薬の使用が中心となります。 原因 口腔カンジダの原因となるカンジダに菌は数多くの種類が存在しますが、口腔カンジダではCandida albicansと呼ばれるタイプが検出されることが多いです。[medicalnote.jp]

  • 膣炎

    2.細菌性膣外陰炎/性行為感染症 クラミジアや淋病、トリコモナス、ヘルペス、尖圭コンジローマなどの性行為感染(STD)による膣炎の若年世代での蔓延も、将来の不妊症の増加を考慮すると社会問題といえます。 3.外陰/膣カンジダ 外陰・膣カンジダは、真菌(カビ)が原因です。[clinica.jp] 性感染と勘違いされやすいですが、性交渉の有無に関係なく誰にでも発症する可能性があります」 カンジダ膣炎になってしまったら…… カンジダ膣炎と診断された場合、どんな治療をしますか? 「膣錠や塗り薬による治療を行います。[alicey.jp] カンジダ膣炎は、おりものの異常や外陰部のかゆみの原因として最も多いものです。「膣カンジダ」「膣カンジダ」と呼ばれることもあります。カンジダという真菌(カビ)が外陰部や膣内で増えることによって炎症を引き起こした状態です。よく性感染と間違われたりすることもありますが、性交経験がない若い方がかかることもあります。[ddnavi.com]

  • 皮膚カンジダ症

    皮膚カンジダ (ひふカンジダしょう)は、 カンジダ という 真菌 が 皮膚 に感染して生じる皮膚 感染 である。[ja.wikipedia.org] 臨床症状 [ 編集 ] 皮膚カンジダは、他の臓器に感染するカンジダと異なり、感染があるからといって AIDS による免疫不全などを考慮する必要がない場合が多い。 手カンジダ 手の皮膚の表面がガサガサになる。 爪カンジダ 白癬菌と異なり、爪の根部が侵されて白く変色する。足より手に多い(爪白癬は爪の先端から侵し、足の方が多い)。[ja.wikipedia.org] その他の皮膚真菌感染 [ 編集 ] 白癬 (例: 水虫 ・たむし) 癜風 マラセチア感染 関連項目 [ 編集 ] 皮膚科学 皮膚糸状菌 カンジダ 真菌 感染 真菌症[ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    放置しても治ることはない 性器カンジダ 病原体 カンジダ属の真菌 感染経路 性的接触を介して伝播しうるが、必ずしも発症しない 潜伏期 不定  状 男性では症状を呈することは少ない。女性では外陰部の掻痒とおりものの増加。 カンジダを保有しているのみの場合もある。 診 断 顕微鏡観察等による病変部からの胞子や仮性菌糸の検出。[jfshm.org] HIVに感染しても、すぐにエイズを発症するわけではなく、自覚症状がないまま数年が経過する間に免疫力が低下し、やがてカンジダやニューモシスティス肺炎などの日和見感染症と呼ばれる本来なら自分の力で抑えることができる病気を発症するようになります。[pref.nagasaki.jp] 男性・女性に関わらずかかる病気で、身体の中に自然にいるカンジダというカビの一種が原因となります。体の抵抗力が落ちた時や、抗生物質を使用したときに菌交代と言われカンジダになることもあります。女性の場合、膣の中が痒くなります。[ishido-ladies.com]

  • HIV感染症

    口腔カンジダは、高齢者や長期に抗菌薬が投与された患者ではHIV感染者でなくともみられる病態ですが、臨床現場で口腔カンジダの患者に遭遇した場合には、HIVスクリーニング検査を実施することが勧められます。 進行した症例では、口腔カンジダとともに嚥下時の違和感を訴える場合があります。このような場合には、食道カンジダの発症が疑われます。[acc-elearning.org] で確認できる口腔カンジダが存在 2.[acc.ncgm.go.jp] 日和見感染とは 免疫力が低下すると出現する感染です。代表的なものに、カンジダ、ニューモシスティス肺炎、サイトメガロウイルス感染症などがあります。 また、エイズ発症の指標疾患のなかには、抵抗力が下がることで発症する悪性リンパ腫やカポジ肉腫などの腫瘍もあります。[jfap.or.jp]

  • カンジダ症

    カンジダについて 常在菌(多くのヒトの体内や皮膚に共通して存在しており、普段は病気を起こさない菌)であるカンジダ菌が多量に発症します。 もともと膣内に常在していたカンジダが、何らかの原因(下記参照)で繁殖する場合(内因性感染)がほとんどです。 カンジダの症状 外陰部にかゆみが出ます。また下記のようにおりものにまず変化が現れます。[lcy.jp] 関連項目 [ 編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 カンジダ に関連するカテゴリがあります。 カンジダ 皮膚カンジダ 口腔カンジダ 性器カンジダカンジダ膣炎 ) 口角炎 胃鼓脹 - C. sake を原因とする サケ科 魚類の感染症。[ja.wikipedia.org] 今回は、口腔内に常在しているカンジダが食道壁で増殖する、食道カンジダについてお話しします。 食道カンジダの診断は、内視鏡検査で行います。食道壁に特徴的な白色隆起が観察されますが、この白色隆起はカンジダの集合単位でコロニーと呼ばれ、一部を採取して真菌検査で診断が確定します。[gifu-np.co.jp]

  • 原発性免疫不全症

    【用語解説】 *1 慢性皮膚粘膜カンジダ(CMCD):皮膚、爪、口腔粘膜、外陰部などの粘膜病変を中心に、慢性・反復性にカンジダ感染を発症する原発性免疫不全[hiroshima-u.ac.jp] (難病情報センター資料) 1.主に抗体産生不全によるもの 反復性気道感染症(中耳炎、副鼻腔炎を含む)、 重症細菌感染症(肺炎、髄膜炎、敗血症など)、気管支拡張、膿皮、化膿性リンパ節炎、遷延性下痢 2.主に細胞性免疫不全によるもの 遷延性下痢、難治性口腔カンジダ、ニューモシスチス肺炎、ウイルス感染の遷延・重症化(ことに水痘) 免疫グロブリン[heisei.or.jp] CGD) 布井博幸,西村豊樹 第6章 自然免疫異常 A メンデル遺伝型マイコバクテリア易感染(MSMD) 岡田 賢 B 慢性皮膚粘膜カンジダ(CMCD) 岡田 賢 C IRAK4欠損症 高田英俊 D MyD88欠損症 高田英俊 第7章 先天性補体欠損症 A 先天性補体欠損症 堀内孝彦 B 遺伝性血管性浮腫(HAE) 堀内孝彦 索 引 ページ[shindan.co.jp]

さらなる症状

類似した症状