Create issue ticket

考えれる9県の原因 カルシトリオール増加

  • カルシウム含有腎結石

    PTHは,腎臓中でビタミンDを活性型のカルシトリオールへ変換する。カルシトリオールは,小腸からのカルシウム吸収を増加させる。PTHとともに,カルシトリオールは,破骨細胞(骨を再吸収する細胞)を活性化させ骨からのカルシウム放出を刺激し,腎臓における再吸収を増加させることにより,カルシウムの尿からの排泄を減少させる。[lpi.oregonstate.edu]

  • 高カルシウム食

    PTHは,腎臓中でビタミンDを活性型のカルシトリオールへ変換する。カルシトリオールは,小腸からのカルシウム吸収を増加させる。PTHとともに,カルシトリオールは,破骨細胞(骨を再吸収する細胞)を活性化させ骨からのカルシウム放出を刺激し,腎臓における再吸収を増加させることにより,カルシウムの尿からの排泄を減少させる。[lpi.oregonstate.edu] 血清カルシウムを低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿中カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com] カルシウムが18mg/dL未満かつ11.5mg/dLを上回るまたは中等度の症状がある場合,ビスホスホネート系薬剤またはその他のカルシウム降下薬 血清カルシウムが18mg/dLを超える場合,血液透析 中等度の進行性原発性副甲状腺機能亢進症のほか,ときに軽症例には,外科的切除 二次性副甲状腺機能亢進症の場合,PO 4 の制限および吸着剤ならびにときにカルシトリオール[msdmanuals.com]

  • ジェンセンズ骨幹端軟骨形成不全症

    5. 胎児骨系統疾患各論 前章で示したように胎児超音波所見を系統的にみていくことによってある程度の疑診をつけることができるが,確定診断のためには個々の疾患がもつ特徴的所見が当てはまるかどうかをチェックしていく必要がある.骨系統疾患のそれぞれを頻度の高い順に取り上げて以下に検討する. (1)タナトフォリック骨異形成症(Thanatophoric dysplasia; TD)[…][plaza.umin.ac.jp]

  • 高カルシウム血症

    血清カルシウムを低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿中カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com] カルシウムが18mg/dL未満かつ11.5mg/dLを上回るまたは中等度の症状がある場合,ビスホスホネート系薬剤またはその他のカルシウム降下薬 血清カルシウムが18mg/dLを超える場合,血液透析 中等度の進行性原発性副甲状腺機能亢進症のほか,ときに軽症例には,外科的切除 二次性副甲状腺機能亢進症の場合,PO 4 の制限および吸着剤ならびにときにカルシトリオール[msdmanuals.com]

  • 特発性高カルシウム尿症

    血清カルシウムを低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿中カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com] カルシウムが18mg/dL未満かつ11.5mg/dLを上回るまたは中等度の症状がある場合,ビスホスホネート系薬剤またはその他のカルシウム降下薬 血清カルシウムが18mg/dLを超える場合,血液透析 中等度の進行性原発性副甲状腺機能亢進症のほか,ときに軽症例には,外科的切除 二次性副甲状腺機能亢進症の場合,PO 4 の制限および吸着剤ならびにときにカルシトリオール[msdmanuals.com]

  • ミルク・アルカリ症候群

    血清カルシウムを低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿中カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com] カルシウムが18mg/dL未満かつ11.5mg/dLを上回るまたは中等度の症状がある場合,ビスホスホネート系薬剤またはその他のカルシウム降下薬 血清カルシウムが18mg/dLを超える場合,血液透析 中等度の進行性原発性副甲状腺機能亢進症のほか,ときに軽症例には,外科的切除 二次性副甲状腺機能亢進症の場合,PO 4 の制限および吸着剤ならびにときにカルシトリオール[msdmanuals.com]

  • マッカルウェルズ症候群

    それは食物源および太陽光から活性成分に変換される 形態、カルシトリオール、肝臓および腎臓による. カルシウム、骨の主要な構造要素 歯は、ビタミンDが存在する場合にのみ身体に吸収される. また、筋肉の増加に寄与すると考えられている 強さは、バランスを改善し、落下のリスクを軽減するのに役立ちます 高齢者の間で.[jdanieldavisj.weebly.com]

  • キサンチン尿路結石症

    活性型VD剤 腸管でのCa吸収を促進させ、高Ca血症高Ca尿症、高リン酸尿症を来して結晶質の過剰排泄をきたす αカルシドール(ワンアルファ等) カルシトリオール(ロカルトロール等) 糖質コルチコイド 骨粗鬆書と高Ca尿症を促し結晶質の過剰排泄をきたす 尿酸排泄増加等 プレドニゾロン メチルプレドニゾロン Ca製剤 過量投与による高Ca血症[hyogoku-pa.org]

  • 副甲状腺機能亢進-顎腫瘍症候群

    血清カルシウムを低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿中カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com] カルシウムが18mg/dL未満かつ11.5mg/dLを上回るまたは中等度の症状がある場合,ビスホスホネート系薬剤またはその他のカルシウム降下薬 血清カルシウムが18mg/dLを超える場合,血液透析 中等度の進行性原発性副甲状腺機能亢進症のほか,ときに軽症例には,外科的切除 二次性副甲状腺機能亢進症の場合,PO 4 の制限および吸着剤ならびにときにカルシトリオール[msdmanuals.com]

さらなる症状