Create issue ticket

考えれる44県の原因 カルシトニンの増加

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 ( 慢性腎臓病 とも呼ばれます)は、血液をろ過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気です。その結果血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 その原因として 最も多いのは糖尿病 で、 次に多いのは高血圧 です。これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓の異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[…][shoyohkai.or.jp]

  • 橋本甲状腺炎

    (自己免疫性甲状腺炎) 執筆者: Jerome M. Hershman , MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。[…][msdmanuals.com]

  • 乳房の腺癌
  • 甲状腺髄様癌

    このC細胞過形成は、ガストリンまたはカルシウムの注射後、血中カルシトニン増加することによって診断できる場合があります(診断の項参照)。C細胞過形成の状態では、正常な人よりもカルシトニンは上昇するものの甲状腺髄様癌の人ほど大きく増加しません。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 気管支原性癌
  • 大腸の腺癌

    2015年11月30日公開 2015年11月30日更新 消化管グループでは、八尾隆史先生(現、順天堂大学人体病理病態学教授)の指導の もと、主に胃や大腸に発生する腫瘍性病変や炎症性病変について、日々の診断および研究を行っています。 最近の臨床診断技術の向上により、胃や大腸の悪性腫瘍は早期 発見・早期治療されるようになりました。しかし、未だ消化器癌による死亡率は、男女ともに上位を占めており、その発癌・浸潤因子などはまだ完全には解明されていません。 胃癌では、Helicobacter pylori の発見により、その発癌機序に一筋の光明がさしたか[…][surgpath.med.kyushu-u.ac.jp]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 高カルシウム血症

    緊急時の治療方法: 生理食塩水(等張液)による細胞外液量の増加(最初200 300ml/時の速度で開始)、尿中Ca排泄の促進を行う。[clinicalsup.jp] 症状の程度に応じて、カルシトニン〔エルシトニン40単位筋注(点滴静注)を1日2回(3日間)〕やビスホスホネート製剤〔ゾレドロン酸(ゾメタ:4mgを15分以上かけて点滴静注)〕を併用する(ビスホスホネート製剤の保険適用は、悪性腫瘍による高Ca血症のみ)。[clinicalsup.jp]

  • 膵腺癌

    【背景】膵腺房細胞癌は成人膵腫瘍の約0.5 1.0%を占める稀な腫瘍である.当院では今まで3例の腺房細胞癌を経験している.今回繰り返す急性膵炎の加療中に急速に増大し,術前診断が困難であった膵腫瘍に対して手術を施行し,膵腺房細胞癌の病理診断となった症例を経験したので,他の2例とあわせて報告する.[…][micenavi.jp]

  • 膵の悪性新生物

    ページの本文です。 現在のページ ホーム 診療科・部門 外科(消化器外科) 膵臓がんについて 消化器外科の診療内容メニューです。 概要・特色 通常型膵癌とは[…][kure.hosp.go.jp]

さらなる症状