Create issue ticket

考えれる15県の原因 カルシトニンの増加

  • 慢性腎不全
  • 橋本甲状腺炎
  • 乳房の腺癌
  • 気管支原性癌
  • 大腸の腺癌
  • 甲状腺髄様癌
  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 膵腺癌
  • 膵の悪性新生物
  • 高カルシウム血症

    高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう、英:hypercalcaemia, hypercalcemia)とは血液中のカルシウム濃度が正常の範囲を逸脱し、異常に高値を示す状態。骨や腎臓からのカルシウム再吸収の亢進、消化管からのカルシウム吸収の亢進により生じる。 血液検査にて血清カルシウム濃度が12mg/dl以上で高カルシウム血症と診断され、14mg/dlまでは臨床症状を示さないが、それ以上で多飲多尿、元気消失、嘔吐、便秘、衰弱、せん妄などを示す。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状