Create issue ticket

考えれる44県の原因 カルシウム低または正常

  • ビタミンD欠乏症

    症状 ビタミンD欠乏症が連続的に長期に経過すると低カルシウム血症を代償するために副甲状腺ホルモン(PTH)が上昇し骨を溶かして血中カルシウム濃度を正常に保とうとします。これによって二次性の骨粗鬆症をおこします。[medicalnote.jp] さらに高度のビタミンD欠乏症が長期に続くとリン血症をおこすため、骨の石灰化に必要なハイドロキシアパタイトが形成できなくなり、骨の石灰化不全を生じます。 この低リン血症による骨の石灰化不全が、骨端線が閉鎖する前に起こるとくる病を発症します。くる病では骨の成長に必要な骨端軟骨の石灰化が生じにくいために低身長になります。[medicalnote.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    術後副甲状腺機能低下症とは、副甲状腺ホルモンが低くなり血液中のカルシウム値が正常よりも低い状態が持続する状態で、しびれなどの症状を緩和するためにカルシウム剤などの薬を内服する必要があります。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性腎臓病がある場合は、カルシウムの吸収に不可欠であるビタミンDが正常のレベルよりも低くなります。ビタミンDを摂ることで、骨折のリスクを軽減します。リン酸塩が腎不全で上昇しており、これが体のカルシウムを吸収する能力を減少させることがあります。医師はリン酸結合剤を、リン酸塩レベルを制御するために処方することがあります。[msn.com]

  • 甲状腺機能亢進症

    手術前は副甲状腺ホルモンがどんどんつくられており、このホルモンが骨から血液中にカルシウムを溶出していたが、術後は反対にカルシウムが骨に取り込まれるので、血液のカルシウム低くなる。 副甲状腺ホルモンをどんどん出していた病気の副甲状腺を取り除いたので、残った正常な副甲状腺はしばらくの間働きが悪い。[noguchi-med.or.jp]

  • 卵巣甲状腺腫

    こんな小さな臓器ですが、副甲状腺ホルモン(PTH)を分泌し血液中のカルシウムとリンを常に正常に保つという、非常に重要な働きをしています。PTHが高くなると血液中のカルシウムが高くなり、PTHが低くなると血液中のカルシウムは低くなってしまいます。[naramed-u.ac.jp]

  • 甲状腺髄様癌

    血液生化学検査 :採取した血液を調べて、体内の臓器や組織から血液中に放出される特定の物質( カルシウム など)の濃度を測定する検査法。ある物質で異常な値(正常値よりも高い値や低い値)が出るということは、疾患の徴候である可能性があります。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 甲状腺癌

    血液生化学検査 :採取した血液を調べて、体内の臓器や組織から血液中に放出される特定の物質( カルシウム など)の濃度を測定する検査法。ある物質で異常な値(正常値よりも高い値や低い値)が出るということは、疾患の徴候である可能性があります。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • セリアック病

    骨疽鬆症と骨質減少 カルシウムに対する吸収不十分さは普通にセリアック病患者でみられ、それがしばしば正常者より低い骨質減少あるいは骨疽鬆症を引き起こす。グルテンフリー食品に変えた後ですら、これらの病気は小腸のダメージとは裏腹に経時的に続く。[mealtime.jp]

  • クッシング潰瘍

    こんな小さな臓器ですが、副甲状腺ホルモン(PTH)を分泌し血液中のカルシウムとリンを常に正常に保つという、非常に重要な働きをしています。PTHが高くなると血液中のカルシウムが高くなり、PTHが低くなると血液中のカルシウムは低くなってしまいます。[nara-hp.jp]

  • 高カルシウム血症

    これと対照的に、結合していないイオン化カルシウムは、体の機能にすぐにかかわるものです。したがって、血液中のアルブミン濃度が低くても、イオン化カルシウムの量が正常を保っていれば問題はありません。血液中の総カルシウム濃度は、イオン化カルシウム濃度に対応して増減します。[rurikou.jp] 低カルシウム血症になるのは、副甲状腺ホルモンの分泌量が少ない、生まれつき副甲状腺がない、体が正常な副甲状腺ホルモン値に反応しない場合などです。 また、マグネシウム値が低いと副甲状腺ホルモンの活動が減少するため、低カルシウム血症の原因になります。[rurikou.jp]

さらなる症状