Create issue ticket

考えれる642県の原因 カルシウムの減少

  • ビタミンD欠乏症

    骨粗鬆症とは、骨密度が減少する一般的な病気で、骨折をはじめさまざまな合併症を招く。骨中のカルシウム減少することが主な原因だが、ビタミンDには腸からのカルシウム吸収を促進する働きがある。ビタミンDが骨粗鬆症の発症を食い止められるというエビデンスはないが、潜在的なダメージを軽減できる場合が多い。[diamond.jp] 血液中のビタミンD濃度が低くなると、カルシウムの吸収量も減少し、骨からカルシウムを遊離させる働きの副甲状腺ホルモンが多く分泌されます。その状態が長く続くことで骨量が減り、骨粗しょう症につながります。[kenko.org] 腸管における、 カルシウム および リン の吸収を促進し、尿中への排泄を減少させる。また、骨から血中へカルシウムの放出を促進し、血中のカルシウム濃度を高める。 過剰/欠乏 【過剰】 犬:骨代謝および骨化が阻害され、過度の骨石灰化が起こる。猫では、軟組織へのミネラル沈着、高 カルシウム 血症、沈うつ、嘔吐および嗜眠を招く。[royalcanin.co.jp]

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 慢性腎不全

    血液中のカルシウム減少し、骨がもろくなり骨折しやすくなる。 などの症状がみられます。 4、腎不全の治療 まだ初期であれば、食事療法あるいは薬物による治療を行いますが、 この病気は腎臓内科との協力が大変重要で、当院でも腎臓教室などが その 生活指導 や 食事指導 に当たっています。[med.nihon-u.ac.jp] 血圧上昇 血液中のカルシウム減少し、骨がもろくなり骨折しやすくなる。 5.尿毒症症状とは 思考力の低下 怒りっぽい、不眠、頭痛 全身のだるさ 食欲低下 吐き気 口臭 かゆみ 皮膚が黒っぽくなる 血圧が上がる 尿が少なくなる 息苦しい 水がたまる むくむ 6.[ncvc.go.jp] リン酸塩はまた、カルシウムを吸収する体の能力を減少させることがあります。高リン酸塩食品は魚、乳製品、卵、肉が含まれています。これらを食べる量を減らす必要があるかもしれません。 また、腎臓の負担を軽減するために、体液を制限する必要があるかもしれません。 慢性腎不全の患者はしばしば体重が減ります。[msn.com]

  • 急性腎不全

    血圧上昇 血液中のカルシウム減少し、骨がもろくなり骨折しやすくなる。 5.尿毒症症状とは 思考力の低下 怒りっぽい、不眠、頭痛 全身のだるさ 食欲低下 吐き気 口臭 かゆみ 皮膚が黒っぽくなる 血圧が上がる 尿が少なくなる 息苦しい 水がたまる むくむ 6.[ncvc.go.jp]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

  • セリアック病

    骨疽鬆症と骨質減少 カルシウムに対する吸収不十分さは普通にセリアック病患者でみられ、それがしばしば正常者より低い骨質減少あるいは骨疽鬆症を引き起こす。グルテンフリー食品に変えた後ですら、これらの病気は小腸のダメージとは裏腹に経時的に続く。[mealtime.jp] ビタミンD、マグネシウムもカルシウム吸収に重要な役割を演じ、これらの微量栄養素の欠損が骨量減少、骨疽鬆症をセリアック病患者におこす。テフ、キノアは、全粒小麦よりカルシウム含量が高く、これらはいずれもグルテンフリー穀物である。キノア、ソバ、トウモロコシ、テフ、アマランスは、全てグルテンフリー全粒穀物で、マグネシウムも小麦粉に比べ高い。[mealtime.jp]

  • 短腸症候群

    また、脂肪はカルシウムとの親和性が蓚酸よりも強いため、蓚酸と結合するカルシウム減少させて遊離型蓚酸の吸収を増加させる。SBS患者で大腸が残存して脂肪便がみられる場合には、蓚酸は大腸から容易に吸収されるため、蓚酸塩腎結石症を発症しやすくなる。また、増加した蓚酸が小腸内に逆流しても同様に血中に蓚酸が増加する原因となる。 6. [tfcnst.s500.xrea.com]

さらなる症状

類似した症状