Create issue ticket

考えれる574県の原因 カルシウムの増加

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 前立腺癌

    前立腺は男性にのみ存在する臓器で精液の一部を作ります。膀胱の下にあり、尿道を取り囲むように存在します(または前立腺の中を尿道が貫通している)。通常はクルミ大の大きさで直腸の前方に接するようにあるため、肛門から指を挿入すると触れることができます。 前立腺癌はアメリカでは男性に発生する癌の第一位で、日本でも急速に増加しており、天皇陛下をはじめ著名人(三波春夫、森 喜郎元総理、渡辺恒雄読売新聞社長など)が前立腺癌に罹患しています。一般に進行の遅い癌とされ早期に生命に危険が及ぶ可能性は高くありませんが、前立腺癌による死亡数も年々増加しています。[…][kameda.com]

  • 乳房の腺癌
  • 前立腺腺癌

    限局性前立腺癌の根治療法: 全摘手術と小線源療法 について 骨やリンパ腺などへの転移が無く、周辺臓器にも浸潤していない限局性の前立腺癌は、根治療法が可能ですが、その治療法には前立腺全摘術と放射線療法があります。2003年より当院ではヨード125を用いた密封小線源を多数前立腺内に刺入する放射線療法の一種である小線源療法を開始いたしました。 小線源療法と全摘手術は、それぞれ適応が少しずつ異なるほか、長所・短所・副作用などの特徴が 異なります。患者さんの病状をよく検討した上でより適した方針を決めることになりますが、 患者さんのご希望をふまえて治療法を選んで頂くことも可能です。[…][hokkaido-cc.hosp.go.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群には、重症筋無力症(GM)、剥奪性皮膚炎(写真1)、高カルシウム血症、リンパ球増加症、貧血、多発性筋炎があります。 特に、GMは胸腺腫の犬の40%で起こり、また、猫でも起こることが知られています。重症筋無力症により巨大食道が起こると、誤嚥性肺炎が約40%で併発します。[mah.jp] 高カリウム血症、低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシウム血症、血中コレステロール増加、アミラーゼ増加 筋骨格系及び結合組織障害 関節痛、筋肉痛、血中CK(CPK)増加 背部痛、筋痙縮、軟骨石灰化症、鼡径部痛、滑液嚢腫、滑膜炎、頚部痛、血中クレアチニン増加 四肢痛、筋骨格痛 精神・神経系障害 頭痛、浮動性めまい、味覚異常 感覚鈍麻、[bavencio.jp] ※持続的な高カルシウム血症は 尿細管への障害 を引き起こす。 低血糖 その原因ははっきりとは分かっていないが、インスリン産生増加、インスリン類似物質の増加、大きな腫瘍でグルコースが利用されている、などが考えられている。 膵臓のインスリン産生腫瘍(インスリノーマ)以外の腫瘍でも生じる。[tabaru.9syu.net]

  • 肝細胞癌

    下痢(血管作動性腸管ペプチド)や高脂血症、低血糖、 多発性筋炎 、 RS3PE 、後発性ポルフィリン症や異常 フィブリノーゲン 症、 高カルシウム血症 、赤血球増加症などがおこることもある。 検査 [ 編集 ] 腫瘍マーカー [ 編集 ] 腫瘍マーカー は以下がある。[ja.wikipedia.org]

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 細気管支肺胞上皮癌
  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

さらなる症状