Create issue ticket

考えれる107県の原因 カリウム減少, 呼吸筋麻痺

  • 低カリウム血症

    血液検査を行い、低カリウム血症の兆候が見られた場合( 血液中のカリウムが少なかった場合)、心電図検査を行うのが一般的です。 血中のカリウム減少すると、心臓にもいろいろな症状が出る場合があるためです。 他の疾患で利尿剤を使用していると、尿の排出に伴い、カリウムも一緒に排出されるので、血中のカリウム減少することがあります。[epark.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 治療はカリウム投与および原因の管理である。 病因 低カリウム血症はカリウム摂取の減少によっても生じうるが,通常は尿中または消化管からのカリウムの大量喪失に起因する。[msdmanuals.com]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp] 、けいれん、呼吸麻痺、不安、不眠、錯乱、うつ病、譫毛) ・自律神経・視床下部症候(高血圧、頻脈、発熱、発汗、低Na血症(SIADH) ③急性ポルフィリン症の初診断名 ・急性腹症、イレウス、虫垂炎、膵炎、消化性潰瘍、胆石症、尿路結石、精神異常、てんかん、Guillain-Barre症候群、SMON病、妊娠悪阻、卵巣捻転、子宮外妊娠 ④急性ポルフィリン[sakurafriends.jugem.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    カリウム摂取減少、腎排泄亢進、もしくは消化器性喪失による低カリウム血症 。 低カリウム血症の臨床症状が主に筋力低下であるため、症例によってはHOKPPによる麻痺発作なのか他の原因による低カリウム血症による筋力低下なのか鑑別が困難な場合がありうる。[grj.umin.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] エピネフリン(アドレナリン)を注射して、筋電図で筋収縮の減少を判定します。また、グルコース負荷試験で麻痺の誘発を確認します。臨床症状や、非発作時は正常の血清カリウム値が発作時には 低カリウム血症 となることや、発作誘発試験などで診断します。 最近、原発性低カリウム血性周期性四肢麻痺ではCACNL1A3遺伝子の異常が発見されました。[qlife.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    これが、低カリウム血症性周期性四肢麻痺です。 端的に言えば、 血液のカリウム減少することにより、 筋肉の活動が正常に起こらなくなり、 筋肉の脱力や痙攣による痛みの起こる病態です。[rokushin.blog.so-net.ne.jp] 通常下肢より弛緩性麻痺が生じるが、呼吸麻痺や脳神経支配筋の障害はほとんどみられない。 麻痺は夜間、早朝に起こりやすく、運動や、でんぷんに富む食物を大量に摂取した後に生じることが多い。発作に先立って血清カリウム値が著明に低下するのが特徴で、血清CK値も上昇し、心電図でU波が出現する。[ameblo.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com]

  • 低カリウム血性腎症

    血液検査を行い、低カリウム血症の兆候が見られた場合( 血液中のカリウムが少なかった場合)、心電図検査を行うのが一般的です。 血中のカリウム減少すると、心臓にもいろいろな症状が出る場合があるためです。 他の疾患で利尿剤を使用していると、尿の排出に伴い、カリウムも一緒に排出されるので、血中のカリウム減少することがあります。[epark.jp] 筋力低下や筋肉痛、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、便秘、痙攣(けいれん)などの諸症状から、重度になると四肢麻痺(まひ)や自律神経失調、筋肉痙攣、呼吸麻痺、不整脈、麻痺性腸閉塞などに至ります。 低カリウム血症が起こる主な原因は次の3つが挙げられます。[adpkd.jp] 治療はカリウム投与および原因の管理である。 病因 低カリウム血症はカリウム摂取の減少によっても生じうるが,通常は尿中または消化管からのカリウムの大量喪失に起因する。[msdmanuals.com]

  • カンピロバクター腸炎

    典型的な例では下肢の方から麻痺が起こり、だんだんと上方に向かって麻痺がみられ、歩行困難となる。四肢の運動麻痺の他に呼吸麻痺、脳神経麻痺による顔面神経麻痺、複視、嚥下障害がみられる。運動麻痺の他に、一過性の高血圧や頻脈、不整脈、多汗、排尿障害などを伴うこともある。予後は良好で、数週間後に回復が始まり、機能も回復する。[idsc.nih.go.jp] また、一部患者では呼吸麻痺が進行し、死亡例も確認されている。GBSの罹患率は諸外国でのデータでは、人口10万人当たり1〜2人とされている。 我が国での発生状況については報告システムがなく、実数は不明であるが、年間2,000人前後の患者発生があるものと推定されている。[niid.go.jp] ギランバレー症候群とは急激に発症する主として運動障害を起こす末梢神経疾患で、下肢の筋力低下による歩行困難、顔面の神経麻痺、それに重症例では呼吸も侵されて人工呼吸器が必要な場合も起こりうる病気ですが、本症候群とカンピロバクター菌との関連が推測されています。[pref.aichi.jp]

  • ポルフィリン症

    下痢 便中にカリウムが排泄されるため、便の量が増加するために血清カリウム減少する。 高カルシウム血症 高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)は、血清中のカルシウム濃度が高い状態。代表疾患 副甲状腺機能亢進症 副甲状腺ホルモンの異常な分泌によって血清カルシウム濃度があがる。[ja.wikipedia.org] 急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 急性腹膜炎

    脈拍:頻数微弱 悪寒戦慄を伴う 体温上昇 腹壁硬く緊張し圧痛著明 性防御 麻痺性イレウスを起こし鼓脹する 肝濁音の消失 脱水症状(ヒポクラテス顔貌) 急性腹膜炎の原因 以下の疾患を原因として急激に発病する 胃十二指腸潰瘍の穿孔 虫垂炎 胆嚢炎 膵炎、付属器炎 腸閉塞、腸チフス 外傷 急性腹膜炎の検査 血液検査: ・白血球・・・・増加 ・CRP[naoru.com] 原因として腹部外傷、急性虫垂炎、大腸憩室、胃十二指腸潰瘍などによる消化管穿孔、ヘルニア篏頓、腸閉塞、腸軸捻転、腸重積などによる腸管壊死、急性胆嚢炎、急性膵炎、急性卵巣炎、急性卵管炎などがある 急性腹膜炎の症状 激烈な腹痛(持続的) 激しい嘔吐(初期より) 糞便及びガスの排出停止 ショックに陥り、浅い呼吸[naoru.com]

  • 低マグネシウム血症

    またこれらのイオン喪失により,尿細管細胞間を通してカルシウム,マグネシウムの再吸収も減少します(そのため,副作用として低カルシウム血症,低マグネシウム血症がある)。[igaku-shoin.co.jp] 血清マグネシウムの値が5mg/dlを超えると、嘔吐や脱力、傾眠、徐脈、低血圧などがみられ、12mg/dl以上になると、意識混濁 ・消失や呼吸麻痺が生じ、心停止に至ることもあります。 また、深部腱反射の低下は高マグネシウム血症の指標となります。心電図上では、PR間隔の延長が特徴的です。[yamauchi-iin.com] はきけ、嘔吐、徐脈、皮膚紅潮、筋力低下、傾眠傾向、全身倦怠感などは 初期症状であり、高マグネシウム血症が進行すると 嚥下障害、意識障害 昏睡、呼吸麻痺、血圧低下などが起きます 下剤として マグネシウム製剤を処方している医師は 定期的に 血清マグネシウム値を測定することが必要とされているのですが、これを実行している医師は多くはなく、また、定期的[iizuna-hp.jp]

  • 緩下薬乱用

    カリウム血症が発生した場合,カリウム補給が適応となる(通常は塩化カリウム経口投与との併用)。 要点 低カリウム血症はカリウム摂取の減少または細胞外カリウムの細胞内への移動の減少によっても生じうるが,通常はカリウムの尿中への過剰な喪失または消化管からの過剰な喪失に起因する。[msdmanuals.com] 血清カリウム濃度が3mEq/L未満になると一般に筋力低下が生じ,麻痺呼吸不全に至ることもある。 その他の筋肉の機能障害として,痙攣,線維束性収縮,麻痺性イレウス,低換気,低血圧,テタニー,横紋融解症などがある。持続性の低カリウム血症では腎濃縮能が障害され二次性多飲症を伴う多尿症が生じる。[msdmanuals.com] 治療はカリウム投与および原因の管理である。 病因 低カリウム血症はカリウム摂取の減少によっても生じうるが,通常は尿中または消化管からのカリウムの大量喪失に起因する。[msdmanuals.com]

さらなる症状

類似した症状