Create issue ticket

考えれる49県の原因 ガンマグロブリンの増加, 肉芽腫組織

  • サルコイドーシス

    サ症の特徴として、血液中のアンギオテンシン変換 酵素 (ACE)やリゾチームという酵素が増えて、蛋白分画中のガンマグロブリンや血中・尿中カルシウムが高値になるというということがありますが、すべての患者さんでそれらが増加するわけではありません。しかし、はじめに増加していれば、病態が改善するとともにそれらの値も低下してきます。[nanbyou.or.jp] そのため、厚生労働省や米国不整脈学会の診断基準では、心筋組織からサルコイド肉芽を証明できなくとも診断可能としておりますが、一方で診断精度の低さも指摘されています。[ncvc.go.jp] 診断 病変の組織を採取して特徴的な 肉芽 を証明することにより診断できますが、組織採取ができない場合は、血液検査、各種放射線画像検査、内視鏡検査などを行い診断します。 治療 ほとんどの患者さんは無治療のまま経過を観察し、自然に軽快することも多いです。[tmd.ac.jp]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。 以前は、「慢性関節リウマチ」と呼ばれていた。第6回日本リウマチ学会総会(1962年)において「rheumatoid arthritis」の日本語訳が「慢性関節リウマチ」に決定されたためだが、「rheumatoid[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝臓類肉腫症

    サ症の特徴として、血液中のアンギオテンシン変換 酵素 (ACE)やリゾチームという酵素が増えて、蛋白分画中のガンマグロブリンや血中・尿中カルシウムが高値になるというということがありますが、すべての患者さんでそれらが増加するわけではありません。しかし、はじめに増加していれば、病態が改善するとともにそれらの値も低下してきます。[nanbyou.or.jp] 病理 [ 編集 ] サルコイドーシスによる非乾酪性の肉芽病変。ラングハンス型巨細胞を認める。 サルコイドーシスの病理は多彩であるが、リンパ組織や肺に多い肉芽性病変、全身性の微小 血管炎 (ミクロアンギオパチー)が多いとされている。[ja.wikipedia.org] 生検が第一選択の診断法であり、多角形細胞と紡錘形細胞が混在し、“偽肉芽”様の結節を形成する組織像を呈することが多い。INI1遺伝子の欠損が類上皮肉腫の大部分で報告されており、診断確定に使用されることがある。第一選択の治療は、広範切除術であり、補助療法の役割については意見が分かれるところである。[sarcomahelp.org]

  • 肺結核

    皮下組織 に発症した結核性肉芽性脂肪織炎が本態である。 結核性結節性紅斑 結節性紅斑 は細菌アレルギーが原因で発症する皮膚疾患の一つであるが、結核も主要な原因の一つである。バザン硬結性紅斑に似るが、最大の違いは潰瘍を形成しないことである。[ja.wikipedia.org]

  • 肺空洞結核

    皮下組織 に発症した結核性肉芽性脂肪織炎が本態である。 結核性結節性紅斑 結節性紅斑 は細菌アレルギーが原因で発症する皮膚疾患の一つであるが、結核も主要な原因の一つである。バザン硬結性紅斑に似るが、最大の違いは潰瘍を形成しないことである。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 &全身性エリテマトーデス(SLE)は男性にはまれな疾患である.今回,われわれは男性SLE 17例を対象に,その臨床像,血清学的および内分泌学的検討を行った.発症年齢,観察期間を一致させた女性SLEと比較して,男性例では日光過敏症が有意に多く(p 0.04),リンパ節腫脹と中枢神経障害がやや多かった.腎障害は同率であったが,ネフローゼ症候群が男性に多かった.白血球減少は女性例に有意に多かった(p 0.07)が,血清学的検査で男女間に有意差は認められなかった.治療内容では,男性例により多くのステロイドホルモンが必要とされた,われわれの男性SLEは女性例に比してやや重症である傾向がみられた.[…][doi.org]

  • 小児慢性肉芽腫症

    図5 : 肉芽組織:手術により摘出できた肺肉芽のHE染色標本では、組織の至る所に大きな多核巨細胞と周辺のリンパ球の集簇が認められる。 図6 : 肉芽のCT像 A-1, -2) 初発時の肉芽腫、下肺野と肺門部から背部へかけての肉芽腫所見が認められる。 B) 再発後の治療経過による肉芽腫像の変化を示している。[med.miyazaki-u.ac.jp] さらに、慢性肉芽症では身体のいたるところに肉芽といわれる一種の“こぶ”のようなものができやすく、まわりの正常な組織を圧迫して臓器を障害することがあります。また、免疫のバランスが悪く約半数の方が慢性の腸炎(肉芽性腸炎)を合併します。[ncchd.go.jp] 皮膚所見(表5) ①皮膚サルコイドーシス(特異的病変) ⅰ 結節型 ⅱ 局面型 ⅲ びまん浸潤型 ⅳ 皮下型 v その他(苔癬様型、結節性紅斑様、魚鱗癬型、その他のまれな病変) ② 瘢痕浸潤 (皮膚病変を強く示唆する臨床所見として肉芽組織学的証明が必要) 付記 肉芽のみられない非特異的病変として結節性紅斑を伴うことがあるが本邦ではまれである[jssog.com]

  • ブルセラ症

    ブルセラ症(ブルセラしょう、brucellosis、あるいはブルセラ病)とは、ブルセラ属(Brucella) の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。日本においては家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病、感染症法における四類感染症に指定されている。診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る。また、Brucella abortus、B. melitensis、B. suis、B.[…][ja.wikipedia.org]

  • ハンセン病

    少菌型では類上皮細胞性肉芽がみられ、巨細胞も認めます (図17) 。神経への細胞浸潤も認めます。一方多菌型では組織球性肉芽で、組織球の泡沫状変化(レプローマ)や空胞化が認められます (図18) 。特殊染色では抗酸菌染色(上述)、S100染色(神経を観察)などを行います。可能ならば神経の生検も行います。 図17.[niid.go.jp] らい型(L型)では、らい菌が多数検出できるがリンパ球の浸潤は少ない。組織球性肉芽組織球の泡沫状変化が特徴的である。 類結核型(T型)では、らい菌は検出されない。類上皮細胞肉芽が特徴的である。またリンパ球の強い浸潤像がみられ、リンパ球が末梢神経の周囲に入ることは、他の疾患ではみられないので有用な鑑別点になる。[ja.wikipedia.org] ハンセン病の鑑別診断としては、病理組織学的に肉芽形成をする疾患であるサルコイドーシス、全身性エリテマトーデス (SLE)、皮膚エリテマトーデス (DLE)、環状肉芽腫、尋常性狼瘡(皮膚結核)、非結核性抗酸菌症 などを用いる。[ja.wikipedia.org]

  • 境界群ハンセン病

    診断と治療 (1)知覚低下を伴う皮疹, (2)神経所見(知覚障害, 肥厚, 運動障害), (3)らい菌検出, (4)病理組織所見(肉芽, 神経の炎症など) の4項目を総合して診断する(本号 5ページ )。[niid.go.jp] 2)菌学的検査:紅斑 結節などの皮疹をつま み、15 番メスで1cm ほど皮切し真皮組織を 掻き取る様に採取し、 塗抹Ziehl-Neelsen 染 色標本を1,000 倍油浸 で観察。病理組織はFite 染色標本を肉芽 性病変のほぼ中央に位置する末梢神経を中心 に観察する。[okinawa.med.or.jp]

さらなる症状