Create issue ticket

考えれる130県の原因 ガンマグロブリンの増加

  • 妊娠後期

    […] life 妊娠後期になるとお腹が随分と大きくなってきますよね。日常生活の中で不自由に感じてしまう場面も多いことでしょう。なかでも悩ましいのが、休息を取るための「寝る体勢」。仰向けから横向きに寝る姿勢を変えても肋骨が痛くて寝れない、お腹痛いと感じる場面が多いようです。 妊娠後期の寝苦しさ、先輩ママたちはどんな風に寝る体勢を工夫して乗り切ったのでしょうか? 妊婦あるある!?寝苦しいのは寝る姿勢の影響も大きい 妊娠後期。多くの妊婦さんが抱える「寝る姿勢」問題 「寝る体勢が辛いなんて私だけ[…][…]?」そう思っていたあなた、安心してください。多くの人が妊娠後期には同じ悩みを抱えていました。とくに8[…][select.mamastar.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    (自己免疫性甲状腺炎) 執筆者: Jerome M. Hershman , MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。[…][msdmanuals.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 門脈性肝硬変

    肝臓の解剖・生理 肝臓は右上腹部に位置する臓器で、代謝や解毒といった体を支えるはたらきをしています。肝臓は肋骨に囲まれているので、通常は体表から触れることはできません。肝臓にできる肝がんは、肝臓から生じる原発性肝がんと、大腸など他臓器のがんが肝臓に転移してできる転移性肝がんの大きく二つに分類されます。ここでは原発性肝がんのほとんどを占める肝細胞がんについて説明します。 肝細胞がん 原因[…][med.akita-u.ac.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • サルコイドーシス

    検査成績・診断 本症の診断の基本は組織診断であるが,すべての例で組織診断が得られるわけではなく,「臨床診断群」を設けている.厚生労働省の特定疾患であるサルコイドーシスの認定基準(診断基準)では,「a)ツベルクリン反応陰性 b)血清ACE高値 c)ガンマグロブリン高値 d)血清リゾチーム高値 e)ガリウムシンチグラムで集積増加 f)気管支肺胞洗浄[kotobank.jp] サ症の特徴として、血液中のアンギオテンシン変換 酵素 (ACE)やリゾチームという酵素が増えて、蛋白分画中のガンマグロブリンや血中・尿中カルシウムが高値になるというということがありますが、すべての患者さんでそれらが増加するわけではありません。しかし、はじめに増加していれば、病態が改善するとともにそれらの値も低下してきます。[nanbyou.or.jp]

  • 特発性肝硬変

    今年になってから、父が息切れするようになったため、病院で診てもらったところ、心臓肥大が見られ入院。 心臓カテーテルの結果、血管には問題なし。不整脈なし。筋肉の壁が厚くなっていて、肥大型 、拡張型 、梗塞型 という状態で、血圧も低めで、一般的な心不全とは異なり、原因不明。 その検査の中で胃がんが見つかり手術。その後、心臓に関しては特に今すぐどうの、という状態ではないということで退院。[…][jhf.or.jp]

  • 多発性骨髄腫

    検査成績 M蛋白の種類により,IgG型,IgA型,IgD型,IgE型,IgL型( Bence Jones蛋白(BJP)型)に分類されるが,BJP型以外では血清総蛋白が増加し,血清蛋白電気泳動でMスパイクを認める.BJP型では低ガンマグロブリン血症を認める.尿中にもIgを認め,尿蛋白電気泳動による分画検査でIgを検出する.血清と尿の免疫電気泳動[kotobank.jp] 血症 ①血清遊離軽鎖比の異常( 0.26または 1.65) ②該当する血清遊離軽鎖の増加 ③免疫固定法にて重鎖発現を認めない ④臓器障害(CRABまたはアミロイドーシス)を認めない ⑤クローナルな骨髄中形質細胞 10% ⑥尿中M蛋白量 500mg/24時間 ①〜⑥のすべてを満たす Solitary plasmacytoma of bone[jshem.or.jp] ①〜③のすべてを満たす IgM MGUS IgM型意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症 ①血清中IgM型M蛋白 3g/dL ②骨髄中リンパ形質細胞浸潤 10% ③次の症候を欠如(貧血,全身症状,過粘稠,リンパ節腫大,肝脾腫とそれ以外の臓器障害) ①〜③のすべてを満たす Light-chain MGUS 軽鎖型意義不明の単クローン性ガンマグロブリン[jshem.or.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    また ガンマグロブリン大量療法 (400mg/kg 5日間)も投与後2-3日で血小板上昇 が得られますが、両者ともに一過性の増加です。 副腎皮質ステロイド、ガンマグロブリン大量療法、血小板輸血、摘脾については本邦に おいて保険適応が認められている治療法です。[med.osaka-cu.ac.jp] 血小板が急激に減少し、全身の出血傾向が強い場合や外科手術時、分娩時などは、一過性ですが効果的に血小板を増加させることができるガンマグロブリン大量療法やステロイドパルス療法を行います。重篤な出血が疑われる場合は血小板輸血も行う場合があります。[jpma-nanbyou.com] その他の治療としては、ガンマグロブリン大量静注療法は一過性ではあるが高率に血小板数の増加が期待され、外科的手術時、分娩時、重篤な出血時など緊急に血小板増加が必要時には有用である。重篤な出血が認められる場合には血小板輸血も考慮される。 さらに、ITPの治療を行う上における治療の目標は、危険な出血を防ぐことにある。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状