Create issue ticket

考えれる61県の原因 ガンザー症候群

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • せん妄

    せん妄は,注意,認知,および意識レベルが急性かつ一過性に障害される病態で,その程度には変動がみられ,通常は可逆的である。ほぼ全ての疾患および薬剤が原因となりうる。診断は臨床的に行い,原因同定のために臨床検査と通常は画像検査を施行する。治療は原因の是正と支持療法である。 せん妄はあらゆる年齢で起こりうるが,高齢者でより多くみられる。入院する高齢患者の10%以上にせん妄があり,15 50%は入院期間中いずれかの時点でせん妄を経験する。術後患者,介護施設入居者,およびICU患者でも,せん妄がよくみられる。より若年者がせん妄を発症した場合,通常は薬物使用か生命を脅かす全身性疾患が原因である。[…][msdmanuals.com]

  • 脳震盪

    2018/7/16(月) 11:40 (写真:ロイター/アフロ) サッカーのワールドカップロシア大会は、フランスとクロアチアによる決勝戦が行われ、フランスが4-2でクロアチアを下し、1998年以来2度目の優勝を果たした。 試合が始まる前、私はフランスのマテュイディの姿を探していた。マテュイディは10日のベルギーとの準決勝で脳震盪を起こしていたように見えたからだ。私は現場で取材していない。だから、正確に言うと、テレビ中継の画面を注視していた。[…][news.yahoo.co.jp]

  • 妄想性パーソナリティ障害

    妄想性パーソナリティ障害(もうそうせいパーソナリティしょうがい、英語: Paranoid personality disorder ; PPD)とは、猜疑(さいぎ)性パーソナリティ障害とも呼ばれる、何ら明確な理由や根拠なく人から攻撃される、利用される、陥れられるといった不信感や疑念を抱き、広く対人関係に支障をきたすパーソナリティ障害の一類型である。 精神医学的障害の一種である。[…][ja.wikipedia.org]

  • ガンザー症候群

    1.一過性全健忘 2.気分変調症 3.ガンザー症候 4.レット障害 5.トゥレット症候群 スポンサードリンク この記事もおすすめ![maenoshinn.com] ドイツの 精神科医 S.ガンザー (1853 1931) が拘禁された 未決囚 にみられる 症候 として報告したので,その名がつけられた。[kotobank.jp] ガンザー症候(Ganser's Syndrome)とは、簡単な質問に対して正しい答えを知っていると推測されるにも関わらず、『正解に近い曖昧な答え・的外れな馬鹿げた答え・文脈から外れた答え』を返してしまう症候です。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 解離型ヒステリー

    その他の解離性障害 ガンザー症候や多重人格障害などがここに入ります。[meinherz.jp] 症候 F44.81 多重人格 F44.82 小児期または青年期にみられる一過性解離性(転換性)障害 F44.88 他の特定の解離性(転換性)障害 F44.9 解離性(転換性)障害、特定不能のもの 治療方針、治療基準 治療は1例ずつに合わせる必要があります。[nanba-nagata.com] 6 ガンザー症候 - 曖昧な受け答えや前後の文脈と関係のない的外れな話をしたりする。留置所・刑務所のような閉鎖的環境の中で発症することが多く、「 拘禁反応 」の一種とみなされている。 上記のほか、次のものもある。 2 離人症を伴わない現実感喪失 - DSM-5では、離人症性障害に含まれる。[ja.wikipedia.org]

  • 混合性不安抑うつ状態

    解離性障害には、解離性健忘、解離性遁走、解離性昏迷、トランスおよび憑依状態、せん妄、もうろう、失神、離人性障害、解離性同一性障害(多重人格)、ガンザー症候(偽痴呆)などがあります。[bo-so.net] 症候(的はずれ応答) F44.81 多重人格障害 F44.88 他の特定の解離性(転換性)障害 F44.9 解離性(転換性)障害,特定不能のもの F45 身体表現性障害 (塩入俊樹) F45.0 身体化障害 F45.1 鑑別不能型[分類困難な]身体表現性障害 F45.2 心気障害 F45.3 身体表現性自律神経機能不全 F45.4 持続性身体表現性疼痛障害[rr2.nakayamashoten.co.jp] 解離性健忘 F44.1 解離性遁走[フーグ] F44.2 解離性昏迷 F44.3 トランスおよび憑依障害 F44.4—F44.7 運動および感覚の解離性障害 F44.4 解離性運動障害 F44.5 解離性けいれん F44.6 解離性知覚麻痺および感覚脱失 F44.7 混合性解離性(転換性)障害 F44.8 他の解離性(転換性)障害 F44.80 ガンザー[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 心因性過換気

    症候 F44.81 多重人格 F44.82 小児期または青年期にみられる一過性解離性(転換性)障害 F44.88 他の特定の解離性(転換性)障害 F44.9 解離性(転換性)障害、特定不能のもの 治療方針、治療基準 治療は1例ずつに合わせる必要があります。[nanba-nagata.com] 解離性昏迷 F44.3 トランスおよび憑依状態 心因性運動障害(偽神経症状) F44.4 解離性運動障害 心因性痙攣(偽神経症状) F44.5 解離性けいれん 心因性知覚、視覚障害(偽神経症状) F44.6 解離性知覚麻痺(無感覚)および知覚(感覚)脱失 F44.7 混合性解離性(転換性)障害 F44.8 他の解離性(転換性)障害 F44.80 ガンザー[nanba-nagata.com]

  • 脳血管性認知症

    疼痛性障害 機能性神経症状症 ( ガンザー症候 - 咽喉頭異常感症 ) 神経衰弱 Mass Psychogenic Illness 解離性障害 解離性同一性障害 解離性健忘 解離性遁走 離人感・現実感消失障害 生理的・身体的 摂食障害 神経性無食欲症 神経性大食症 反芻性障害 特定不能の摂食障害 非器質性 睡眠障害 過眠症 不眠症 睡眠時随伴症[ja.wikipedia.org] 身体表現性障害 不安障害 恐怖症 広場恐怖症 社会恐怖 / 社交不安障害 ( 対人恐怖 ) 特定の恐怖症 ( 閉所恐怖症 ) 単一社会恐怖 その他 パニック障害 全般性不安障害 強迫性障害 ストレス ( 急性ストレス障害 - PTSD ) 適応障害 抑うつ気分を伴う適応障害 身体表現性障害 身体化障害 身体醜形障害 心気症 疾病恐怖 ダ・コスタ症候[ja.wikipedia.org]

  • ミラー・ディーカー症候群

    歌舞伎症候 カプグラ症候 カプラン症候 噛みしめ呑気症候 空の巣症候 カルタゲナー症候 カルチノイド症候 カルマン症候 ガンザー症候 乾燥症候群 肝腎症候群 汗貯留症候群 キーンズ・セイヤー症候群 キアリ・フロンメル症候群 奇形症候群 ギテルマン症候群 キャットアイ症候群 吸収不良症候群(スプルー症候群) 急性呼吸窮迫症候群[mobileadult040jp.sitemix.jp] 、歌舞伎症候、カプグラ症候、カプラン症候、噛みしめ呑気症候、空の巣症候、カルタゲナー症候、カルチノイド症候、カルマン症候ガンザー症候、乾燥症候群、肝腎症候群、汗貯留症候群、キーンズ・セイヤー症候群、奇形症候群、ギテルマン症候群、キャットアイ症候群、吸収不良症候群(スプルー症候群)、急性呼吸窮迫症候群、競技者心臓症候群、胸郭出口症候群[scfushi.exblog.jp] 空の巣症候 ガルサン症候 カルタゲナー症候 カルチノイド 症候 ( en:Carcinoid syndrome ) カルマン症候 加齢男性性腺機能低下症候 ( LOH症候 ) ガンザー症候 ( 拘禁反応 ) 乾燥症候群 肝腎症候群 ( en:Hepatorenal syndrome ) 汗貯留症候群 間脳症候群 (ラッセル症候群[ja.wikipedia.org]

さらなる症状