Create issue ticket

考えれる34県の原因 オーバーフローの尿失禁, 感覚障害

つまり: オーバーフロー, 尿失禁, 感覚障害

  • 認知症

    開脚性を伴うことも少なくない)および排尿障害(進行すると尿失禁に至る)がしばしばみられる。レビー小体型認知症では、認知症・幻覚妄想と共に、歩行障害、過活動膀胱を含めた自律神経障害がしばしばみられる。[ja.wikipedia.org] ここで、「認知」とは、覚える、見る、聞く、話す、考えるなどの知的機能を総称する概念であり、痴呆に関しては記憶機能の低下のほか、失語(言語障害)、失行(運動機能が正常にもかかわらず、運動活動を遂行することができない)、失認(感覚機能が正常にもかかわらず、物体を認知同定することができない)、実行機能障害(計画を立てて、それを実行することができない[mhlw.go.jp] 失行とは、運動機能に関する障害はないのに、意味のある動作、たとえば「くわえたタバコにライターの火をつけること」ができないような障害をいいます。失認とは、感覚に関した機能は損なわれていないのに、対象を正しく認知・認識できないことです。よくあるのは、方向感覚の悪さ、何度も行ったことのある娘の自宅を訪ねようとして道に迷うような例です。[mhlw.go.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害も発症する。特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることも多い。 そのほか、両側性の顔面神経麻痺や外眼筋障害などといった脳神経症状や、構音障害や嚥下障害などの球麻痺症状、自律神経障害を伴うことがある。[ja.wikipedia.org] 腱反射は亢進するが痙性や病的反射は認められないことから上記の障害モデルは提唱されているが詳細は不明である。急性期から反射が亢進する場合、回復期から亢進する場合がある。 感覚障害 感覚鈍麻、異常感覚、神経因性疼痛が高頻度に認められる。痛みは90%近い患者で認められ、神経根痛や筋痛、関節痛などを訴えることもある。[ja.wikipedia.org] 四肢の腱反射低下〜消失 症状の左右対称性 軽度の感覚障害、異常感覚 脳神経麻痺(外眼筋麻痺、顔面神経麻痺、球麻痺)の存在 自律神経障害(頻脈、不整脈、血圧変動)の存在 発症時に発熱を欠く診断を支持する検査所見 末梢神経伝導検査での異常(伝導速度低下、遠位潜時延長、伝導ブロック、F波潜時延長、複合筋活動電位低下など) 発症1週間以降における蛋白細胞解離[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp] 急性脊髄炎のみがみられその他の脱髄性病変が示唆されたない場合には全身性エリテマトーデスや混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群による可能性も考慮する、 四肢の筋力低下 痙縮 感覚障害 Uldryらの検討では脊髄病変と感覚障害の対応は46.4%で対応があり、14.2%はおそらく対応するとしながらも全体として画像上のプラークと症候を結びつけるとは[ja.wikipedia.org] よくみられる症状には,視覚および眼球運動異常,錯感覚,筋力低下,痙縮,排尿機能障害,軽度認知障害などがある。典型的には複数の神経脱落症状がみられ,寛解と増悪を繰り返しながら,次第に能力障害を来す。診断には,時間的・空間的に独立した複数の特徴的な神経病変(部位は中枢神経系)を示す臨床所見またはMRI所見を必要とする。[msdmanuals.com]

  • 脊髄圧迫
  • 脊髄癆
  • 椎間板ヘルニア
  • 原発性進行性多発性硬化症
  • 脊髄硬膜外血腫

    感覚障害感覚障害が43.8%で認められ、いずれも異常感覚であった。疼痛や運動麻痺が目立つ場合、感覚障害は見過ごされている可能性もある。 膀胱直腸障害排尿障害が25%で認められた。 血腫はほとんど楕円形の形態である。MRIでは血腫内容物が均一な場合と不均一な場合がある。[ja.wikipedia.org] 脊髄硬膜外血腫(Spinal epidural hematoma)とは脊髄硬膜外で出血し形成された血腫部位から突然放散痛が出現し、また血腫が脊髄を圧迫するため運動麻痺と感覚障害が起こる稀な疾患である。脊髄硬膜外血腫の多くは特発性であり、およそ半数の初発症状が対麻痺ではなく顔面を含まない片麻痺であり脳梗塞との鑑別が問題になる。[ja.wikipedia.org] 血腫部位から後頸部 肩、肩甲骨 上腕へ放散する突然の激痛でありその後、運動麻痺と感覚障害が進行する。硬膜外血管から出血した血液が、狭い空間を押し広げ拡大し神経根を進展させるために起こる刺激症状と思われる。 運動麻痺半数以上の62.5%が顔面を含まない片麻痺であり、四肢麻痺が12.5%、麻痺を認めない例が25%あった。[ja.wikipedia.org]

  • 頸部脊椎症
  • 尾部脊髄腫瘍

さらなる症状

類似した症状