Create issue ticket

考えれる1,469県の原因 オーバーフローの尿失禁, 感覚障害

つまり: オーバーフロー, 尿失禁, 感覚障害

  • 認知症

    正常圧水頭症は、認知機能障害の他に、尿失禁と歩行障害を特徴とする疾患ですが、脳の中にたまっている水分をシャント手術によって排出させると症状がよくなることがあるのです。ただし、よくなるのは歩行障害や尿失禁だけで、認知機能障害は変わらないことも少なくありません。 認知症は予防できるか? 認知症の原因疾患は一つではありません。[ncvc.go.jp] 身体面の症状 脳血管障害によって、手足に麻痺や感覚障害など神経症状が現れることがあります。ダメージを受けた場所によっては言語障害などが出る場合もあります。 ご家族の対応のポイント 規則正しい生活習慣を 意欲がなくなって、日中の活動が少なくなると、不眠や昼夜逆転の原因になります。[sodan.e-65.net] ここで、「認知」とは、覚える、見る、聞く、話す、考えるなどの知的機能を総称する概念であり、痴呆に関しては記憶機能の低下のほか、失語(言語障害)、失行(運動機能が正常にもかかわらず、運動活動を遂行することができない)、失認(感覚機能が正常にもかかわらず、物体を認知同定することができない)、実行機能障害(計画を立てて、それを実行することができない[mhlw.go.jp]

  • 脊髄圧迫

    (2)膀胱直腸障害 排尿遅延、頻尿、排尿困難など男性であれば前立腺肥大症、女性であれば老化による尿失禁とよく間違えられます。 最終的には下肢の麻痺や尿閉となり歩行できなくなってしまします。 腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴う疾患です。高齢者になると成人病(脳梗塞、狭心症、糖尿病、高脂血症など)の合併も多くなります。[shintakeo-hp.or.jp] 詳細な愁訴や病歴の聴取により、脊髄障害高位を推察する。筋力低下やしびれ、感覚低下などの程度や範囲、脊椎近傍の自発痛や運動時痛、膀胱直腸障害などの自覚症状を確認する。頚椎病変では動的影響を受けやすく、頚部運動に伴う症状変動を確認することも重要となる。[clinicalsup.jp] 感覚障害は運動障害に比して頻度は低いが、それでも多くの症例で認め、上行性のしびれと知覚異常が典型的である。 膀胱直腸障害は病変がかなり進行してからみられることが多い。 背部痛のある担がん患者の失調歩行は、脊髄圧迫を疑わなくてはならない。このような症例で感覚障害を伴わない場合は、脊髄小脳路の障害を考える必要がある。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 脊髄癆

    次いで、歩行が不安定になり、尿失禁などの膀胱症状をきたす。 男性なら、インポテンツになる。 神経梅毒は、死に至る病である。 進行麻痺や脊髄癆が進行すれば、食事を取ることはもちろん、動くことができなくなる。 呼吸中枢が侵されれば、呼吸も止まってしまう。 Robert の時代なら、食事を取れなくなった時点で、一巻の終わりだと思ってよい。[schumann.jp] 脊髄髄膜血管型は横断性 脊髄炎 を生じ、運動障害感覚障害、排尿障害を伴います。 (2)進行麻痺 脳実質に炎症が波及し神経細胞が脱落した結果、認知障害を示します。記憶障害、判断力の低下、易(い)刺激性(気分が変わりやすく、気短になること)とともに、精神疾患と間違われるような行動異常が問題になります。[medical.itp.ne.jp] アーガイル・ロバートソン瞳孔 ( 英語版 ) 、失調性の歩隔拡大 (ataxic wide-based gait)、便 失禁 または尿失禁、位置感覚と振動感覚の消失、深部痛や温度感覚の消失、急性反復性胃腸痛 (acute episodic gastrointestinal pain)、 神経障害性関節症 ( 英語版 ) 、進行性麻痺などがみられる[ja.wikipedia.org]

  • 椎間板ヘルニア

    痛み以外に下肢のしびれ感、脱力感(筋力低下)、排尿障害(頻尿、残尿感、尿失禁)などが出現します。 ページの先頭へ戻る 診断 理学的所見、神経学的所見の他に、レントゲン、MRI、脊髄造影、CTなどの画像診断を行います。 理学所見 腰椎の弯曲異常(痛みのため、側弯になる)、脊柱の運動制限が見られます。[keijinkai-hp.net] 坐骨神経痛 、 腰痛 腰から足先にかけてしびれや痛み、感覚障害 、冷感 筋力の低下 重度の場合、排尿障害などが現れる場合もあります 椎間板ヘルニアの治療 保存療法で80% 90%の割合で症状が改善されると言われています。 消炎・鎮痛剤や筋弛緩剤を内服し除痛を図りながらコルセットなどで固定し安静をとります。[mominoki-hp.or.jp] これを急性馬尾症候群といい、痛みの増悪、足の麻痺と感覚障害の進行、排尿・排便障害を呈します。 腰椎椎間板ヘルニアの検査 腰椎椎間板ヘルニアの診断には、神経所見と画像検査(レントゲン検査、MR検査I)を合わせて診断します。 必要に応じて、CT検査、脊髄造影検査などを追加します。[akita-noken.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    ②ジストニー (4)その他の神経症状 ①偽性球麻痺(構音障害、嚥下障害) ②尿失禁 (5)画像所見 CT、MRI、SPECTで、一側優位性の障害(大脳半球の萎縮又は血流低下)は診断において、重要な支持的所見である。しかし、両側性あるいはび漫性に異常所見が出現する例もあるので、診断上必須所見とはしない。[hoken.kakaku.com] 多発性硬化症 (MS)、視神経脊髄炎 (NMO) 病因 リンパ球や自己抗体により大脳白質、脊髄、視神経といった中枢神経が障害を受ける自己免疫疾患です。 症状 病変部位により、視野・視力障害、麻痺、感覚障害、失調症状など様々な症状が出現し、多くの場合、初期には再発と寛解を繰り返します。[itb-dsc.info] 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp]

  • 頸部脊椎症

    治療は、各種神経ブロック・薬物治療・リハビリテーションなどを行い、これらの保存療法が効果の無い場合、または神経麻痺の症状や膀胱直腸障害(尿失禁・残尿感・頻尿感)が出現した場合に手術治療を行っています。 診断・治療法について 手術は、顕微鏡視下あるいは内視鏡視下に神経に対して安全に行っています。[ccmc.seikei-kai.or.jp] また、感覚消失の境界が明瞭な場合には、低位の末梢神経障害の可能性が大きい。 例えば、正中神経障害や尺骨神経障害では、環指の真ん中で感覚消失の境界が分かれるが、これは頸椎由来の神経障害ではありえない。 突然の錐体路障害で、一過性に弛緩性麻痺と腱反射減弱を呈することがあるが、病的反射(Babinski反射)は存在する。[hhk.jp] (2)膀胱直腸障害 排尿遅延、頻尿、排尿困難など男性であれば前立腺肥大症、女性であれば老化による尿失禁とよく間違えられます。 最終的には下肢の麻痺や尿閉となり歩行できなくなってしまします。 腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴う疾患です。高齢者になると成人病(脳梗塞、狭心症、糖尿病、高脂血症など)の合併も多くなります。[shintakeo-hp.or.jp]

  • 多発性硬化症

    視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp] 急性脊髄炎のみがみられその他の脱髄性病変が示唆されたない場合には全身性エリテマトーデスや混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群による可能性も考慮する、 四肢の筋力低下 痙縮 感覚障害 Uldryらの検討では脊髄病変と感覚障害の対応は46.4%で対応があり、14.2%はおそらく対応するとしながらも全体として画像上のプラークと症候を結びつけるとは[ja.wikipedia.org] よくみられる症状には,視覚および眼球運動異常,錯感覚,筋力低下,痙縮,排尿機能障害,軽度認知障害などがある。典型的には複数の神経脱落症状がみられ,寛解と増悪を繰り返しながら,次第に能力障害を来す。診断には,時間的・空間的に独立した複数の特徴的な神経病変(部位は中枢神経系)を示す臨床所見またはMRI所見を必要とする。[msdmanuals.com]

  • 脳膿瘍

    髄膜炎後に正常圧水頭症になることもありますので、認知症・尿失禁・歩行障害に注意が必要です。 細菌性髄膜炎(化膿性髄膜炎) どんな病気 細菌性髄膜炎は耳鼻科疾患(副鼻腔炎・中耳炎・乳突蜂巣炎)などから感染したり、手術創・開放性頭部外傷・頭蓋底骨折(髄液鼻漏・髄液耳漏)により感染します。[fukuokanh.jp] の後 脳外科の手術後 免疫 力が極端に弱っているとき( エイズ 、臓器移植後、免疫抑制薬を使っているとき) 歯の治療中或いは う歯 が放置されている状態 脳膿瘍の症状 主な症状 発熱(微熱が続くことが多い) 頭痛 嘔吐 精神状態の変化(言っていることがおかしい) 意識が悪い けいれん 膿瘍 ができた場所に対応した様々な症状が出る 麻痺 感覚障害[medley.life] 頭痛、発熱、意識がぼんやりする、痙攣(ひきつけ)、嘔吐、手足の運動麻痺、感覚障害(しびれや痛み)、言語障害、精神障害などです。これは、脳膿瘍によってその部分の脳自体が障害されたため、また周辺部の脳が炎症を起こしたり浮腫(むくみ)によって圧迫されたために起こってきます。[med.kindai.ac.jp]

  • 尾部脊髄腫瘍

    腹腔鏡下副腎摘出術、腹腔鏡下副腎髄質腫瘍摘出術(褐色細胞腫)、腹腔鏡下副腎悪性腫瘍手術、腹腔鏡下腎部分切除術、腹腔鏡下腎嚢胞切除縮小術、腹腔鏡下腎嚢胞切除術、腹腔鏡下腎摘出術、腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術、腹腔鏡下腎盂形成手術、腹腔鏡下移植用腎採取術(生体)、腹腔鏡下膀胱部分切除術、腹腔鏡下膀胱脱手術、腹腔鏡下尿膜管摘出術、腹腔鏡下膀胱内手術、腹腔鏡下尿失禁手術[med.oita-u.ac.jp] しびれ 、感覚障害、筋力低下などが生じます。このような麻痺は神経内科の疾患である脊髄炎や多発性硬化症などでも生じますので、鑑別が必要です。 一般に圧迫による脊髄症状は、知覚・運動が同時に障害され、圧迫部位より遠位の反射が亢進するのが一般的です。[joa.or.jp] 一般的にははじめ手足の感覚障害され、局所の痛みが出現する場合もあります。腫瘍が増大して脊髄の圧迫がひどくなるにつれて、手足の麻痺が出現し、更に進行すると尿は便が出にくくなったり、もらしてしまうこともあります。[square.umin.ac.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    発症時に感覚症状が強いが、筋力低下が限局的 発症時に膀胱直腸障害が存在 発症時の発熱 境界明瞭な感覚障害 呼吸機能障害がなく、限局的な筋力低下の緩徐な進行 (亜急性炎症性脱髄性ニューロパチー、またはCIDPを疑う) 筋力低下の著名な非対称性 持続的な膀胱直腸障害 髄液中の細胞数増多(50/μl) 髄液中の多核球増多 治験概要 治験の目的・デザイン[chiba-crc.jp] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸筋麻痺(呼吸筋の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 運動障害に比べて、感覚障害は軽いのが特徴です。 顔面の筋力低下も約50%の患者さんでみられます。舌や嚥下筋の支配神経に障害が出て、しゃべりにくい、飲み込みにくいなどの症状が現れることや、外眼筋(がいがんきん)支配神経に障害が出て複視(ふくし:物が2つに見える)が起こることもあります。呼吸筋の麻痺は10 20%の患者さんで起こります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

さらなる症状

類似した症状