Create issue ticket

考えれる383県の原因 オリーブ橋小脳萎縮症

  • パーキンソン病

    ハンチントン病 パーキンソン病 大脳皮質基底核変性 進行性核上性麻痺 多系統萎縮 (MSA) シャイ・ドレーガー症候群 線条体黒質変性 オリーブ小脳萎縮 (OPCA) 脱髄性疾患 [ 編集 ] 詳細は「 脱髄疾患 」を参照 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症[ja.wikipedia.org] 編集 ] 一過性脳虚血発作 (TIA) 脳卒中 脳梗塞 脳出血 クモ膜下出血 脳動静脈奇形 脳動脈瘤 もやもや病 認知症性疾患 [ 編集 ] アルツハイマー病 レビー小体型認知症 脳血管性認知症 前頭側頭型認知症 (ピック球をもつものは ピック病 、他にTDP-43がたまるものなど) 変性疾患 [ 編集 ] 神経変性疾患 とも 脊髄小脳変性[ja.wikipedia.org]

  • 淡蒼球錐体症候群

    欧米と異なり、わが国の脊髄小脳変性の特徴はつぎのようなものです。 (1)孤発性のオリーブ小脳萎縮が著しく多い。小脳オリーブ核、などに萎縮が起きるもので、脊髄小脳変性全体の35%を占める。 (2)遺伝性では優性遺伝(注)が多く、ヨーロッパで多い劣性遺伝のフリードライヒ失調症はない。[min-iren.gr.jp] 5.脊髄小脳変性 孤発性ないし家族性で発症する進行性小脳失調の総称(以下の8疾患に該当)。 1)オリーブ小脳萎縮(OPCA) 30 50代発症がほとんどで、本邦で最も多い脊髄小脳変性症の一型である。歩行障害、発語障害が早期に現れ、進行に伴い錐体外路障害、自律神経障害(排尿障害や起立性低血庄など)を合併する。[caeser.or.jp] ここで、日本でみられる脊髄小脳変性の代表的な疾患についてみてみましょう。 1.孤発性脊髄小脳変性 (1)多系統萎縮 多系統萎縮には、オリーブ小脳萎縮、線条体黒質変性症、シャイ・ドレーガー症候群がありますが、厚生労働省の特定疾患では「脊髄小脳変性症」の中に含まれていないため、当記事では説明を割愛させていただきます。[jpma-nanbyou.com]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    オリーブ小脳萎縮オリーブきょうしょうのういしゅくしょう、Olivopontocerebellar atrophy (OPCA))は、 脊髄小脳変性症 の一種。 多系統萎縮症 の一病型である。[ja.wikipedia.org] 生命保険と家計の無料相談なら保険マンモス 著作権の侵害について 採用情報 FP募集 よくある質問 サイトマップ 家計&保険マンモスTOP 生命保険用語ガイド オリーブ小脳萎縮とは? オリーブ小脳萎縮 読み:おりーぶきょうしょうのういしゅくしょう オリーブ小脳萎縮 とは、脊髄小脳変性症の代表的な疾患です。[hoken-mammoth.jp] HOME 難病をお持ちの方へ オリーブ小脳萎縮 オリーブ小脳萎縮について (臨床調査個人表国更新のダウンロード) (1)中年以降に発病する弧発性疾患で、遺伝性はない。 (2)初発・早期症状として小脳性運動失調が前景に現れる。 (3)経過とともにパーキンソニズム、自律神経症状 (排尿障害や起立性低血圧など)を呈することが多い。[funabashi-nenkin.com]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    (1)線条体黒質変性 (2)オリーブ小脳萎縮 (3)シャイ・ドレーガー症候群 1.オリーブ小脳萎縮とはどのような病気ですか 多系統萎縮のなかで、起立歩行のふらつきなどの小脳症状で発病し、それを主な症状として経過するものをオリーブ小脳萎縮と呼んでいます。[nanbyou.or.jp] (1)線条体黒質変性 (2)オリーブ小脳萎縮 (3)シャイ・ドレーガー症候群 1.シャイ・ドレーガー症候群とはどのような病気ですか 尿失禁や失神を起こすような自律神経障害で発病しそれが経過前半期の主要症状である多系統萎縮を特別に区別して、シャイ・ドレーガー症候群とよんでいます。[nanbyou.or.jp] 病気が進行するとパーキンソン症状や小脳失調症状をみることになります。線条体黒質変性オリーブ小脳萎縮といった病気と比べて、中枢神経における病変部位の変化や症状が共通することも知られています。そのため、シャイ・ドレーガー症候群は、これら病気とともに多系統萎縮症と総称されています。[medicalnote.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    17 (1)線条体黒質変性 17 (2)オリーブ小脳萎縮 17 (3)シャイ・ドレーガー症候群 18 脊髄小脳変性症 (多系統萎縮症を除く。)[byouin.metro.tokyo.jp] ページトップへ 脊髄小脳変性(SCD) 現場で役立つポイント さまざまな 脊髄小脳変性(SCD) の中でも、日本では オリーブ小脳萎縮 が多くみられる。 主症状は運動失調であり、その症状は徐々に進行し、最終的には臥床状態となる。長期臥床の回避や精神面を含む介護が重要となる。 患者の身体防護のために整理整頓などを指導する。[nurseful.jp] 54 重症多形滲出性紅斑(急性期) ※8 27 多系統萎縮(線条体黒質変性オリーブ小脳萎縮及びシャイ・ドレーガー症候群) 55 黄色靱帯骨化症 28 表皮水疱症(接合部型及び栄養障害型) 56 間脳下垂体機能障害(PRL分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、ADH分泌異常症、下垂体性TSH分泌異常症、クッシング病、先端巨大症※9、[dai-ichi-life.co.jp]

  • 遺伝性無反射性運動失調

    HOME 診断・治療指針(医療従事者向け) 多系統萎縮(2)オリーブ小脳萎縮(指定難病17) たけいとういしゅくしょう おりーぶきょうしょうのういしゅくしょう (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)[nanbyou.or.jp] 欧米と異なり、わが国の脊髄小脳変性の特徴はつぎのようなものです。 (1)孤発性のオリーブ小脳萎縮が著しく多い。小脳オリーブ核、などに萎縮が起きるもので、脊髄小脳変性全体の35%を占める。 (2)遺伝性では優性遺伝(注)が多く、ヨーロッパで多い劣性遺伝のフリードライヒ失調症はない。[min-iren.gr.jp] 5.脊髄小脳変性 孤発性ないし家族性で発症する進行性小脳失調の総称(以下の8疾患に該当)。 1)オリーブ小脳萎縮(OPCA) 30 50代発症がほとんどで、本邦で最も多い脊髄小脳変性症の一型である。歩行障害、発語障害が早期に現れ、進行に伴い錐体外路障害、自律神経障害(排尿障害や起立性低血庄など)を合併する。[caeser.or.jp]

  • 線条体黒質変性症

    線条体黒質変性と同じく多系統萎縮の病型のひとつである「オリーブ小脳萎縮」に関しては、記事2 『歩行時のふらつきなどが現れるオリーブ小脳萎縮とは? 多系統萎縮症の病型を解説』 をご覧ください。[medicalnote.jp] 初発から病初期の症候が小脳性運動失調であるものはオリーブ小脳萎縮(olivopontocerebellar atrophy:OPCA)、パーキンソニズムであるものは線条体黒質変性症、そして特に起立性低血圧など自律神経障害の顕著であるものはシャイ・ドレーガー症候群と各々の原著に従い称されてきた。[nanbyou.or.jp] このうち、小脳症候を主徴とするものはオリーブ小脳萎縮(OPCA、1900年)、起立性低血圧、排尿障害、睡眠時無呼吸(喉頭喘鳴)などの自律神経症状を主徴とするものはシャイ・ドレーガー症候群(Shy-Drager syndrome、SDS、1960年)、動作緩慢、小刻み歩行、姿勢反射障害などのパーキンソン症状を主徴とするものは線条体黒質変性症[arsvi.com]

  • 常染色体劣性脊髄小脳失調症 8

    孤発性では、純粋に小脳症状のみで経過する皮質性小脳萎縮は、その進行は遅く高齢まで自立できるかたが多い傾向にあります。一方、多系統萎縮オリーブ小脳萎縮)は、進行がはやく、約半数が発症後約8年で補助具なしでの歩行は難しくなります。[mieko-neurologyclinic.com] 5.脊髄小脳変性 孤発性ないし家族性で発症する進行性小脳失調の総称(以下の8疾患に該当)。 1)オリーブ小脳萎縮(OPCA) 30 50代発症がほとんどで、本邦で最も多い脊髄小脳変性症の一型である。歩行障害、発語障害が早期に現れ、進行に伴い錐体外路障害、自律神経障害(排尿障害や起立性低血庄など)を合併する。[caeser.or.jp] 発症年令 遺伝性のないもの 遺伝性のあるもの 若年発症 孤発性脊髄小脳変性 フリードリッヒ病 マリネスコ・シェグレン症候群 ルイ・バー症候群 成人発症 多系統萎縮オリーブ小脳萎縮 (OPCA)、 線条体黒質変性症 (SND)、 シャイ・ドレーガー症候 群(SDS)) 皮質性小脳萎縮症(CCA) (晩発性小脳皮質萎縮症 (LCCA[park16.wakwak.com]

  • 脊髄小脳失調症 4型

    欧米と異なり、わが国の脊髄小脳変性の特徴はつぎのようなものです。 (1)孤発性のオリーブ小脳萎縮が著しく多い。小脳オリーブ核、などに萎縮が起きるもので、脊髄小脳変性全体の35%を占める。 (2)遺伝性では優性遺伝(注)が多く、ヨーロッパで多い劣性遺伝のフリードライヒ失調症はない。[min-iren.gr.jp] 発症年令 遺伝性のないもの 遺伝性のあるもの 若年発症 孤発性脊髄小脳変性 フリードリッヒ病 マリネスコ・シェグレン症候群 ルイ・バー症候群 成人発症 多系統萎縮オリーブ小脳萎縮 (OPCA)、 線条体黒質変性症 (SND)、 シャイ・ドレーガー症候 群(SDS)) 皮質性小脳萎縮症(CCA) (晩発性小脳皮質萎縮症 (LCCA[park16.wakwak.com] オリーブ小脳萎縮:多系統萎縮のなかで、起立歩行のふらつきなどの小脳症状で発病し、それを主な症状として経過するものをオリーブ小脳萎縮と呼んでいます。進行すると自律神経障害を伴います。[hwc.or.jp]

  • 脊髄小脳失調症 20型

    欧米と異なり、わが国の脊髄小脳変性の特徴はつぎのようなものです。 (1)孤発性のオリーブ小脳萎縮が著しく多い。小脳オリーブ核、などに萎縮が起きるもので、脊髄小脳変性全体の35%を占める。 (2)遺伝性では優性遺伝(注)が多く、ヨーロッパで多い劣性遺伝のフリードライヒ失調症はない。[min-iren.gr.jp] 中年以降に起立性低血圧、尿失禁、小脳性運動失調が発症し進行します。オリーブ小脳萎縮に似ていますが、最初から起立性低血圧、尿失禁、下肢の発汗低下などの自律神経症状が強くあらわれるのが特徴です。遺伝はありません。 シャイ・ドレーガー症候群、オリーブ小脳萎縮と線条体黒質変性症をあわせて「多系統萎縮症」といいます。[medical.jiji.com] 脊髄と小脳のいずれにも病変がある主要な疾患は、マリー運動失調(痙直 (けいちょく) を伴う遺伝性運動失調)とオリーブ (きょう) 小脳萎縮(欧文表記のOlivo Ponto Cerebellar Atrophyの頭文字からOPCAとも称される)である。[kotobank.jp]

さらなる症状