Create issue ticket

考えれる11県の原因 エプスタイン・バーウイルス関連リンパ腫

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • ウィスコット・アルドリッチ症候群

    ウィスコット・アルドリッチ症候群とは? どんな病気か 血小板減少、難治性湿疹、易感染性(感染しやすい)を特徴とし、進行性のTリンパ球機能不全と、一部の抗体欠乏を伴うX連鎖劣性遺伝形式をとる原発性免疫不全症です。 症状の現れ方 初発症状は乳児期の血便、紫斑などの出血傾向で、次いで難治性の湿疹、易感染性が認められ、食物抗原に対する即時型反応も乳児早期から認められます。死亡原因は乳幼児期の出血、感染とリンパ網内系の悪性腫瘍です。この時期を乗り切ると長期生存も可能ですが、長期生存例では自己免疫性疾患、悪性腫瘍の合併が高い頻度でみられます。 検査と診断[…][qlife.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    主に3種類のバーキットリンパ腫があります( 地域性 、 散発性 、 免疫不全 に関するもの)。地域性のバーキットリンパ腫はアフリカで多く発生しており、エプスタイン-バーウイルス関連している一方、散発性のバーキットリンパ腫は世界中で発生しています。免疫不全関連バーキットリンパ腫は、 AIDS の患者さんに最も多くみられます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • リンパ腫

    主に3種類のバーキットリンパ腫があります( 地域性 、 散発性 、 免疫不全 に関するもの)。地域性のバーキットリンパ腫はアフリカで多く発生しており、エプスタイン-バーウイルス関連している一方、散発性のバーキットリンパ腫は世界中で発生しています。免疫不全関連バーキットリンパ腫は、 AIDS の患者さんに最も多くみられます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 濾胞性リンパ腫

    主に3種類のバーキットリンパ腫があります( 地域性 、 散発性 、 免疫不全 に関するもの)。地域性のバーキットリンパ腫はアフリカで多く発生しており、エプスタイン-バーウイルス関連している一方、散発性のバーキットリンパ腫は世界中で発生しています。免疫不全関連バーキットリンパ腫は、 AIDS の患者さんに最も多くみられます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 小児ホジキン病

    バーキット白血病とバーキットリンパ腫はいずれも エプスタイン-バーウイルス (EBV)への感染に関連がありますが、EBV感染は米国よりもアフリカの患者さんに多く発生する傾向があります。組織のサンプルを検査して c-myc 遺伝子 に特定の変化が見つかった場合に、バーキットまたはバーキット様リンパ腫/白血病と 診断 されます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 未分化大細胞型リンパ腫

    バーキット白血病とバーキットリンパ腫はいずれも エプスタイン-バーウイルス (EBV)への感染に関連がありますが、EBV感染は米国よりもアフリカの患者さんに多く発生する傾向があります。組織のサンプルを検査して c-myc 遺伝子 に特定の変化が見つかった場合に、バーキットまたはバーキット様リンパ腫/白血病と 診断 されます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 肺リンパ腫

    主に3種類のバーキットリンパ腫があります( 地域性 、 散発性 、 免疫不全 に関するもの)。地域性のバーキットリンパ腫はアフリカで多く発生しており、エプスタイン-バーウイルス関連している一方、散発性のバーキットリンパ腫は世界中で発生しています。免疫不全関連バーキットリンパ腫は、 AIDS の患者さんに最も多くみられます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 腸リンパ腫

    主に3種類のバーキットリンパ腫があります( 地域性 、 散発性 、 免疫不全 に関するもの)。地域性のバーキットリンパ腫はアフリカで多く発生しており、エプスタイン-バーウイルス関連している一方、散発性のバーキットリンパ腫は世界中で発生しています。免疫不全関連バーキットリンパ腫は、 AIDS の患者さんに最も多くみられます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • エプスタイン・バーウイルス関連リンパ腫

    エプスタインバーウイルス(EBV)関連悪性リンパ腫 :EBV関連悪性リンパ腫(8.3%)があらわれることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には、本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと。 第Ⅰ相パート及び第Ⅱ相パートの安全性評価対象において報告されたEBV関連悪性リンパ腫の発現状況は、以下のとおりでした。[ptcl.jp]

さらなる症状