Create issue ticket

考えれる14県の原因 エストラジオール減少

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    基本情報 効能・効果 詳しく見る 卵巣機能検査 睾丸機能検査 機能性子宮出血 黄体機能不全症 下垂体性男子性腺機能不全症 思春期遅発症 停留睾丸 不妊症 無月経 無排卵周期症 無排卵症 類宦官症 妊娠初期の習慣性流産 妊娠初期の切迫流産 造精機能不全による男子不妊症 低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症の精子形成誘導 注意すべき副作用 詳しく見る 悪心 、 乳房腫大 、 乳房硬結 、 ショック症状 、 顔面潮紅 、 胸内苦悶 、 呼吸困難 、 卵巣過剰刺激症候群 、 卵巣腫大 、 下腹部痛 用法・用量 (主なもの) 詳しく見る[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 更年期障害

    生真面目 ストレスを抱えやすい 人間関係に問題を抱えている 重症化で高血圧になることも 更年期障害は、エストラジオールという女性ホルモンの分泌減少だけが原因ではありません。 心理的要因も関与するため、個人差が非常に大きく、体中どこでも症状が現れます。[epark.jp] エストラジオールという女性ホルモンの分泌も減少します。 すると、この状態を脳が察知して、女性ホルモンを分泌するように指令を出します。 脳は女性ホルモンの分泌を促すように指令を出しているけれども、卵巣では女性ホルモンが不足し分泌できない状態になってしまいます。 この、体の中での矛盾が更年期障害になる原因の一つと考えられています。[epark.jp]

  • 膣肉腫

    したがって、更年期にはいると排卵周期(はいらんしゅうき)も減少し、月経周期も不規則になります。エストロゲンの減少、とくにエストラジオール(卵胞ホルモンの1つ)はその傾向が著しく、50歳ごろには、性成熟期の4分の1 5分の1になるといわれています。そして、閉経により、卵巣由来のエストロゲン、プロゲステロンは急激に減少します。[kotobank.jp]

  • カルマン症候群2型

    カルマン症候群 、聞き慣れない疾患だと思います。カルマン症候群は、 嗅覚性器症候群 とも言い、においがわからない、思春期が起こらない疾患で、頻度は 女性が5.8万人に1人、男性が1万人に1人 です。男性では、 思春期が起こらないために、声変わりしない、性欲がない、ミニペニス、精子形成障害、身長が伸び続け ます。本論文は、カルマン症候群の遺伝子変異に、 HESX1遺伝子 (ES細胞に発現されるホメオボックス遺伝子)変異が含まれる場合があることを初めて示しました。 Fertil Steril 2013; 99: 1831(米国) 要約:[…][ameblo.jp]

  • 黄体ホルモン欠乏

    天然型エストロゲンの17β‐エストラジオール1mgと、黄体ホルモンのレボノルゲストレル0・04mgを主成分とする配合剤で、閉経後のエストロゲン欠乏に伴う骨量減少に奏効する。[yakuji.co.jp] 更年期にE2(エストラジオール)の分泌が低下によって、自律神経失調症状、皮膚の老化、骨塩の減少、コレステロール値の上昇、認知機能の低下、尿失禁、膣粘膜の異常などさまざまな心身の不調をきたします。 これらの症状の改善や進行防止、更年期症状の改善や肌の老化防止、結腸がんの予防などを目的に、女性ホルモンを補充します。[tougouiryou-fukudaclinic.com]

  • 更年期卵巣障害

    生真面目 ストレスを抱えやすい 人間関係に問題を抱えている 重症化で高血圧になることも 更年期障害は、エストラジオールという女性ホルモンの分泌減少だけが原因ではありません。 心理的要因も関与するため、個人差が非常に大きく、体中どこでも症状が現れます。[epark.jp] エストラジオールという女性ホルモンの分泌も減少します。 すると、この状態を脳が察知して、女性ホルモンを分泌するように指令を出します。 脳は女性ホルモンの分泌を促すように指令を出しているけれども、卵巣では女性ホルモンが不足し分泌できない状態になってしまいます。 この、体の中での矛盾が更年期障害になる原因の一つと考えられています。[epark.jp]

  • ヒエンソウ中毒

    、血小板減少 雌性化、骨髄低形成 安息香酸エストラジオール製剤 高カリウム血症、まれに長期使用で血栓症、成長期骨端閉鎖、乳汁分泌抑制、血小板減少症、白血球増多症 再生不良性貧血 子宮蓄膿症(30%なる) 発情延長 無発情 卵巣腫瘍 繁殖能力欠如 グルココルチコイド製剤 内分泌性脱毛 細菌感染・毛包虫症・皮膚糸状菌症に対する感受性が高まる 多毛症[eonet.ne.jp] 、血小板減少 雌性化、骨髄低形成 安息香酸エストラジオール製剤 高カリウム血症、まれに長期使用で血栓症、成長期骨端閉鎖、乳汁分泌抑制、血小板減少症、白血球増多症 再生不良性貧血 子宮蓄膿症(30%なる) 発情延長 無発情 卵巣腫瘍 繁殖能力欠如 肝臓: 肝細胞毒素 肝中毒を起こす薬物 抗痙攀薬による肝中毒 銅関連慢性活動型肝炎 慢性肝炎 溶血性貧血[eonet.ne.jp] 甲状腺機能正常犬に甲状腺ホルモン投与 心臓発作で死亡 ジースインプラント 犬の発情抑制剤 移植中に体重増加、軽度の乳腺発達 まれに脱毛、子宮疾患を起こすことがある 酢酸メゲストロール プロゲストロン 成長ホルモン分泌  糖尿病、副腎皮質抑制、先端肥大症 渇きや食欲の増進 ホンバン ジエチルスチルベステロール 発情誘起 高用量使用時に、貧血、白血球減少[eonet.ne.jp]

  • エストロゲン欠乏

    天然型エストロゲンの17β‐エストラジオール1mgと、黄体ホルモンのレボノルゲストレル0・04mgを主成分とする配合剤で、閉経後のエストロゲン欠乏に伴う骨量減少に奏効する。[yakuji.co.jp]

  • 硬化性腸骨炎

    また、エストロゲン剤「エストラジオール」とプロゲステロンが一緒に配合された商品名「ウェールナラ配合錠」もあります。骨の量の減少を抑制します。通常、閉経後の骨粗鬆症の治療のお薬として使われますが、更年期障害の治療にも使われています。[news.merumo.ne.jp]

  • アンピシリン・スルバクタム合剤

    妊婦へのアンピシリン投与により、総結合型エストリオール、エストリオール グルクロニド、結合型エストロン、エストラジオールの一時的な血清中濃度の減少を呈することがあるので注意すること。[kegg.jp]

さらなる症状