Create issue ticket

考えれる31県の原因 エストラジオール減少

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    抄録 症例. 18歳男性. 8歳時,全身色素沈着. 10歳時発熱,嘔吐,全身倦怠感出現し, Addison病と診断.平成3年,二次性徴遅延にて入院.全身皮膚色素沈着を認め,性毛なく,陰茎,睾丸は小(Tanner stage 1).血中cortisol低値,血中ACH1著明高値,血中testosteroneは低値で, hCG負荷にて上昇し, LHRH負荷時LHは低反応を認めたが, LHRH間欠的持続療法にて血中LH, FSH, inhibin, testosterone上昇と性腺機能の改善を認め,[…][jstage.jst.go.jp]

  • 更年期障害

    生真面目 ストレスを抱えやすい 人間関係に問題を抱えている 重症化で高血圧になることも 更年期障害は、エストラジオールという女性ホルモンの分泌減少だけが原因ではありません。 心理的要因も関与するため、個人差が非常に大きく、体中どこでも症状が現れます。[epark.jp] エストラジオールという女性ホルモンの分泌も減少します。 すると、この状態を脳が察知して、女性ホルモンを分泌するように指令を出します。 脳は女性ホルモンの分泌を促すように指令を出しているけれども、卵巣では女性ホルモンが不足し分泌できない状態になってしまいます。 この、体の中での矛盾が更年期障害になる原因の一つと考えられています。[epark.jp]

  • 性腺機能低下症

    脂肪は減少するがテストステロンからエストラジオールへのアロマターゼ活性を阻害するとこの効果はなくなる。インスリン感受性は改善するが非肥満者では不明。インスリン感受性改善効果はテストステロンの直接作用か脂肪量減少による間接作用か不明。HbA1cへの効果は一致した見解なし。[ohashi-clinic.net] HHでは予想に反してアンドロゲン・エストロゲン受容体、アロマターゼが減少しているがTRTにて回復する。エストラジオール血中濃度と骨密度の相関はテストステロンより強い。TRTの骨への効果はデータがない。TRTのLDL低下作用の報告があるがHDLとTGはほとんど変化しない。[ohashi-clinic.net] エストロゲン拮抗薬クロミフェン、アロマターゼ阻害剤(エストラジオール低下作用)はテストステロン増加作用があることから、HHにエストラジオール低下が関与しないことは明らかである。睡眠時無呼吸症候群もHHには関与しない。脳内のインスリンシグナル減少は肥満、低ゴナドトロピンに関与する。インスリン作用部位は同定されていない。[ohashi-clinic.net]

  • 胆汁うっ滞

    エストラジオール-17β-D-グルクロニド誘発急性肝内胆汁うっ滞ラットに,ウルソデオキシコール酸24及び35mg/kgを,十二指腸内投与したところ,胆汁流量の減少を抑制した [11] . 17α-エチニルエストラジオール誘発慢性肝内胆汁うっ滞ラットに,ウルソデオキシコール酸20及び60mg/kg/日を7日間投与したところ,胆汁流量の減少を抑制[kegg.jp]

  • 過多月経

    主な結果 エストラジオール吉草酸塩とジエノゲストを含むOCがプラセボと比較して過多月経を減少させ生活の質とヘモグロビン濃度を改善させること、しかし軽度の副作用を生じることが2試験で示された。NSAIDsやプロゲストーゲンのような他の治療法と避妊薬を比較した場合のエビデンスは不十分であった。[cochrane.org]

  • 膣肉腫

    したがって、更年期にはいると排卵周期(はいらんしゅうき)も減少し、月経周期も不規則になります。エストロゲンの減少、とくにエストラジオール(卵胞ホルモンの1つ)はその傾向が著しく、50歳ごろには、性成熟期の4分の1 5分の1になるといわれています。そして、閉経により、卵巣由来のエストロゲン、プロゲステロンは急激に減少します。[kotobank.jp]

  • カルマン症候群2型

    「カルマン症候群」の患者さんのために 岡本内科こどもクリニック院長 元奈良県立医科大学内分泌代謝内科教授 現畿央大学客員教授 岡本 新悟 はじめに[…][okamotonaikakodomo.com]

  • 黄体ホルモン欠乏

    天然型エストロゲンの17β‐エストラジオール1mgと、黄体ホルモンのレボノルゲストレル0・04mgを主成分とする配合剤で、閉経後のエストロゲン欠乏に伴う骨量減少に奏効する。[yakuji.co.jp] 更年期にE2(エストラジオール)の分泌が低下によって、自律神経失調症状、皮膚の老化、骨塩の減少、コレステロール値の上昇、認知機能の低下、尿失禁、膣粘膜の異常などさまざまな心身の不調をきたします。 これらの症状の改善や進行防止、更年期症状の改善や肌の老化防止、結腸がんの予防などを目的に、女性ホルモンを補充します。[tougouiryou-fukudaclinic.com]

  • 卵巣過剰刺激症候群

    血管内脱水から尿量の減少を自覚することもある。 【検査所見】 卵巣腫大:超音波所見,血液学的所見(エストラジオールの異常高値)。 血管透過性の亢進:血液学的所見(低蛋白血症,電解質異常)。 サードスペースへの体液貯留:触診所見(浮腫),超音波所見(腹水),胸部X線所見(胸水)。[jmedj.co.jp]

  • 肝外胆汁うっ滞

    エストラジオール-17β-D-グルクロニド誘発急性肝内胆汁うっ滞ラットに,ウルソデオキシコール酸24及び35mg/kgを,十二指腸内投与したところ,胆汁流量の減少を抑制した [11] . 17α-エチニルエストラジオール誘発慢性肝内胆汁うっ滞ラットに,ウルソデオキシコール酸20及び60mg/kg/日を7日間投与したところ,胆汁流量の減少を抑制[kegg.jp]

さらなる症状