Create issue ticket

考えれる7県の原因 ウシ流産菌

  • ブルセラ症

    Brucella abortus - ウシ (北米ではバイソンとエルクも) - バング熱とも ウシでは精巣炎、陰嚢の腫大、熱感。 B. suis - トナカイ、齧歯(げっし)目、ブタ - ブタ流産病とも ブタでは慢性炎症に起因する精巣炎。[ja.wikipedia.org]

  • カンピロバクター腸炎

    カンピロバクターとは 古くからウシやヒツジなどの家畜で流産や腸炎を起こすとして注目されていましたが、1970年代に入りヒトにも腸炎を起こすことが判明し、我が国においても1982年には食品衛生法で厚生省に報告する食中毒事件票の「病因物質の種別」の中に加えられ、食中毒起因菌として指定されました。[pref.aichi.jp] ヒトでは糞便、ウシでは流産胎子の胃、盲腸内容物を材料として本の分離を行う。分離にはSkirrow培地やCCDA培地などの選択培地を使用する。ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) による検出、同定も可能である。[ja.wikipedia.org] A2 カンピロバクターは、家畜の流産、胃腸炎、肝炎等の原因として獣医学分野で注目されていた菌で、ニワトリ、ウシ等の家きんや家畜をはじめ、ペット、野鳥、野生動物など多くの動物が保菌しています。[mhlw.go.jp]

  • 食中毒

    A2 カンピロバクターは、家畜の流産、胃腸炎、肝炎等の原因として獣医学分野で注目されていた菌で、ニワトリ、ウシ等の家きんや家畜をはじめ、ペット、野鳥、野生動物など多くの動物が保菌しています。[mhlw.go.jp]

  • 食品媒介疾患

    A2 カンピロバクターは、家畜の流産、胃腸炎、肝炎等の原因として獣医学分野で注目されていた菌で、ニワトリ、ウシ等の家きんや家畜をはじめ、ペット、野鳥、野生動物など多くの動物が保菌しています。[mhlw.go.jp]

  • リステリア症

    本菌で汚染された乳製品や食肉などを介してヒトに感染し、リステリア症の原因となるほか、ヒツジやウシなどの家畜に感染して流産や敗血症の原因になる、人獣共通感染症の病原体の一つである。 体の周囲に4本の鞭毛(周毛性鞭毛)を持ち、これを利用して水中などで運動する。ただしこの鞭毛は25 培養では観察されるが、37 ではしばしば失われる。[ja.wikipedia.org]

  • ブルセラ菌

    Brucella abortus - ウシ (北米ではバイソンとエルクも) - バング熱とも ウシでは精巣炎、陰嚢の腫大、熱感。 B. suis - トナカイ、齧歯(げっし)目、ブタ - ブタ流産病とも ブタでは慢性炎症に起因する精巣炎。[ja.wikipedia.org]

  • カンピロバクター属

    A2 カンピロバクターは、家畜の流産、胃腸炎、肝炎等の原因として獣医学分野で注目されていた菌で、ニワトリ、ウシ等の家きんや家畜をはじめ、ペット、野鳥、野生動物など多くの動物が保菌しています。[mhlw.go.jp]

さらなる症状