Create issue ticket

考えれる46県の原因 ウシ流産菌

  • ブルセラ症

    雌では胎盤での本の増殖による胎盤炎、妊娠後期(ウシでは妊娠6 8ヶ月、イヌでは45 55日)に死流産(常習的)、子宮内膜炎、乳汁中への排が認められます。雄では精巣炎、精巣上体炎が認められます。季節繁殖する家畜・野生動物では感染に季節性が認められ、死流産に伴って群れの中に感染が急激に広まります。[pref.fukui.lg.jp] Brucella abortus - ウシ (北米ではバイソンとエルクも) - バング熱とも ウシでは精巣炎、陰嚢の腫大、熱感。 B. suis - トナカイ、齧歯(げっし)目、ブタ - ブタ流産病とも ブタでは慢性炎症に起因する精巣炎。[ja.wikipedia.org] [主な宿主] Brucella abortus - ウシ (北米ではバイソンとエルクも) - バング熱とも B. suis - ブタ - ブタ流産病とも B. melitensis - ヒツジとヤギ - マルタ熱または地中海熱とも B. ovis - ヒツジ B. canis - イヌ :Brucella canisがヒトにときとしてイヌ[yamauchi-iin.com]

  • 食中毒

    A2 カンピロバクターは、家畜の流産、胃腸炎、肝炎等の原因として獣医学分野で注目されていた菌で、ニワトリ、ウシ等の家きんや家畜をはじめ、ペット、野鳥、野生動物など多くの動物が保菌しています。[mhlw.go.jp]

  • クレブシエラ属

    1913年にMacFadyeanとStockmanによって、流産したウシから初めて分離されたにその形状と運動性からVibrio fetus と命名されたが、性状が異なることから新しい属とされた(C. fetus)。[eiken.pref.kanagawa.jp] カンピロバクター( Campylobacter )は代表的食中毒原因で、 C. jejuni や C. coli がある。[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • シュードモナス属

    1913年にMacFadyeanとStockmanによって、流産したウシから初めて分離されたにその形状と運動性からVibrio fetus と命名されたが、性状が異なることから新しい属とされた(C. fetus)。[eiken.pref.kanagawa.jp] カンピロバクター( Campylobacter )は代表的食中毒原因で、 C. jejuni や C. coli がある。[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • カンピロバクター腸炎

    細菌性下痢症の原因菌としては、赤痢菌、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、コレラ菌、サルモネラ菌などが代表的なものであるが、このカンピロバクター・ジェジュニイ Campylobacter jejuni は微好気性のグラム陰性、彎曲 (わんきょく) した桿菌 (かんきん) で、元来、ウシ流産の原因として獣医学領域で重要視されていたものの同類である[kotobank.jp] 今回はカンピロバクター食中毒の発生状況、本の特徴や食中毒予防のポイントについて解説する。 カンピロバクターのプロフィル の性状と特徴: カンピロバクター ( Campylobacter )は、ヒツジやウシ流産としてのほか人畜共通疾患の原因菌として知られていたが、最近はむしろ集団下痢症食中毒の原因菌として注目されている。[asama-chemical.co.jp] カンピロバクターとは 古くからウシやヒツジなどの家畜で流産や腸炎を起こすとして注目されていましたが、1970年代に入りヒトにも腸炎を起こすことが判明し、我が国においても1982年には食品衛生法で厚生省に報告する食中毒事件票の「病因物質の種別」の中に加えられ、食中毒起因菌として指定されました。[pref.aichi.jp]

  • エンテロバクター

    1913年にMacFadyeanとStockmanによって、流産したウシから初めて分離されたにその形状と運動性からVibrio fetus と命名されたが、性状が異なることから新しい属とされた(C. fetus)。[eiken.pref.kanagawa.jp] カンピロバクター( Campylobacter )は代表的食中毒原因で、 C. jejuni や C. coli がある。[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • サルモネラ感染症

    ブルセラ症 H00325 バング熱 流産熱 A231 ウシ流産によるブルセラ症 ブタ流産菌病 A232 ブタ流産菌によるブルセラ症 ブルセラ症 ブルセラ症性脊椎炎 マルタ熱 A239 ブルセラ症, 詳細不明 鼻疽 A240 鼻疽 H00316 急性類鼻疽 類鼻疽敗血症 類鼻疽肺炎 A241 急性及び劇症類鼻疽 H00317 亜急性類鼻疽[kegg.jp] A213 胃腸野兎病 全身性野兎病 A217 全身性野兎病 野兎病 A219 野兎病, 詳細不明 皮膚炭疽 A220 皮膚炭疽 H00328 肺炭疽 A221 肺炭疽 胃腸炭疽 A222 胃腸炭疽 炭疽敗血症 A227 炭疽敗血症 炭疽髄膜炎 A228 その他の型の炭疽 炭疽 A229 炭疽, 詳細不明 地中海熱 A230 メリテンジスによる[kegg.jp]

  • 食品媒介疾患

    A2 カンピロバクターは、家畜の流産、胃腸炎、肝炎等の原因として獣医学分野で注目されていた菌で、ニワトリ、ウシ等の家きんや家畜をはじめ、ペット、野鳥、野生動物など多くの動物が保菌しています。[mhlw.go.jp]

  • 化膿性筋

    そのうち、 C. fetus subsp. fetus は、ヒツジやウシ、またヒトの流産として古くから知られている。欧米では70歳以上の高齢者での症例報告が多く、疾患別では敗血症が約7割を占めている。一方、本邦では欧米に比べ症例報告数は少ないが、髄膜炎、敗血症、関節炎、下痢症など、多彩な症例報告がみられる病原細菌である。[idsc.nih.go.jp]

  • 腸炎エルシニア

    ブルセラ症 H00325 バング熱 流産熱 A231 ウシ流産によるブルセラ症 ブタ流産菌病 A232 ブタ流産菌によるブルセラ症 ブルセラ症 ブルセラ症性脊椎炎 マルタ熱 A239 ブルセラ症, 詳細不明 鼻疽 A240 鼻疽 H00316 急性類鼻疽 類鼻疽敗血症 類鼻疽肺炎 A241 急性及び劇症類鼻疽 H00317 亜急性類鼻疽[kegg.jp] 1913年にMacFadyeanとStockmanによって、流産したウシから初めて分離されたにその形状と運動性からVibrio fetus と命名されたが、性状が異なることから新しい属とされた(C. fetus)。[eiken.pref.kanagawa.jp] A213 胃腸野兎病 全身性野兎病 A217 全身性野兎病 野兎病 A219 野兎病, 詳細不明 皮膚炭疽 A220 皮膚炭疽 H00328 肺炭疽 A221 肺炭疽 胃腸炭疽 A222 胃腸炭疽 炭疽敗血症 A227 炭疽敗血症 炭疽髄膜炎 A228 その他の型の炭疽 炭疽 A229 炭疽, 詳細不明 地中海熱 A230 メリテンジスによる[kegg.jp]

さらなる症状