Create issue ticket

考えれる50県の原因 インフルエンザ肺炎

  • 気管支炎

    感染性(ウイルス、細菌)… インフルエンザ、アデノウイルス、百日咳菌、肺炎球菌、A群溶連菌、RSウイルス等 その他…NO2、SO2、塩素ガス、その他気体刺激物等 先駆症状として風邪症状があらわれ、次第に咳や痰等の急性上気道カタル症状を呈する。発熱(軽度)、全身倦怠感、頭が重い等の症状を併発することも多い。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    また, 漢方薬の中にはサイトカインの調節に役立つものがあり, インフルエンザ肺炎インフルエンザ脳症の治療への活用が期待される.[doi.org] 抄録 毎年,季節性インフルエンザが流行し,高齢者,乳幼児,妊婦,および慢性疾患患者がインフルエンザを発症した場合は,急性脳症や肺炎などを合併し死亡するケースも報告されている.さらに,今後,病原性の高いインフルエンザウイルスや薬剤耐性ウイルスが出現し,それらの感染拡大の可能性があるため,効果的なワクチンや治療薬を早急に開発する必要がある.生体[doi.org] 主要な合併症として肺炎インフルエンザ脳症がある。 潜伏期間は1–2日が通常であるが、最大7日までである。 A型インフルエンザはとりわけ感染力が強く、症状も重篤になる傾向がある。 まれにA型、B型の両方を併発する場合もある。 肺炎や上気道の細菌感染症を続発し死亡することがある。[ja.wikipedia.org]

  • 扁桃炎

    扁桃炎を起こすウイルス アデノウイルス( 咽頭結膜熱(プール熱)の原因・症状・治療 ) 単純ヘルペスウイルス EBウイルス エンテロウイルス 扁桃炎を起こす細菌 溶連菌 肺炎球菌 インフルエンザ菌 これらの病原体がノドや扁桃で炎症を起こすために、扁桃炎を起こします。 次のページでは、扁桃炎の治療法について説明します。[allabout.co.jp] アデノウイルス 単純ヘルペスウイルス EBウイルス エンテロウイルス 溶連菌 肺炎球菌 インフルエンザ菌 黄色ブドウ球菌溶連菌感染の場合の合併症として、下記の3つがあげられる。 急性糸球体腎炎体が急にむくみ、尿が出ない、あるいは血尿や蛋白尿が出たりするなどの症状がある。塩分を制限して、安静にしておく必要がある。[ja.wikipedia.org]

  • 急性気管支炎

    感染性(ウイルス、細菌)… インフルエンザ、アデノウイルス、百日咳菌、肺炎球菌、A群溶連菌、RSウイルス等 その他…NO2、SO2、塩素ガス、その他気体刺激物等 先駆症状として風邪症状があらわれ、次第に咳や痰等の急性上気道カタル症状を呈する。発熱(軽度)、全身倦怠感、頭が重い等の症状を併発することも多い。[ja.wikipedia.org]

  • モラクセラ・カタラーリス

    ヒトでの 肺炎 ・ 気管支炎 などの 呼吸器感染症 の起炎菌として、 肺炎球菌 ( Streptococcus pneumoniae )、 インフルエンザ菌 ( Haemophilus influenzae )、とともに代表的な細菌である。 副鼻腔炎 、化膿性角結膜炎も起こすことが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第5回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年11月4日 14:30 16:30 場所 厚生労働省専用18会議室(厚生労働省17階) 議事 高城生活習慣病対策室長補佐 それでは、若干定刻まで時間がございますけれども、本日御参集の委員の皆様はすべてそろわれておりますので、ただいまから第5回の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきます。[…][mhlw.go.jp]

  • 急性中耳炎

    起因菌としては、インフルエンザ菌、肺炎球菌の2つが最も多く、それにモラクセラ・カタラーリスが続く。この3種類の細菌で細菌感染による中耳炎の9割以上を占める。これらの細菌では抗生物質に対する耐性化が進んできており問題となっている。[ja.wikipedia.org] 起炎菌は5歳以下ではインフルエンザ菌が、それ以後は溶血性連鎖球菌や肺炎球菌が多い。 経外耳道性 外耳道と中耳は通常鼓膜で隔てられているが、鼓膜穿孔によって細菌が直接中耳に侵入したり、鼓膜に感染した後中耳に波及することがある。頻度は少ない。 血行性 猩紅熱、ジフテリア、インフルエンザなどの感染症で血行性に感染することがある。[ja.wikipedia.org]

  • 中耳炎

    起因菌としては、インフルエンザ菌、肺炎球菌の2つが最も多く、それにモラクセラ・カタラーリスが続く。この3種類の細菌で細菌感染による中耳炎の9割以上を占める。これらの細菌では抗生物質に対する耐性化が進んできており問題となっている。[ja.wikipedia.org] 14歳以上の患者では,肺炎球菌 ,A群 β 溶血性レンサ球菌,および黄色ブドウ球菌 が最も一般的であり,インフルエンザ菌 が続く。 まれに,中耳の細菌感染が局所的に拡がり,急性乳様突起炎,錐体尖炎,または内耳炎を引き起こす。[msdmanuals.com] 年長の乳児および小児(14歳未満)では,最も一般的な起因菌は肺炎球菌 , Moraxella(Branhamella) catarrhalis および分類不能型のインフルエンザ菌 である;A群 β 溶血性レンサ球菌および黄色ブドウ球菌 はそれほど一般的な原因ではない。[msdmanuals.com]

  • うっ血性心不全

    鷺沢萠さん 18歳で文学界新人賞を最年少受賞した作家の鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ、本名・松尾めぐみ)さんが、東京都目黒区の自宅で死去した。35歳だった。関係者の話によると、自宅で倒れているのを、訪れた知人が12日夜に発見した。死亡時刻は11日未明、心不全のためとみられる。葬儀は近親者のみで行う。自宅は公表していない。[…][asahi.com]

  • 細菌性肺炎

    肺炎が 気管支炎 にとどまるか 大葉性肺炎 へと広がるかは、菌の毒力と宿主の抵抗力のバランスで決まる。市中肺炎では、 肺炎球菌 と インフルエンザ菌 が重要であり、院内肺炎の起炎菌としては 緑膿菌 や クレブシエラ などが重要である。 また、 MRSA の院内感染が問題となっている。[ja.wikipedia.org] その違いは肺炎の起炎菌の違いによるものである。 新生児を除く乳幼児では、肺炎の3大起炎菌といえるのはインフルエンザ桿菌、肺炎球菌、モラキセラ・カタラーリスである。[ja.wikipedia.org] グラム陽性菌 [ 編集 ] 肺炎球菌 は肺炎の原因の主たるものである。 グラム陽性菌 としては他に 黄色ブドウ球菌 がよくみられる。 グラム陰性菌 [ 編集 ] インフルエンザ菌 、 モラクセラ が多くみられる。次いで クレブシエラ菌 (肺炎桿菌)、 大腸菌 、 緑膿菌 などが散見される。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状