Create issue ticket

考えれる8県の原因 インターロイキン1β 増加

  • 性腺機能低下症

    Kisspeptinは視床下部に存在する神経ペプチドであるがゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)に作用してゴナドトロピン、テストステロン増加作用がある。Kisspeptin ニューロンにはインスリン・レプチン受容体がある。TNFαやインターロイキン-1βは視床下部のGnRH抑制作用がある。[ohashi-clinic.net] これら炎症介在物質は肥満で増加することが知られている。 ⑤ 低テストステロンと肥満は両方向性である。前立腺癌等治療薬リュープリンは下垂体GnRH受容体作動薬だが通常のGnRH受容体感受性を弱めHHを招くが脂肪量を増加させ糖尿病発症リスクを高める。[ohashi-clinic.net]

  • ワイバーン・メゾン症候群

    酸化したLDLはVCAM-1の発現を増強するが、それは、炎症部位で生成する腫瘍壊死因子α(TNF)およびインターロイキン1βのようなサイトカインで刺激された内皮細胞にのみあてはまる(上記Jaken et al, 2000)。[ekouhou.net] インビボではCAMの発現増加は、アテローム性動脈硬化病変を有するヒトの動脈と、マウスおよびウサギ動脈上の易病変部位とに局在する(上記 Koya et al, 1998; Xia et al., J. Clin. Invest. 98:2018-2026, 1996)。[ekouhou.net]

  • シングルトン・メルテン症候群

    酸化したLDLはVCAM-1の発現を増強するが、それは、炎症部位で生成する腫瘍壊死因子α(TNF)およびインターロイキン1βのようなサイトカインで刺激された内皮細胞にのみあてはまる(上記Jaken et al, 2000)。[ekouhou.net] インビボではCAMの発現増加は、アテローム性動脈硬化病変を有するヒトの動脈と、マウスおよびウサギ動脈上の易病変部位とに局在する(上記 Koya et al, 1998; Xia et al., J. Clin. Invest. 98:2018-2026, 1996)。[ekouhou.net]

  • ムコール症

    SIRSは多臓器不全へ発展する点が重要で、炎症性サイトカイン(TNF-α、インターロイキン-1βインターロイキン-6など)の測定が推奨されます。 体温:38度以上、ないし36度以下 脈拍90回/分以上 呼吸数増加(20回/分以上)またはPaCO2が32 Torr以下 白血球数12,000/μl以上、ないし4,000/μl 以下。[nagasaki-clinic.com]

  • 鎌状赤血球サラセミア病

    […] in vitroによる検討ではTET2欠損マクロファージがNLRP3インフラマソームを介したインターロイキン1β分泌を増加させた。NLRP3阻害により、野生型細胞とTET2欠損細胞のキメラマウスは粥腫形成が減少した。[rh.med.tohoku.ac.jp]

  • X連鎖Keratosis Follicularis Spinulosa Decalvans

    酸化したLDLはVCAM-1の発現を増強するが、それは、炎症部位で生成する腫瘍壊死因子α(TNF)およびインターロイキン1βのようなサイトカインで刺激された内皮細胞にのみあてはまる(上記Jaken et al, 2000)。[ekouhou.net] インビボではCAMの発現増加は、アテローム性動脈硬化病変を有するヒトの動脈と、マウスおよびウサギ動脈上の易病変部位とに局在する(上記 Koya et al, 1998; Xia et al., J. Clin. Invest. 98:2018-2026, 1996)。[ekouhou.net]

  • アンドログラフィス属

    インターロイキンβ(IL-1β)は、単球、マクロファージ及び樹状細胞などの細胞により分泌されるサイトカインであり、広範囲の免疫反応及び炎症反応を仲介する。」 以上引用 参照 センシンレン由来の粗抽出物 このことからセンシンレンから有効成分を単離する技術は特許申請がされています。[tubokusa.com] TNF-αは多様な生物学的活性、すなわち: (1)癌細胞を殺す、又は癌細胞の増殖を阻害する活性、 (2)好中性顆粒球の食作用を増進する活性、 (3)感染性病原体を殺す活性、及び (4)炎症反応中、血管内皮細胞上の接着分子の発現を増加させる活性を有する。[tubokusa.com]

  • シンゼル・ギーディオン症候群

    酸化したLDLはVCAM-1の発現を増強するが、それは、炎症部位で生成する腫瘍壊死因子α(TNF)およびインターロイキン1βのようなサイトカインで刺激された内皮細胞にのみあてはまる(上記Jaken et al, 2000)。[ekouhou.net] インビボではCAMの発現増加は、アテローム性動脈硬化病変を有するヒトの動脈と、マウスおよびウサギ動脈上の易病変部位とに局在する(上記 Koya et al, 1998; Xia et al., J. Clin. Invest. 98:2018-2026, 1996)。[ekouhou.net]

さらなる症状