Create issue ticket

考えれる6県の原因 インスリン様成長因子 1 減少

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 成長ホルモン分泌不全

    成長のしくみ 生まれたばかりの赤ちゃんの身長は約50cmですが、1歳までに25cm、2歳までに10cm、3歳までに8cm、4歳までに7cm伸びて約100cmになります。それ以降の年間伸び率は6cm前後でゆっくりと低下し、思春期前に最低となって、その後思春期の急激な成長スパートが始まって最終身長にいたります。[…][sapporo-childrendo.com]

  • Woodhouse-Sakati 症候群
  • 急性呼吸不全

    異化分子である 炎症性サイトカイン やノルエピネフリンの血中濃度が、 成長ホルモン や インスリン 成長因子-1(IGF-1 : insulin-like growth facfor-l)などの同化因子に対して優位となっている。近年、FFMの減少と遺伝的素因との関連も報告されている( 参考文献9-4-4 )。[nutri.co.jp]

  • リー症候群

    即ち、ラパマイシンが、mTORの標的であるリボソーム蛋白質S6やインスリン成長因子型受容体などのリン酸化を抑制することで代謝経路を調節し、体脂肪や肝臓における脂肪の減少を抑えている可能性を示唆した。[neurol.med.kyoto-u.ac.jp]

  • グリセロールキナーゼ不足

    この研究グループでは、この代謝調節を引き起こす内分泌因子の検索を進め、成長期のラットが、全アミノ酸量が不足している食餌(窒素量が要求量に達していない食餌)や特定のアミノ酸が要求量に達していない食餌(栄養価の低い食餌)を摂取すると、プロインスリンと相同性が高いペプチドホルモンであるインスリン成長因子(IGF)-Iの産生が低下すると同時に、IGF[proposal.ducr.u-tokyo.ac.jp] の血中寿命を延長するIGFBP-3が減少、IGFをクリアランスするIGFBP-1産生が増加する。[proposal.ducr.u-tokyo.ac.jp]

さらなる症状