Create issue ticket

考えれる3県の原因 インスリン様成長因子 1 減少

結果を表示する: English

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 成長ホルモン分泌不全

    下垂体性矮小症(かすいたいせいわいしょうしょう)とは発育期以前に下垂体からの成長ホルモン(GH)の分泌が低下することにより成長不良などを示す病態。犬や牛で認められる。犬ではジャーマン・シェパードに好発。下垂体前葉の発生異常、脱落、萎縮などによりGHの合成あるいは分泌が抑制されるために生じる。成長不良や皮膚症状を示す。血漿中のGHあるいはインスリン様成長因子-1(IGF-1)の低値をもって診断する。治療にはヒトGHを用いる。 クロニジン刺激試験 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006[ja.wikipedia.org]

  • Woodhouse-Sakati 症候群

さらなる症状