Create issue ticket

考えれる31県の原因 インスリン抵抗性

  • 肥満

    抄録 ある一定濃度のインスリンの存在下で,正常に発揮されるインスリン効果がみられない状態がインスリン抵抗である.当初は,肥満者やインスリン非依存性糖尿病患者等,ある特殊な病態にみられる変化と考えられていたが,最近になって,想像された以上に多くの疾患がこの病態に関与していることが明らかとなった.さらにインスリン抵抗を基礎病変として,糖代謝異常[doi.org] TNFαのこれらの作用は著明なインスリン抵抗を示す。 さらに加えて、脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンは、TNFαや遊離脂肪酸と異なり、インスリン受容体の感受を上げるが、脂肪細胞の肥大化によりアディポネクチンの分泌が低下し、結果としてインスリン抵抗を示す。 肥満は健康へ多大な影響を及ぼすことが多い。[ja.wikipedia.org] 血症を生じ,それが白色脂肪組織における軽度炎症,さらには全身インスリン抵抗に寄与することが示された.これらの知見は腸内細菌叢が肥満およびメタボリックシンドロームの予防・治療の標的となりうることを示唆する.実際,プレバイオティクスおよびプロバイオティクスがこれらの疾患を予防・改善することが報告されている.本総説では,この数年で急速に進展[doi.org]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    月経異常 排卵が生じないため基礎体温が1相性の月経異常を呈する 不妊 排卵が生じないことによる 適正な体重、体脂肪率への減量 糖尿病治療用のインスリン抵抗改善薬「メトホルミン」の投与必ずしも抗インスリン性自体が見られない場合でも、症状が改善するケースがある。[ja.wikipedia.org]

  • メタボリックシンドローム

    1999年、WHOはインスリン抵抗症候群の診断基準を初めて定義し、メタボリック症候群と命名した が、ヨーロッパインスリン抵抗研究会(EGIR)はこれを改変して糖尿病を除外し、再びインスリン抵抗症候群と命名した。[ja.wikipedia.org] しかし、NCEP診断基準はインスリン抵抗の直接的なマーカーを含まないため、2003年、アメリカ臨床内分泌学会(AACE)は耐糖能異常を含み、糖尿病は除外したインスリン抵抗症候群の主観的な診断基準を提唱した。[ja.wikipedia.org] 1993年、Hotamisligilは肥満とインスリン抵抗の間に炎症(TNFα)が介在することを突き止め、最近のいろいろな遺伝子操作による動物実験では、身体計測上の肥満や内臓脂肪ではなく、脂肪細胞の肥大化・壊死とそれを冠状に取り囲むマクロファージ(炎症細胞)の集積が、炎症とインスリン抵抗をもたらし、これがメタボリック症候群の病態の基礎[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    インスリンの分泌が低下した場合 インスリンは出ているものの、それによる血糖降下作用がうまくいかなくなった場合(インスリン抵抗が出現している場合) 血糖値がおよそ180 mg/dLを越えると、腎臓の尿細管でグルコースの再吸収が追いつかなくなり尿に排出されるようになる。つまり尿糖は糖尿病の原因ではなく結果である。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    多量の清涼飲料水の摂取は、急激な血糖・インスリン濃度の上昇をもたらし、耐糖能異常、インスリン抵抗にもつながる可能性が指摘されている。[ja.wikipedia.org] 慢性に高血糖が持続すると膵β細胞機能が障害されると共に、過剰な血糖をグリコーゲンに転換して蓄える筋肉や肝臓、脂肪に転換して蓄える脂肪組織においてもインスリン抵抗が生じて更なる高血糖をもたらし、これがインスリン分泌不全、インスリン抵抗を更に増悪させ、糖尿病状態を一層悪化させる状態が糖毒性として取り上げられている。[ja.wikipedia.org] 2型糖尿病(にがたとうにょうびょう、ICD-10:E11)は、インスリン分泌低下と感受性低下の二つを原因とする糖尿病である。欧米では感受低下(インスリン抵抗が高い状態)のほうが原因として強い影響をしめすが、日本では膵臓のインスリン分泌能低下も重要な原因である。少なくとも初期には、前者では太った糖尿病、後者ではやせた糖尿病となる。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    インスリン抵抗、炎症、内皮機能障害は複雑に絡み合った病態であり、一面的にはとらえにくい。 検査 [ 編集 ] インスリン抵抗の存在は、空腹時の高インスリン血症、または異常に多量の外因インスリン投与によって示唆される。 定量的には、グルコースクランプ法が最も正確にインスリン抵抗状態をはかることができる。[ja.wikipedia.org] 抄録 2型糖尿病のインスリン抵抗には,遺伝的に規定された原発インスリン抵抗と,可逆的な二次インスリン抵抗がある.原発インスリン抵抗として,骨格筋の糖取り込み障害が重要視されており,その原因遺伝子の検索が行われている.二次インスリン抵抗を惹起する因子として,グルコサミン過剰産生,高遊離脂肪酸血症, TNFαなどの関与が示唆されており[doi.org] 多量の清涼飲料水の摂取は、急激な血糖・インスリン濃度の上昇をもたらし、耐糖能異常、インスリン抵抗にもつながる可能性が指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • 病的肥満
  • 糖尿病

    そこで、福岡県久山町の健診データを用いて追跡研究を行ったところ、2型糖尿病発症率は、マグネシウム摂取量の上昇に伴い低下し、特にインスリン抵抗、慢性炎症、飲酒習慣を有する患者でその効果が高いことが示された。[medical.nikkeibp.co.jp] 多量の清涼飲料水の摂取は、急激な血糖・インスリン濃度の上昇をもたらし、耐糖能異常、インスリン抵抗にもつながる可能性が指摘されている。[ja.wikipedia.org] 清涼飲料水が糖尿病の発症させる理由 清涼飲料水は食事に追加して余剰のエネルギーを摂取することになり、糖尿病の危険因子である肥満につながる可能が考えられます。また、多量の清涼飲料水の摂取は、急激な血糖・インスリン濃度の上昇に寄与し、耐糖能異常、インスリン抵抗にもつながります。[epi.ncc.go.jp]

  • 痛風性関節炎

    メタボリックシンドロームの特徴は、ウエストが太いこと(過剰な腹部の脂肪が原因)、血圧が高いこと、 インスリン の作用が効きにくい( インスリン 抵抗といいます)か血糖値が高いこと、血液中のコレステロールや他の脂肪の値が高いことです。 痛風の患者では、心血管疾患がよくみられます。[msdmanuals.com]

  • クラインフェルター症候群

    Klinefelter症候群は, 原発性腺機能低下症を呈する染色体異常で, 高率に糖尿病を合併する.糖尿病の成因は不明であるが, インスリン抵抗が主体と考えられている, 今回の報告は, Kiinefelter症候群におけるインスリン抵抗をグルコースクランプ法で確認したはじめてのものであり, チアゾリジン誘導体が効果を示したことと併せて[doi.org] 強化療法へ切り替えたが, 合計46単位/日と大量のインスリンを要しインスリン抵抗が示唆された.血糖コントロールが良好になってから施行したグルコースクランプ法でMCR (Metabolic clearance rateof glucose) 1.0ml/kg/minと著しいインスリン抵抗を確認した.2000年 (平成12年) 1月よりtroglitazone200mg[doi.org] を開始 (途中pioglitazone 30mgへ変更) したところ効果を示しインスリンが不要となった.2001年 (平成13年) 4月現在gliclazide 120mg, piogiitazone30mgでHbA 1 c6.1%と血糖コントロール良好である.[doi.org]

さらなる症状