Create issue ticket

考えれる399県の原因 インスリン増加

  • 肥満

    膵臓癌 胃癌 食道癌 直腸結腸癌( 大腸癌) 高脂血症 高コレステロール血症 高中性脂肪血症 高血圧 動脈硬化 虚血性心疾患 脳卒中 閉塞性動脈硬化症 糖尿病…インスリン抵抗性の獲得によると考えられている。[ja.wikipedia.org] 体重負担による、変形性関節症 体重が1kg増加するごとに膝関節への負荷も3kgほど増加するとされ、肥満は変形性膝関節症や変形性股関節症といった関節症のリスクを助長することが分かっている。また、5kgの体重増加に伴って変形性膝関節症のリスクは36%上昇するというデータも存在する。[ja.wikipedia.org]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    細胞がインスリンの作用に抵抗性を示すと、血液中に糖が蓄積するため、それを減らすために膵臓からの インスリン の分泌量が増加します。 インスリン 抵抗性が中等度または重度になると、糖尿病と診断されます。[msdmanuals.com] PCOSの中には、インスリン抵抗性のある方がいらっしゃいます。 インスリン抵抗性があると、通常よりもインスリンが効きにくくなるため、インスリンの分泌量が増加して、高インスリン血症という症状へつながります。その結果、卵巣からのアンドロゲン(男性ホルモン)の産生を増加させ、卵胞が発育しにくかったり、卵胞閉鎖を引き起こしたりします。[ivf-kyono.com] 睡眠障害の合併症を引き起こします 男性ホルモンの増加によって、高度肥満、インスリン抵抗性や糖尿病の発症を 生じやすい病気です。多嚢胞性卵巣症候群が発症すると、体重増加によって、 上気道が閉塞しやすくなります。 その結果、閉塞型睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea:OSA)を発症します。[sleep-doctor.info]

  • 糖尿病

    すなわち、膵臓から分泌されるインスリンの作用が不足すると、それを補うために高インスリン血症やIGF-I(インスリン様成長因子1)の増加が生じ、これが肝臓、膵臓などの部位における腫瘍細胞の増殖を刺激して、がん化に関与すると推察されています。[epi.ncc.go.jp] 清涼飲料水の甘味のために使用されているフルクトースの摂取は、インスリン抵抗性との関連が強い内臓脂肪量増加量との関連が報告されており、血中尿酸値を上昇させ、肥満や糖尿病を進展させる可能性があります。[epi.ncc.go.jp] 体に不可欠な「脂肪の真価」 更新日 2017年11月5日 糖尿病と老年症候群 更新日 2017年10月2日 糖尿病 高齢者の注意点 更新日 2017年10月2日 インスリンの働きが悪化し、血液中のブドウ糖が増加する糖尿病と...[nhk.or.jp]

  • 妊娠後期

    子育てタクシー事前登録 「子育てタクシー」とは? お子様を連れての外出やお子様だけの送迎の際に、お母様のお手伝い、あるいはお母様に代わってお子様をお世話するタクシーの事です。 子育て家庭のさまざまなご要望にお応えする事で「お母様」と「お子様」の「安心・安全」をお約束します。 事前登録とご利用の際の丁寧な打合せを行います。 料金は通常のタクシーと同じ、特別料金は一切かかりません。 (メーター料金 迎車料金300円又は時間制運賃) 全国子育てタクシー協会の研修を受けた安心ドライバーがお迎えに伺います。 こうのとりコース 陣痛119番 事前登録しておけば陣痛が来ても東條ウイメンズホスピタルへ直行[…][tojowomens.com]

  • 高カリウム血症

    抄録 持続血液濾過透析(CHDF)中にメシル酸ナファモスタット(NM)による高カリウム血症を生じた慢性腎不全症例を経験した.症例は68歳の男性.肺水腫のため緊急入院し処置中に心停止を起こした.すぐに蘇生し人工呼吸下にNM30mg・hr -1 を用いたCHDFを行った.入院時の血清K は4.7mEq・l -1 であったが,CHDF開始20時間後から急速に上昇し最高6.5mEq・l -1[…][doi.org]

  • 慢性腎不全

    Home CKD(慢性腎臓病) 東葛クリニック病院 慢性腎不全に取り組んで45年 東葛クリニック病院は1973年の開業以来、慢性腎不全( CKD)をはじめとする腎臓病とその周辺領域、特に透析医療については、本院と7つの関連透析施設を擁して数多くの成果を挙げてきております。 その最大の特徴は、透析医療に至る前に、疾病の予防、早期発見と早期治療に全力を挙げて取り組み、それでも腎機能の低下が見られた場合には、腎機能維持のために専門スタッフがチームの総力を挙げて治療に取り組む、一貫した医療体制にあります。[…][tokatsu-clinic.jp]

  • インスリン抵抗性

    75gOGTTを施行し、負荷後30分の血中インスリン増加量を、血糖値の増加量で除した値であり、食後のインスリン追加分泌の初期分泌能の指標となります。 空腹時の血中Cペプチド値や24時間尿中Cペプチド排出量もインスリン分泌能の指標となります。[soiken.info] またこのマウスでは、インスリン投与後の骨格筋における毛細血管の拡張障害に伴う間質インスリン濃度の増加に有意な障害が認められ、それと一致して、インスリン依存性の骨格筋の糖取り込みも障害していました。[nibiohn.go.jp] その原因は肝の糖産生の抑制(肝糖新生)や筋肉と脂肪細胞のブドウ糖の取り込みの増加などによる。血糖を正常に維持するために、正常では膵臓が正インスリン分泌を増加させ補っている。つまり、空腹時のインスリン値の上昇はインスリン抵抗性のマーカーのひとつである。 1-2.[aids-chushi.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    肝性脳症の主な誘因として血中アンモニアの上昇が考えられている。アンモニアは、食物や消化管出血などに由来するタンパク質が腸管内で腸内細菌(アンモニア産生菌)によって代謝される過程で産生される。腸管より吸収されたアンモニアは、肝機能が正常な場合、門脈を通じて肝臓に入り、代謝・解毒される。 しかし、肝硬変などにより肝細胞が障害を受けその代謝能が低下したり、門脈-大循環短絡路(シャント)が形成されると、アンモニアの血中濃度は上昇し、循環血を介して脳に到達し、肝性脳症を発症する。[…][aska-pharma.co.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状