Create issue ticket

考えれる38県の原因 インスピレーション

  • 急性気管支炎

    急性気管支炎とは 急性気管支炎は気管粘膜の急性炎症です。原因はウイルスや細菌の感染などによります。多くの場合、かぜの症状の一つといえます。かぜと同時あるいは引き続いて起こります。また、刺激性のガスの吸引によっても起こります。 なお、肺気腫や肺繊維症のある人は重症化することが多いので、早めに受診しましょう。放置すると悪化するおそれがあります。 解説の続きを読む チェックシート 質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。 [ご利用上の注意] 「症状チェック」[…][medical.itp.ne.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 失神

    概要 失神は、短い時間(数十秒の単位)、血圧が低下して心臓から脳に送る血液量が少なくなり、脳全体が酸素不足になって意識を失う発作です。意識を失うと立位を保持できず、患者さんは転倒して頭頚部などに受傷することがあります。失神は種々の原因で起こり、多くは軽症ですが、心臓病や出血など生命にかかわる病気が原因の場合には入院治療が必要です。このため、もし失神を起こしたら、すぐに病院を受診して原因を評価することが大切です。 症状 突然に発症します。 失神は発作性に起こる病態で、日常生活の中で突然に発症します。血圧が急に低下する原因は、不整脈や出血、神経反射など、様々です(表1)。 表1.失神の原因[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 過剰摂取

    鉄分のおはなし 3.鉄分不足や過剰摂取に注意が必要な人 これであなたも鉄分博士! 鉄で健康 ビギナーズ 鉄分が不足しやすい人 妊婦 お腹の中の赤ちゃんの分も栄養を摂らなければならない妊婦さん。特に、妊娠中期、後期では、一般女性の約2倍の鉄分が必要とされます( 表2参照 )。一方、体重を増やし過ぎないように食事を制限してしまい、鉄分が不足してしまうこともあります。 育ち盛りの子ども 高校生 体の成長とともに体内で作られる血液がどんどん増えていくため、年齢とともに必要となる鉄分も多くなります。鉄の充足率をみても、この年代は男女ともに摂取量が足りていないことがわかります。 スポーツ愛好家・選手[…][taiyokagaku.com]

  • てんかん重積状態

    概要 疾患のポイント: てんかん重積状態は、Neurocritical Care Society により「臨床的あるいは電気的てんかん活動が少なくとも5分以上続く場合、またはてんかん活動が回復なく反復し5分以上続く場合」と定義されている。 てんかん重積状態は、痙攣性てんかん重積状態 ( convulsive status epilepticus 、 CSE ) と 非 痙攣性てんかん重積状態 ( nonconvulsive status epilepticus 、 NCSE ) に分けられる。 CSE には、全身 痙攣重積状態( generalized convulsive status[…][clinicalsup.jp]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎 (さいきんせいはいえん)は細菌を原因とした肺の急性 炎症 ( 肺炎 )であり、そのほとんどは 肺胞性肺炎 である。 肺炎の死亡率はとくに高齢者で高く、75歳を過ぎると急激に増加する。加齢に伴う 唾液 分泌量の低下は口腔内の病原性細菌の増殖をまねき、病原細菌を含んだ口腔‐咽頭分泌物のくり返される誤嚥は肺の細菌処理能力をこえ、肺炎を引き起こす。よって、口腔ケアにより口腔内を清潔に保つことが重要である。また、人工呼吸器や経管栄養チューブをつけている高齢の入院患者などでは 胃液 の誤嚥による肺炎も問題となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性肝不全

    昏睡が発生すれば7割は死亡すると言われる急性肝不全。いかに急性肝障害の段階で昏睡を予防するかが、救命率向上の鍵を握る。北東北の3県約50病院と広域の劇症化予知搬送ネットワークシステムを構築し、昏睡発現率7%以下を実現した岩手医科大学医学部内科学講座消化器内科肝臓分野教授の滝川康裕氏が登壇。急性肝障害の診断手順から構築したシステムの内容まで、2回にわたり解説する。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「急性肝炎の診断」Vol.1急性肝不全、昏睡7%の驚きの試み急性肝障害の診断手順岩手医科大学医学部... この記事は会員限定コンテンツです。 ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。[…][m3.com]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状