Create issue ticket

考えれる288県の原因 イタリア人

  • 家族性地中海熱

    頻度の高い地域・種族での頻度は、1000人に1-3程度ですが、その他の民族ではまれです。しかしながら、原因遺伝子が発見され、ごくまれにしかいないと考えられていたイタリア、ギリシャ人、アメリカ人などでも診断される機会が増えています。 家族性地中海熱の発作は、約90%が20歳以前に始まり、半分以上が10歳までに発症します。[printo.it]

  • フコシドーシス

    著者 本庄 三知夫 日本大学皮膚科学教室 埼玉県小児医療センター皮膚科 森 吉臣 埼玉県立小児医療センター病理科 現 獨協医科大学病理学教室教授 抄録[…][ci.nii.ac.jp]

  • 咽頭炎

    その可能性はないとされて久しいが、ライバルだったイタリア作曲家アントニオ・サリエリ( Antonio Salieri )によって毒殺されたのではないかとも言われた。サリエリはモーツァルトの才能を特にねたんでいたと考えられている。(c)AFP[afpbb.com]

  • 急性呼吸器感染症

    MERSに感染しても、症状が現われない人や、軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のあるで重症化する傾向があります 主として中東地域*で患者が報告されています。[kansen-wakayama.jp] このほか、ヨーロッパ(イタリア、英国、オーストリア、オランダ、ギリシャ、ドイツ、フランス、トルコ)、アフリカ(アルジェリア、エジプト、チュニジア)、アジア(フィリピン、マレーシア、韓国、中国)及び北米大陸(アメリカ合衆国)からも患者の報告がありますが、これらはすべて、中東地域への渡航歴のある人もしくはその接触者であることがわかっています。[kansen-wakayama.jp]

  • アレルギー性鼻炎

    1565年にイタリアの医師ボタロは花の花粉によると考えられるアレルギー性鼻炎を記載している。[kotobank.jp]

  • ISCU欠乏による乳酸アシドーシスがある遺伝性ミオパチー

    、近位筋 LGMD1G 4q21 HNRPDL ブラジル症例、指拘縮 LGMD1H 3q25.1-p23 不明 イタリア症例 近位筋、下肢、下腿肥大 常染色体劣性遺伝 遺伝子座 変異蛋白 主な臨床症状など 同一遺伝子による病態 LGMD2A 15q15 Calpine-3 近位筋、翼状肩甲 LGMD2B 2p13 Dysferlin 近位筋[pathologycenter.jp] LGMD1H はイタリア1家系の11 例で報告された。30 歳以降には発症、緩徐進行性の近位筋萎縮で、一部下腿筋肥大を伴う。関連遺伝子は3p23-25.1 の部位と推測されているが、遺伝子自体は同定されていない。ミトコンドリアの異常の可能性が示唆されている(Bisceglia 2010)。[pathologycenter.jp] […] progelia LGMD1C 3q25 Caveolin 3 近位筋、下腿肥大 rippling muscle disease, distal myopathy LGMD1D 7q Desmin 下肢帯、上肢帯 LGMD1E 6q23 DNAJB6 近位筋、心筋 LGMD1F 7q32.1-q32.2 Transportin スペイン症例[pathologycenter.jp]

  • 2型糖尿病

    その14歳以下10万人あたりの年間発症率は約1.5です。 世界でもっとも1型糖尿病の頻度(図1)が高いのは、フィンランドなどの北欧諸国やイタリアのサルテイニア島などで、日本の20倍以上の発症率があります。 そういった国では、どこの小学校に行ってもインスリン注射をしている子どもがいて、学校で注射しても目立つことはないでしょう。[sagaekiminami-clinic.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2N型

    、近位筋 LGMD1G 4q21 HNRPDL ブラジル症例、指拘縮 LGMD1H 3q25.1-p23 不明 イタリア症例 近位筋、下肢、下腿肥大 常染色体劣性遺伝 遺伝子座 変異蛋白 主な臨床症状など 同一遺伝子による病態 LGMD2A 15q15 Calpine-3 近位筋、翼状肩甲 LGMD2B 2p13 Dysferlin 近位筋[pathologycenter.jp] LGMD1H はイタリア1家系の11 例で報告された。30 歳以降には発症、緩徐進行性の近位筋萎縮で、一部下腿筋肥大を伴う。関連遺伝子は3p23-25.1 の部位と推測されているが、遺伝子自体は同定されていない。ミトコンドリアの異常の可能性が示唆されている(Bisceglia 2010)。[pathologycenter.jp] […] progelia LGMD1C 3q25 Caveolin 3 近位筋、下腿肥大 rippling muscle disease, distal myopathy LGMD1D 7q Desmin 下肢帯、上肢帯 LGMD1E 6q23 DNAJB6 近位筋、心筋 LGMD1F 7q32.1-q32.2 Transportin スペイン症例[pathologycenter.jp]

  • 左心室の心筋障害

    頻度 ARVCの頻度は、一般集団において1000人に1から1250に1と推定されている(Peters 2006)。 ARVCの頻度は、地域によってはこれよりも高い所がある。イタリアやギリシャ(ナクソス島)では、0.4% 0.8%高い割合で見られる(Thiene & Basso 2001)。[grj.umin.jp]

  • 緊張病

    バザーリアとイタリア精神医学について日本人が書いた著作「プシコ・ナウティカ」のなかに、次のようなあるイタリア精神科スタッフの言葉が採録されている。『昔はカタレプシー、不自然な姿勢のまま寝ている患者さんをよく院内で見かけました。しかしマニコミオ(収容型精神病院)の廃止以降、このタイプの患者さんを見かけることがほとんどなくなりました」。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状