Create issue ticket

考えれる52県の原因 イソスポーラ症

  • HIV感染症

    小腸炎を起こし、一ヶ月以上の下痢が続き体重が減少する イソスポーラ(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎) 細菌感染症 非定型抗酸菌症(肺、皮膚、頚部もしくは肺門リンパ節以外の部位、または、これに加え全身性に播種したもの) 化膿性細菌感染症 再発性サルモネラ菌血症 活動性結核 ウイルス感染症 サイトメガロウイルス感染症(肝、脾、リンパ節以外) 単純[kyumed.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    小腸炎を起こし、一ヶ月以上の下痢が続き体重が減少する イソスポーラ(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎) 細菌感染症 非定型抗酸菌症(肺、皮膚、頚部もしくは肺門リンパ節以外の部位、または、これに加え全身性に播種したもの) 化膿性細菌感染症 再発性サルモネラ菌血症 活動性結核 ウイルス感染症 サイトメガロウイルス感染症(肝、脾、リンパ節以外) 単純[kyumed.jp]

  • イソスポーラ症

    免疫不全患者に下痢の発症をみたときや,健常人でも頑固な下痢が反復する場合には本も念頭において的確な検査を実施しなければならない。 大阪市立大学医学部 井関基弘 わが国におけるイソスポーラの報告例(1981年以降)[idsc.nih.go.jp] 琉球大学医学部第一内科 斎藤 厚 平田哲生 琉球大学医学部寄生虫学教室 長谷川英男 表 イソスポーラ4例の概要[idsc.nih.go.jp] 家庭医学館 の解説 いそすぽーらしょう【イソスポーライソスポーラ原虫(げんちゅう)の オーシスト という嚢子(のうし)(休止状態の原虫)が、経口的に摂取されて感染し、腸管内で繁殖します。世界中に分布しますが、とくに温暖な地方に多くみられます。最近はエイズの合併症として注目されています。 症状 下痢(げり)をおもな症状とします。[kotobank.jp]

  • 微胞子虫症

    NBRCの取り組み ネグレリア 、 アカントアメーバ 、 アメーバ赤痢 、 マラリア 、 アフリカ睡眠病 、 シャガス病 、 カラザール 、 皮膚リーシュマニア 、 ジアルジア 、 クリプトスポリジウム 、 トキソプラズマ 、 トリコモナスイソスポーラ 、 サイクロスポーラ症 、 肉胞子虫症 、 バランチジウム症 、[tm.nagasaki-u.ac.jp] 疫学 症状と診断 治療 コクシジウム (coccidiasis, coccidioses, ICD 007.0.) イソスポーラ(isosporiosis, isosporose) Isospora belli (戦争イソスポーラ)はヒトの小腸に寄生する、 Isospora または Sarcocystis 属のコクシジウムである。[amda.or.jp]

  • 感染性腸炎

    また,わが国では極めてまれなウイップル病やイソスポーラの症例も提示されている。このように,本書は既知・最新の情報からまれな疾患まで感染性腸炎に関するすべての情報を包含した優れた実践書であり,初学者からベテランまでのすべての消化器内視鏡医にぜひお薦めしたい1冊と考える。[igaku-shoin.co.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    原虫には、ヒトにしか寄生できない宿主特異性の強い種類(マラリア原虫やイソスポーラなど)と、複数の動物種に寄生し、人畜共通の感染を起す種類(赤痢アメーバやクリプトスポリジウムなど)がある。病原性は致死感染や重篤な症状を起すものから、無症状の非病原性のものまでさまざまである。[patents.google.com]

  • バランチジウム症

    NBRCの取り組み ネグレリア 、 アカントアメーバ 、 アメーバ赤痢 、 マラリア 、 アフリカ睡眠病 、 シャガス病 、 カラザール 、 皮膚リーシュマニア 、 ジアルジア 、 クリプトスポリジウム 、 トキソプラズマ 、 トリコモナスイソスポーラ 、 サイクロスポーラ症 、 肉胞子虫症 、 バランチジウム症 、[tm.nagasaki-u.ac.jp] その3 今度はこれ いっぱいある・・・・(T-T) 腸管寄生性原虫 Amebiasis (Amoebiasis) 赤痢アメーバ Giardiasis ジアルジア(ランブル鞭毛虫) Pentatrichomoniasis 腸トリコモナス Cryptosporidiosos クリプトスポリジウム Isoporiasis イソスポーラ[plaza.rakuten.co.jp] 疫学 症状と診断 治療 コクシジウム (coccidiasis, coccidioses, ICD 007.0.) イソスポーラ(isosporiosis, isosporose) Isospora belli (戦争イソスポーラ)はヒトの小腸に寄生する、 Isospora または Sarcocystis 属のコクシジウムである。[amda.or.jp]

  • 感染性大腸炎

    また,わが国では極めてまれなウイップル病やイソスポーラの症例も提示されている。このように,本書は既知・最新の情報からまれな疾患まで感染性腸炎に関するすべての情報を包含した優れた実践書であり,初学者からベテランまでのすべての消化器内視鏡医にぜひお薦めしたい1冊と考える。[igaku-shoin.co.jp]

  • 吸収不良症候群

    免疫不全患者に下痢の発症をみたときや,健常人でも頑固な下痢が反復する場合には本も念頭において的確な検査を実施しなければならない。 大阪市立大学医学部 井関基弘 わが国におけるイソスポーラの報告例(1981年以降)[idsc.nih.go.jp] イソスポーラは水様あるいは粘性の激しい下痢を主徴とする。健常人が感染した場合は一過性で自然に寛解することが多いとされるが,かなり長期に及ぶ例もある。AIDSや成人T細胞白血病(ATL)などで細胞性免疫機能が低下している患者の場合は間欠的下痢が数カ月から数年間も持続する。体重減少と衰弱が著しく,続発性吸収不良症候群の症状を示す。[idsc.nih.go.jp]

  • S状結腸炎

    下痢を伴う症例では、(サルモネラ、赤痢、黄色ブドウ球菌それにコレラといった)細菌性下痢、(カンジダ性)真菌、ウイルス疾患、(ビルハルツ住血吸虫、ジアルジアイソスポーラ、クリプトスポリジウム症、糞線虫症のような)寄生虫病が鑑別の範疇に入る。悪性型や、(穿孔、出血のような)急性腹部合併症のある場合、アメーバ症は系統的に思い付く。[amda.or.jp]

さらなる症状