Create issue ticket

考えれる137県の原因 アンモニア増加

  • アルコール性肝疾患

    アルコール性肝疾患(アルコールせいかんしっかん、英Alcoholic liver disease)または、アルコール性肝障害とは、飲用用途のエタノール常用飲用(アルコール乱用)によって引き起こされる一連の肝臓疾患のこと。アルコール性肝炎の状態では自覚症状はほとんど無い。アルコール性肝硬変は、全肝硬変の20%程度と考えられている。 アルコール性脂肪肝 {\displaystyle {\ce {- }}} アルコール性肝炎 {\displaystyle {\ce {- }}} アルコール性肝硬変 {\displaystyle {\ce {- }}} 肝細胞癌 の順に進行する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尿素サイクル異常症

    -10-2)【 13-3-4)】 神経症状 血中アンモニア増加は,嘔吐,嗜眠,興奮,痙攣,知的障害や運動障害を呈する.同一疾患でも新生児期から発症する例,乳幼児期あるいはそれ以降に発症する例,間欠的に発症する例あるいはまったく無症状の例があり,一般に新生児期発病例は重症である.オルニチントランスカルバミラーゼ(OTC)欠損症男児例は重症であり[kotobank.jp] VPAに抗てんかん薬のフェニトインやフェノバルビタールなどの酵素誘導薬を併用するとVPAの代謝が亢進し、代謝物である4-en-VPAなどが増加してカルニチン欠乏症や高アンモニア血症が誘発される。また、トピラマートは炭酸脱水酵素を阻害してアシドーシスとなり、高アンモニア血症が生じやすくする。[kksmile.com] させるためのリジンおよび α -アミノイソ酪酸;プロリンまたはクレアチン補充 高インスリン-高アンモニア血症症候群(606762) グルタミン酸脱水素酵素活性亢進 GLUD1(10q23.3)* 生化学的プロファイル: 尿中 α -ケトグルタル酸上昇 臨床的特徴: 痙攣発作,反復性の低血糖,高インスリン血症,無症候性の高アンモニア血症 治療[msdmanuals.com]

  • プロピオン酸血症

    この最初の分解過程に障害があると、特定のアミノ酸が蓄積したり有害なアンモニア増加したりします。 2.有機酸代謝異常症:食品中のたんぱく質が消化吸収されたアミノ酸は最初の分解を受けると有機酸になります。この有機酸の分解過程に障害があると、特定の有機酸が蓄積して血液が酸性に傾いたり有害なアンモニア増加したりします。[yobouigaku-tokyo.or.jp] させるためのリジンおよび α -アミノイソ酪酸;プロリンまたはクレアチン補充 高インスリン-高アンモニア血症症候群(606762) グルタミン酸脱水素酵素活性亢進 GLUD1(10q23.3)* 生化学的プロファイル: 尿中 α -ケトグルタル酸上昇 臨床的特徴: 痙攣発作,反復性の低血糖,高インスリン血症,無症候性の高アンモニア血症 治療[msdmanuals.com] (10q26)* 生化学的プロファイル: 血漿中オルニチン上昇,尿中オルニチン,リジン,およびアルギニン上昇;血漿中リジン,グルタミン酸,およびグルタミン低値 臨床的特徴: 近視,夜盲症,失明,進行性の周辺視野欠損,進行性の脳回転状網膜脈絡膜萎縮,軽度の近位筋緊張低下,ミオパチー 治療: ピリドキシン,低アルギニン食,オルニチンの腎排泄を増加[msdmanuals.com]

  • イソ吉草酸血症

    重症型では、生まれて間もなくからイソ吉草酸が著しく増加し、嘔吐や意識障害がみられるようになります。アンモニアがひどく増加していたり、骨髄での造血機能が障害されて出血しやすくなったり感染防護機能が低下していたりするので、迅速に診断し適切に治療する必要がありますが、治療が奏効すれば後遺症を残すことなく回復します。[nanbyou.or.jp]

  • 高アンモニア血症3型

    実際に便の水素イオン指数(pH)を測定したところ、病期が進むにつれて便のpHが上昇し、アルカリ性に傾いていることが分かり、便中アンモニア増加が予測されました。すなわち、C型肝炎の病期の進行につれて腸内フローラが破綻(dysbiosis)し、腸管内で異常に増殖した細菌がアンモニア増加を引き起こしている可能性があります。[amed.go.jp] VPAに抗てんかん薬のフェニトインやフェノバルビタールなどの酵素誘導薬を併用するとVPAの代謝が亢進し、代謝物である4-en-VPAなどが増加してカルニチン欠乏症や高アンモニア血症が誘発される。また、トピラマートは炭酸脱水酵素を阻害してアシドーシスとなり、高アンモニア血症が生じやすくする。[kksmile.com] 2)幼児から青年期:食癖異常(高脂肪高蛋白低糖質、頻回摂取)、成長障害(体重増加不良)、易疲労感、低血糖症、肝機能異常。 3)成人期:成人発症II型シトルリン血症ー高アンモニア血症。意識障害。けいれん。精神症状(見当識障害、異常行動など)。 5. 合併症 1)新生児・乳児期:凝固障害による脳内出血、ガラクトース血症による白内障。[nanbyou.or.jp]

  • 高オルニチン血症・高アンモニア血症・ホモシトルリン尿症

    するため,塩基性アミノ酸の血中濃度は低下する.尿素回路に必要なアミノ酸が低下するため高アンモニア血症を呈する.臨床症状としては,摂食拒否,嘔吐,下痢などがみられ,このため成長障害,骨粗鬆症などを伴う.[kotobank.jp] させるためのリジンおよび α -アミノイソ酪酸;プロリンまたはクレアチン補充 高インスリン-高アンモニア血症症候群(606762) グルタミン酸脱水素酵素活性亢進 GLUD1(10q23.3)* 生化学的プロファイル: 尿中 α -ケトグルタル酸上昇 臨床的特徴: 痙攣発作,反復性の低血糖,高インスリン血症,無症候性の高アンモニア血症 治療[msdmanuals.com] 血症が現れる.本疾患ではオロチン酸の尿中排泄が増加し,CPS欠損症と鑑別できる.診断は肝臓だけに存在する酵素活性を測定することにより確定できる.OCT欠損患者ではアルギニンの代わりにシトルリンの補充も有効である. 2)シトルリン血症,アルギニノコハク酸尿症,アルギニン血症: アルギニノコハク酸合成酵素(ASS)の欠損は基質であるシトルリンの[kotobank.jp]

  • カルバモイルリン酸合成酵素欠損症

    従って、肝臓機能の低下による尿素サイクルの活性の低下、腸内におけるアンモニアの生産の増加及び門脈副血行枝による門脈血の大循環系への流入などの場合には、血中アンモニア濃度が高い値となるといわれている。従って、先天性尿素サイクル酵素欠損症及び肝機能異常の人たちは、高アンモニア血症になるものが多い。[biosciencedbc.jp] 【背景技術】 【0002】 運動後などに増加する血中アンモニアは、蛋白質の代謝過程でアミノ酸から脱アミノ化されて生じ、肝臓で尿素合成に利用されるが、血中アンモニアの大部分は消化管(小腸粘膜と大腸内の細菌)由来とされる。アンモニアの解毒は肝細胞での尿素回路に依存し尿素は腎臓より尿中に排泄される。[ekouhou.net] 欠陥のあるタンパク質または酵素欠損遺伝子または遺伝子(染色体場所)オルニチン-transcarbamoylase(OTC)欠損症(311250)生化学プロフィール:高架オルニチンおよびグルタミン、シトルリンとアルギニンを減少、顕著に増加した尿オロチン臨床的特徴:男性は、再発嘔吐、神経過敏、成長遅延、小児発症、プロテイン回避、産後高アンモニア[vgonzalezciaimc2.weebly.com]

  • 尿路疾患

    尿素は、摂取蛋白と内因性蛋白の異化作用で生成されたアンモニアから、肝臓で産生されます。尿素産生は、食物性蛋白摂取量の増加、上部消化管出血、体内蛋白の分解を起こす異化亢進状態(発熱やステロイド投与)で増加します。尿素は低分子量で、体内に拡散していきます。[dogwan.jp] 腸管腔内に拡散した尿素は、腸内細菌でアンモニアに分解された後、再吸収されて門脈循環から肝臓で尿素に再変換されます。尿素は腎臓から排泄されるのですが、糸球体で自由に濾過されて、尿細管で受動的に再吸収されます。尿細管の流速と流量が減少すると、尿細管での尿素の再吸収が増加して、排泄量が減少します。つまり、血中の尿素濃度が上がります。[dogwan.jp]

  • 不眠症

    肝硬変、慢性透析患者、腎不全ではアンモニア増加などが不眠の原因となります。 高血圧、脳動脈硬化症、脳梗塞後遺症、脳出血にもよく不眠が伴います。 周産期や更年期障害でもプロゲステロンの上昇のために不眠となります。[sleepdoc.or.jp]

  • 肝性脳症

    「肝性脳症は肝機能低下に加え誘因があり、便秘になるとアンモニア増加しやすく、発症することがあります。アンモニアはたんぱく質に含まれる窒素の最終代謝物で、食道静脈瘤破裂など大量消化管出血があると血液の分解再吸収で血中アンモニア増加し、発症原因となります。[kaigo.news-postseven.com] なかでもアンモニアはもっとも重要な因子とみられ、腸管内に存在する細菌のウレアーゼや小腸粘膜内(しょうちょうねんまくない)のグルタミナーゼという酵素(こうそ)による反応で生じるとされています。 肝機能が低下するとアンモニア処理能も低下するため、血液中のアンモニア増加します。[kotobank.jp] 肝硬変・肝不全が原因となり、他にも高蛋白(たんぱく)食、消化管出血、便秘などにより血中のアンモニア増加する。 検査内容と主な診療科目 血液検査、脳波検査。 命に関わるため、消化器内科(肝臓内科)を要受診。[fdoc.jp]

さらなる症状