Create issue ticket

考えれる2県の原因 アルファフェトタンパク質増加

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症

    東京大学は2月14日、獨協医科大学越谷病院、済生会横浜市東部病院との共同研究により、患者数が極めて少ない子供の肝臓に関する希少疾患で、無治療の場合には思春期前に肝不全に陥り、死に至る難病である「進行性家族性肝内胆汁うっ滞症2型(PFIC2:Progressive Familial Intrahepatic Cholestasis type2)」患者を対象とした臨床研究を実施し、尿素を合成する仕組みに異常が生じる「尿素サイクル異常症」の治療薬として承認されている医薬品「フェニルブチレート」が、治療効果を示すことが見出されたと発表した。 成果は、東大大学院 薬学系研究科薬学専攻の林久允[…][news.mynavi.jp]

さらなる症状