Create issue ticket

考えれる112県の原因 アルプラゾラム

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    さらに、GABA A 受容体は、バルビツール酸系薬、麻酔薬、アルコール、ベンゾジアゼピン系薬のジアゼパム(セルシン/ホリゾン)やアルプラゾラム(ソラナックス/コンスタン)を含むさまざまな治療薬の標的でもある。今回R Hibbsたちは、脳におけるこの受容体の主要なアイソフォームの構造を報告している。[natureasia.com] 服用していたのは、アルプラゾラム(『Xanax』)配合のベンゾジアゼピン系薬物と、ゾルピデム(『Ambien』[日本での商品名は『マイスリー』])系睡眠薬だ。 『Slate』では、Michelle Tsai氏が「Heath Ledger氏は死ぬ前に夢を見たのか?」という記事を書いている。[wired.jp] アルプラゾラム〔ソラナックス〕‬ C17H13ClN4 ベンゾジアゼピン系の抗不安薬および筋弛緩薬の一種。 14歳。‬良くも悪くも素直で遠慮がない少年。 ジアセチルモルヒネ〔ヘロイン〕 C21H23NO5 オピオイド系の麻薬の一種。 17歳。とある計画の為に行動している少女。[ncode.syosetu.com]

  • 不眠症

    アルコールと同様にベンゾジアゼピン(アルプラゾラム、クロナゼパム、ロラゼパム、ジアゼパムなど)は、短期間の入眠治療(処方またはOTC)にて一般的に用いられているが、長期的には睡眠を悪化させる。[ja.wikipedia.org] しかし、特定のベンゾジアゼピンは、他のベンゾジアゼピンよりもGABAA受容体におけるα1サブユニットに対する作用が強い(例えば、トリアゾラムおよびテマゼパムはα1サブユニットに強い作用があり、アルプラゾラムやジアゼパムはα1サブユニットに対して強い作用がある)。[ja.wikipedia.org]

  • パニック発作

    いという結果となっている.わが国では,パロキセチンとセルトラリンのみにパニック障害への適応が認められている.また,効果と副作用の観点からも,SSRIが第一選択とされているが,一般的に,治療効果発現までには,数週間かかることと,投与初期の副作用であるいらいら感の軽減のために,比較的効果発現の早いベンゾジアゼピン系薬物であるロラゼプ酸エチル,アルプラゾラム[kotobank.jp] この薬は効果を発揮するのに時間がかかり、口渇、便秘、眠気などの副作用が出易いので、最近はアルプラゾラム、ロラレパム、クロナゼパムといったベンゾジアゼピン系抗不安薬がまず用いられることが多くなっています。これらの薬物療法とともに、認知・行動療法も発作を減ずる効果が明らかに認められます。[fuanclinic.com] アップジョン社は、 アルプラゾラム をザナックスの商品名で市場に出したところであり、このベンゾジアゼピン系薬をこの新しいパニック障害に結びつけようと、試験に資金提供を行い強く信頼できる結果は出なかったにもかかわらず、1990年までにはパニック障害に対する最新の薬となった [62] 。内部のものは冗談でアップジョン病と呼んだ [62] 。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    トリアゾラム ニトラゼパム等 催眠鎮静作用を有し、不眠症・麻酔前 投薬等の医療用途がある ジアゼパム アルプラゾラム等 精神安定作用を有し、神経症等におけ る不安・緊張等の緩和の医療用途がある。 フェノバルビタール等 抗てんかん作用を有し、てんかんの痙 攣発作等への医療用途がある。[customs.go.jp] 規制対象薬物 ベンゾジアゼピンスクリーニング[検出対象薬物] ベンゾジアゼピン類 クロナゼパム(※2)、ニトラゼパム(※2)、ジアゼパム(※2)、デスメチルジアゼパム(ジアゼパム代謝物)(※2)、クロバザム(※2)、デスメチルクロバザム(クロバザム代謝物)、クロチアゼパム(※2)、フルニトラゼパム(※2)、ミダゾラム(※2)、エスタゾラム(※2)、アルプラゾラム[medience.co.jp]

  • 反応性うつ病

    ソラナックス(アルプラゾラム alprazoram) 屯服で使用する抗不安薬。催眠作用が最も少なく、抗不安作用は強力。 メイラックス(ロフラゼプ酸エチルEthyl loflazepate) 長期作用型の抗不安薬。一日一回内服すると一日中効いています。[sannoclinic.jp]

  • 内因性うつ病

    ソラナックス(アルプラゾラム alprazoram) 屯服で使用する抗不安薬。催眠作用が最も少なく、抗不安作用は強力。 メイラックス(ロフラゼプ酸エチルEthyl loflazepate) 長期作用型の抗不安薬。一日一回内服すると一日中効いています。[sannoclinic.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    スピペロン/チミペロン/ ピモジド フェノチアジン系抗精神病薬 クロルプロマジン/レボメプロマジン/プロペリシアジン/ペルフェナジン/ プロクロルペラジン ベンザミド系抗精神病薬 スルピリド/スルトプリド/チアプリド/ネモナプリド その他 ゾテピン/オキシペルチン/クロカプラミン/モサプラミン 抗不安薬 概要 ベンゾジアゼピンやその類似物 アルプラゾラム[medsi.co.jp] 不安に関係したうつ病の治療が有効なので、アルプラゾラムなどの使用が適切であると言われています。 また、ブスピロンのような5-HT受容体に影響を与える物質も有効と言われています。抗うつ薬に関しては、セロトニンを活性化するフルオキセチンなどが挙げられます。[kokoronotanken.jp]

  • 神経症性障害

    発作を抑えるためには,短時間で作用し,かつ強力に働く抗不安薬でなければならず,有効な抗不安薬は,アルプラゾラム(商品名:ソラナックス,コンスタン),クロナゼパム(商品名:リボトリール,ランドセン)など,ごく一部の薬に限られます。例えば,エチゾラム(商品名:デパス)では効果はありませんので,薬の選択に注意しなければなりません。[akashi-clinic.com]

  • パーソナリティ障害

    アルプラゾラムはパニック発作を呈する患者に有効です。抑うつや引きこもり症状に精神刺激薬が有効ならば,それを使うべきです。ベンゾジアゼピン系薬物とセロトニン作動薬も有効です。[heartclinic-yokohama.com]

  • 線維筋痛症

    線維筋痛症診療ガイドライン2013[2]にはアルプラゾラム(ソラナックス )に有効性の根拠があるかのような記載が一部にある。しかし、その根拠となる論文の抄録には有効性がある由が記載されているが、本文には対照群と差がないと記載されている[85]。つまり、今日の基準では有効性に科学的根拠はないと見なされる。[p.booklog.jp]

さらなる症状