Create issue ticket

考えれる200県の原因 アルドステロン増加

  • 副腎皮質癌

    抄録 副腎皮質癌は,副腎皮質に発生する稀な悪性腫瘍で,その予後は不良である。 機能性腫瘍の場合,Cushing徴候や男性化徴候,尿中17-KS・血中DHEA-S値の上昇は副腎皮質癌を疑う所見である。一方,約30%は非機能性のため自覚症状が乏しいこともある。画像検査ではPET-CTの有用性が報告されているが,偽陽性があり確実な診断は難しい。[…][jstage.jst.go.jp]

  • 本態性高血圧症

    健常者の場合、アルドステロンの分泌は腎臓で産生されるレニンが増加する事で促進されますが、原発性アルドステロン症ではアルドステロンが過剰に分泌されることで、レニンの産生が減少します(図3)。[med.osaka-u.ac.jp] 両者高値:17α水酸化酵素欠損症 ※ 17α水酸化酵素欠損症 原発性アルドステロン症に似るが、アルドステロン低値・血清 K 低下・血漿コルチゾール低下・血漿 ACTH 増加・血中 17-KS と 17-OHCS の低下*・尿中 17-KS 増加 c. 両者低値 イ. 偽アルドステロン症 低カリウム・アルドステロン正常 ロ.[ibaraisikai.or.jp] また、最近増加している原発性アルドステロン症の症例数は日本でも有数であり、その診断や治療に関する知識が豊富な医師が多数常勤医として勤務しています。 さらに詳しく知りたい方へ 文責: 腎臓・内分泌・代謝内科 最終更新日:2019年2月4日[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 高血圧症

    また、最近増加している原発性アルドステロン症の症例数は日本でも有数であり、その診断や治療に関する知識が豊富な医師が多数常勤医として勤務しています。 さらに詳しく知りたい方へ 文責: 腎臓・内分泌・代謝内科 最終更新日:2019年2月4日[kompas.hosp.keio.ac.jp] アンジオテンシンII は副腎皮質にある受容体に結合すると、副腎皮質からのアルドステロンの合成・分泌が促進される。このアルドステロンの働きによって、腎集合管でのナトリウムの再吸収を促進し、これによって体液量が増加する事により、昇圧作用をもたらす。[ja.wikipedia.org] アンジオテンシンII は 副腎 皮質にある受容体に結合すると、副腎皮質からの アルドステロン の合成・分泌が促進される。このアルドステロンの働きによって、腎集合管でのナトリウムの再吸収を促進し、これによって体液量が増加する事により、昇圧作用をもたらす [24] 。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    グルカゴンを異常分泌するグルカゴン産生腫瘍 副腎皮質ホルモン(コルチゾル他)の作用が異常増加するクッシング症候群、原発性アルドステロン症 副腎髄質ホルモン(アドレナリン)を異常分泌する褐色細胞腫 成長ホルモンを異常分泌する成長ホルモン産生腫瘍(先端巨大症) 肝硬変 慢性膵炎、ヘモクロマトーシス、膵癌 筋緊張性ジストロフィー 薬剤性(サイアザイド[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    その結果、尿量が少なく なったり、顔や手足がむくむなどの症状や、それに伴う体重増加がみられます。また、NSAIDs投与により、レニン、アルドステロンの分泌が抑制され高カ リウム血症をきたす場合もあります。 NSAIDsは重篤な腎機能障害のある患者への投与は禁忌となっています。[min-iren.gr.jp] 高カリウム血症は、慢性腎臓病(CKD)患者さん、および血清のカリウムレベルを増加させるレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAAS)阻害剤などの心不全(HF)治療薬を服用している患者さんにおいて、発症率が大幅に高まります 2,3 。[astrazeneca.co.jp] 高カリウム血症は、慢性腎臓病(CKD)患者さん、および血中のカリウムレベルを増加させるレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAAS)阻害剤などの心不全(HF)治療薬を服用している患者さんにおいて、発症リスクが大幅に高まります2,3。[japan.cnet.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    性状により滲出性(炎症性腹膜炎、がん性腹膜炎)と漏出性(肝硬変ネフローゼ、蛋白漏出性胃腸症、肝静脈閉塞、心不全、アルドステロン症など)に大別されます。通常でも生理的に100ml未満の腹水が存在しますが、異常に増加する場合は精密検査が必要です。 副脾 (ふくひ) 脾臓の近くに脾臓と同じ組織像をもつ1 2cm大の腫瘤のことを副脾と呼びます。[ningen-dock.jp]

  • 起立性低血圧

    起立性低血圧は高齢者に多くみられるが,これには加齢による①圧受容体反射の低下,②交感神経刺激に対するα 1 アドレナリン作動性血管収縮反応の低下,③副交感神経機能の低下に伴う起立時の副交感神経離脱反応の低下,④レニン,アンジオテンシン,アルドステロンの低下と利尿ペプチドの増加,および水制限や体液喪失時の腎による塩分・水分保持機能の低下,⑤心臓拡張機能障害[kotobank.jp] 立位を維持すると,レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系の活性化と バソプレシン (ADH)の分泌により,ナトリウム・水貯留と循環血液量の増加が起こる。[msdmanuals.com] 病態生理・病因 健常者では起立により300 800 mLの血液が下肢や腹部臓器に貯留する.そのため静脈環流および心室充満量は減少し,一過性に心拍出量と血圧が低下する.これに伴い頸動脈洞と大動脈の圧受容体が作動し,交感神経遠心路が活性化され副交感神経遠心路は抑制される.この代償性の圧受容体反射により,心拍数と末梢血管抵抗が増加し,心拍出量と血圧[kotobank.jp]

  • 先天性隔離ACTH欠乏

    ②末梢血液像: 軽度の貧血や白血球数の減少並びに相対的リンパ球増加及び好酸球増加。 ③血清生化学 アルドステロン欠乏による血清ナトリウム、クロールの低下とカリウムの上昇。 血清ナトリウム(mEq/L)/カリウム(mEq/L)比が30以下(正常は32)。ときに高カルシウム血症、代謝性アシドーシス、水利尿の低下。[nanbyou.or.jp]

  • 糖尿病

    グルカゴンを異常分泌するグルカゴン産生腫瘍 副腎皮質ホルモン(コルチゾル他)の作用が異常増加するクッシング症候群、原発性アルドステロン症 副腎髄質ホルモン(アドレナリン)を異常分泌する褐色細胞腫 成長ホルモンを異常分泌する成長ホルモン産生腫瘍(先端巨大症) 肝硬変 慢性膵炎、ヘモクロマトーシス、膵癌 筋緊張性ジストロフィー 薬剤性(サイアザイド[ja.wikipedia.org]

  • 癤腫症

    重大な副作用 解説 (1)体液の貯留,むくみ,体重増加,血圧上昇などの偽アルドステロン症(甘草配合のため)。(2)脱力感,手足のけいれんや麻痺などを初発症状とするミオパシー(低カリウム血症の結果。甘草配合のため)。 その他の副作用 解説 併用してはいけない薬 解説 併用してはいけない薬は特にありません。[medical.itp.ne.jp]

さらなる症状