Create issue ticket

考えれる24県の原因 アルコール離脱, 脊髄精神的外傷

  • 酒害

    4、 酒に寛容な組織風土と伝統的な飲酒文化 ・ ストレス解消、変形勤務後の入眠、に必要な飲酒との思い込み ・ 本音の話し合い、歓・送迎、祝い事には、不可欠な飲酒の慣習・儀式 ・ 酒に強く乱れない者がリーダーシップをとっている組織、かばいあいの美徳 5、 プレアルコール依存症の理解  医学的診断(強迫的飲酒・離脱症状)より 幅広く ・ 1 2[blog.livedoor.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 不安障害

    カフェイン、アルコール、またベンゾジアゼピン系への依存症は、不安やパニック発作の原因となったり、悪化させる。不安は一般にアルコールの急性離脱期に生じ、遷延性離脱症候群の一部として2年まで続き、約25%の人がアルコール依存症から回復する。[ja.wikipedia.org] BZD 長所: 不安、不眠、不安に伴う自律神経症状など、不安症状全般に有効で、副作用も少なく(常用量では眠気、ふらつきくらい)安全性が高く、即効性である 短所: 長く続けていると依存性を生じやすい、乱用の危険がある、急にやめるとリバウンドや離脱症状(不眠、焦燥、知覚異常など)が出やすい。アルコールとの併用は禁忌です。[mhlw.go.jp] 中毒 : アルコール、カフェイン、大麻、フェンサイクリジン、他の幻覚剤、吸入剤、コカインを含む精神刺激薬 離脱 : アルコール、オピオイド、鎮静剤、催眠剤、および抗不安薬、コカインを含む精神刺激薬の離脱ほかに、インスリン、甲状腺の治療薬、経口避妊薬、抗ヒスタミン剤、抗パーキンソン病薬、コルチコステロイド、抗高血圧薬、心血管薬、抗てんかん薬、[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • アルコール離脱

    アルコール離脱アルコールに依存してる人に起こる。計画的または非計画的な禁酒や減酒によって起こる。その根本的なメカニズムは脳のGABA受容体の反応が減少することによるものである。通常、離脱の過程にはアルコール離脱症状評価尺度(CIWA-Ar)が用いられる。[ja.wikipedia.org] 飲酒をやめて、短時間で手が震えるなど振戦が起こる場合には、身体依存が形成されており、その数日後にはアルコール離脱症候群は最大となり、この際に振戦せん妄に至ると死亡の危険性がある。こうした場合には、離脱症状の医学的な管理が必要であり、飲酒をやめないままアルコール外来などを受診することになる。[ja.wikipedia.org] アルコール依存症患者がアルコール摂取量を減らすことにより、その約半数の人に離脱症状が診られ、その内の4%の患者に重い症状が出る。重症患者の15%が死に至る。アルコール離脱症の症状は、古くは紀元前400年にヒポクラテスにより記録されている。1800年代までは深刻な問題ではないと考えられていた。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 慢性アルコール依存症
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 不眠症

    アルコールによる不眠 アルコールは睡眠導入効果はあるが、睡眠後半逆に睡眠が浅くなり、利尿作用のため中途覚醒、早期覚醒の原因となる。アルコール離脱(退薬症候)治療には、交差耐性のあるベンゾジアゼピン系薬剤を対症的に随時投与する方が投与量も少なく期間も短く有効である。[ebm.jp] 離脱は、ベンゾジアゼピンのような抗不安薬/睡眠薬やオピオイド系鎮痛剤からの離脱の影響で起こる。 薬局あるいは処方の睡眠補助薬の乱用(鎮静剤や抑制剤)は反跳性不眠を生じる。 アルコールは、不眠症の自己治療(セルフメディケーション)の形で入眠のために広く用いられている。しかし入眠のためのアルコールの使用は、不眠症の原因となる。[ja.wikipedia.org] これらの薬は耐性と身体依存を形成し、中止時にベンゾジアゼピン離脱症候群につながり、とりわけ長期間の定常的な使用後には顕著である。ベンゾジアゼピンは、薬物乱用、アルコール乱用の経歴を持つ患者には、使用を避けるか極めて慎重に処方すべきである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • パーキンソン病

    京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らの研究チームは30日、人のiPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病のサルに移植し、手足の震えなどの症状が軽減したとする研究成果を発表した。霊長類で効果が確認されたのは初めて。2018年度中にもパーキンソン病患者を対象にした再生医療の臨床試験(治験)の開始を目指す。高橋教授は「(治験に使う)手法の有効性や安全性に問題がないことが確認された」としている。 研究成果は英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。[…][nikkei.com]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 急性呼吸不全

    呼吸不全(こきゅうふぜん、respiratory failure)とは、「動脈血ガスが異常な値を示し、それがために生体が正常な機能を営みえない状態」と定義され、室内気吸入時の動脈血酸素分圧(PaO2)が60Torr以下となる呼吸器系の機能障害、またはそれに相当する異常状態を指し、これを呼吸不全と診断する(厚生省特定疾患「呼吸不全」調査研究班昭和56年度報告書)。 呼吸器障害が存在し、室内気吸入下の動脈血ガスが測定出来なくとも中心性チアノーゼが認められるときや、動脈血酸素飽和度(SaO2)の値から呼吸不全と診断して差しつかえない。PaO2 60Torrは、ほぼSaO290%に相当する。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 多発性硬化症

    多発性硬化症(たはつせいこうかしょう、英: multiple sclerosis; MS)とは中枢性脱髄疾患の一つで、神経のミエリン鞘が破壊され脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患で、日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 病名は、神経を包む組織(ミエリン鞘)が破壊されて生じる硬化が多数の領域で発生することに由来している。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状