Create issue ticket

考えれる139県の原因 アルカリフォスファターゼ増加

  • ビタミンD欠乏症

    日本の0 15歳の「ビタミンD欠乏性くる病」と診断された子どもの数がここ5年で、3倍以上に増えています。 くる病は成長期にカルシウムを骨に沈着させる働きを持つビタミンDが不足し、骨が軟らかくなって変形や成長障害がおこります。 そのため、足に負荷がかかってO脚などになりやすく、転びやすい・身長が伸びにくいなど、歩き始める1歳ごろに発覚することが多く報告されています。 ビタミンDは「適度な日光浴」と「バランスの良い食事」をすることで生成されますが、最近は、外出を控え、日焼け止めなどで完全にシャットアウトされ、その機会が乏しくなっている子どもも少なくありません。[…][kidslife-nursery.com]

  • 更年期障害

    仕事に家事に子育て、忙しいけれど自分の健康にも気をつけたいですね。女性のからだはとてもデリケート。いつまでも元気で充実した毎日を過ごすために、美容や健康についてのお役立ち情報をご紹介します。 「最近なんだか疲れやすい」「寝つきが悪くなった気がする」......それは、もしかすると更年期障害かもしれません。まずはセルフチェックで自分のからだの状態を確認しましょう。みんなが知りたい「どんな人が更年期障害になるの?」という疑問も解消します! すべての女性に訪れる「更年期」...でも更年期障害が重い人と軽い人がいるって本当!? 初潮、妊娠、出産、閉経と、女性のからだは年齢とともに変化を迎えます。35[…][c-mam.co.jp]

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 妊娠

    (照会先)子ども家庭局母子保健課 内線4975、4978 すこやかな妊娠と出産のために 妊娠したらどうしたら良いの? 妊婦健康診査を必ず受けましょう!  妊娠中は、ふだんより一層健康に気をつけなければなりません。  少なくとも毎月1回(妊娠24週(第7か月)以降には2回以上、さらに妊娠36週(第10月)以降は毎週1回)、医療機関などで健康診査を受けてください。 妊婦健診って何をするの?  妊婦さんの健康ぐあいや、お腹の赤ちゃんの育ちぐあいをみるため、身体測定や血液・血圧・尿などの検査をします。  特に、 貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病[…][mhlw.go.jp]

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 胆石症

    胆石症 胆石は、胆汁中の成分(コレステロール、色素)が胆道(胆嚢、総胆管、肝内胆管)内で固まったものである。 高齢化と食生活の欧米化(脂肪やコレステロールの多い食事)とともに、胆石を持つ人の割合は増加しており、成人の胆石保有率は10%前後と考えられる。40から50代の肥満の女性は胆石症を起こしやすいとされる。みぞおちから右側の上腹部に激しい腹痛発作が起きることが有るが、胆石をもっている人の約3分の2は無症状であると考えられる。 胆石の大半はコレステロール結石であり、胆汁の成分であるビリルビンが固まったものをビリルビンカルシウム結石という。この他黒色石という石もある。[…][ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    発表日:2016年12月14日 うっ血性心不全患者で摂食嚥下障害併存を予測する -認知機能と栄養状態検査で摂食嚥下障害の早期発見へ- 【研究概要】 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生横田 純一(よこたじゅんいち)、小川 佳子(おがわ よしこ)元助教(現 帝京大学)、上月 正博(こうづき まさひろ)教授らのグループは、認知機能障害と低栄養状態が、入院時のうっ血性心不全急性増悪患者における摂食嚥下障害(注1)併存の予測因子であることを科学的に実証しました。[…][nikkei.com]

  • 閉塞性黄疸

    解説1.胆道ドレナージによる予後の改善効果 閉塞性黄疸を伴う切除不能膵癌症例の多くは,化学療法を行うため胆道ドレナージによる減黄を必要とする。ただし,減黄術による予後の改善や臨床上の利点を述べた論文は少ない。胆道ドレナージによる予後への効果を記載した論文は,1960年代から1980年代に報告されている。いずれも画像診断が発達していない頃の論文で,黄疸症例に対し開腹術を施行し膵癌と診断され切除を行わなかった場合,胆道ドレナージ施行群と非施行群で予後を比較した論文が多い。Sarr らは,1965 年から1980 年までの報告から45論文8,[…][minds.jcqhc.or.jp]

さらなる症状