Create issue ticket

考えれる212県の原因 アミノ酸減少

  • グルカゴン産生腫瘍

    グルカゴンを分泌する度合などにより,壊死性遊走性紅斑,口内炎,眼瞼炎,体重減少,貧血,耐糖能異常,低アミノ酸血症など多彩な症候を伴うことが多く,グルカゴノーマ症候群(glucagonoma syndrome)と呼ばれる。また本腫瘍は,多発性内分泌腫瘍症1型(ウェルマー症候群)の一部としてみられることもある。[newoem.blog.so-net.ne.jp] その結果高グルカゴン血症では血中アミノ酸濃度が低下(低アミノ酸血症)し、貧血、下痢、体重減少(5〜15kg)が発現する。 以前より知られている症状は壊死性遊走性紅斑(NME)で、患者の70%に見られる。NMEでは下腹部、臀部、会陰部、鼠径部等、摩擦や圧力が加わり易い部位に紅斑性水疱が形成される。[ja.wikipedia.org] グルカゴン産生腫瘍 (glucagonoma) グルカゴノーマは膵ラ氏細胞A細胞から発生し、 天疱瘡様皮膚症状(necrotic migratory erythema)、口内炎、体重減少、貧血、 低アミノ酸血症、耐糖能異常を伴います。 時に皮膚症状を欠くグルカゴノーマもあります。[mh.rgr.jp]

  • ネフローゼ症候群

    ,間質性浮腫,NSAIDの使用 近位尿細管機能障害(後天性ファンコニ症候群)で,糖尿,アミノ酸尿,K欠乏,リン酸塩尿,尿細管性アシドーシス,重炭酸塩尿,高クエン酸尿,および尿酸尿を伴う 近位尿細管細胞が再吸収した大量のタンパクに続発する近位尿細管細胞に対する毒性作用 症状と徴候 主な症状には食欲不振,倦怠感,泡沫尿(高濃度のタンパクに起因)[msdmanuals.com] する過粘稠 小児のタンパク低栄養(ときに髪と爪の脆弱化,脱毛症,発育遅滞) タンパクの喪失 ときに腸間膜浮腫に続発した経口摂取の低下 高脂血症 肝リポタンパク合成の増加 成人の冠動脈疾患 動脈硬化を伴う高脂血症 高血圧 凝固亢進 成人の高血圧 腎臓でのナトリウム貯留 骨疾患 コルチコステロイドの使用 慢性腎臓病 原因不明 ときに循環血液量減少[msdmanuals.com]

  • 鉄欠乏症

    図1.血液中の赤血球と、赤血球内のヘモグロビン(模式図) ※2 ポリペプチド/10個以上のアミノ酸が鎖のように結合したもの。 鉄欠乏性貧血とヘモグロビン減少のしくみ 貧血と一口に言っても、原因により、いくつか種類がある。最も頻度が高いのが鉄欠乏性貧血だ。[scienceportal.jst.go.jp]

  • 栄養失調

    ・カロリー(食品に含まれるエネルギー価)の不足 ・一定の食品に含まれる特定の栄養素(アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの「微量栄養素」)の不足 ・食欲の低下や体重の減少をともなう病気(下痢などの場合に顕著) たいていの場合、食事の量が少ないこと、栄養に乏しいこと、そして病気の間には関連がある。[msf.or.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    図1.血液中の赤血球と、赤血球内のヘモグロビン(模式図) ※2 ポリペプチド/10個以上のアミノ酸が鎖のように結合したもの。 鉄欠乏性貧血とヘモグロビン減少のしくみ 貧血と一口に言っても、原因により、いくつか種類がある。最も頻度が高いのが鉄欠乏性貧血だ。[scienceportal.jst.go.jp]

  • 血小板減少症

    ITPでも血小 板増加作用が認められたものの抗TPO抗体産生例が見られ、血小板減少が持続する 症例が見られたため治験が中止されました( Ref 18 )。[med.osaka-cu.ac.jp] その後、TPOとアミノ酸配列上の 相同性を持たない類似薬(AMG531)が開発され、ITP症例について血小板増加効果が 確認されました(Phase IIにおいて62.5%の有効率)( Ref 19 )。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 肝硬変

    この原因の一つは血液中の分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)が減少することである。機能の低下した肝臓の代わりに筋肉でアンモニアが処理されるが、その時に分岐鎖アミノ酸が使われる。また、糖をエネルギーとして利用できない時に分岐鎖アミノ酸がエネルギー源となる。[osaka-eiyoushikai.or.jp]

  • 尋常性魚鱗癬

    しかし、紫外線照射や刺激物質の侵入などの外部刺激を受けた場合や、加齢や内分泌、遺伝的な素因などの内的要因によって保湿機能が低下し、角層中のアミノ酸、ピロリドンカルボン酸、尿素などの天然保湿因子(NMF)が減少すると、乾燥肌、肌荒れなどを引き起こす。[biosciencedbc.jp]

  • 回旋腱板腱炎

    単独でも筋発達の反応を起こすことができ、その威力はロイシン以外の19種類のアミノ酸を合わせたときに匹敵する。このことから科学者たちはロイシンの強力な筋肥大作用に着目し、筋量減少を食い止められないかと考えた。そうして研究が進められた結果、加齢によって「ロイシンへの耐性」ができることがわかった。[shop.goodbouldering.com]

  • 過剰摂取

    体重1kg当たり1gのタンパク質を摂取した場合と、2g摂取した場合を比較すると、後者のほうは、内臓での分解(尿素の合成)が高まる分、筋肉などの末梢組織に供給されるアミノ酸の割合が減少。つまり必要量以上を摂取しても、エネルギーに使われたり、脂肪に変わる可能性が高いのだ。[tarzanweb.jp]

さらなる症状