Create issue ticket

考えれる22県の原因 アニオンギャップ増加

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 ( 慢性腎臓病 とも呼ばれます)は、血液をろ過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気です。その結果血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 その原因として 最も多いのは糖尿病 で、 次に多いのは高血圧 です。これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓の異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[…][shoyohkai.or.jp]

  • 糖尿病性ケトーシス昏睡

    AG 増加 アシドーシスの証明 次の3つが確認されれば、アシドーシス単独の存在を証明できます。 血液pH アシデミア 炭酸水素イオンHCO 3 - 減少 アニオンギャップ 増加 酸塩基平衡障害は複数合併することも有り得るのですが、ここではその鑑別手法については略します。[double-cradle.jp] 血液pHを一定に維持するため、主に炭酸緩衝系および肺の二酸化炭素排出によりH は速やかに体外に排出され(HCO 3 - と結合してCO 2 とH 2 Oになる)、結果的に有機酸イオン(陰イオン)が増加します。 アニオンギャップ増加が認められれば、これだけで代謝性アシドーシスが存在すると言えます。[double-cradle.jp] HCO 3 - 24[mmol/l]or[mEq/l] 酸性物質であるケトン体(アセト酢酸およびβ-ヒドロキシ酪酸)から解離したH は、HCO 3 - と速やかに結合する一方、アセト酢酸イオンおよびβ-ヒドロキシ酪酸イオンは蓄積していくので、アニオンギャップ(AG)は増加する。[double-cradle.jp]

  • 乳酸アシドーシス

    尿ケトン陰性,FFAやBUNの増加なく,アニオンギャップの上昇,乳酸値上昇,乳酸/ピルビン酸比の上昇が乳酸アシドーシスの診断を支持する。 2ページ目以降は、紙版または電子版購入者か有料会員のみご覧いただけます。[jmedj.co.jp] (5 mEq/L以上),②乳酸/ピルビン酸比の増加,③アニオンギャップの上昇を伴ったほかの原因(たとえば,糖尿病ケトアシドーシス,腎不全など)のないアシドーシス( pH7.35)があり,尿ケトン体は陰性のことが多く,血糖値は200 mg/dL前後とあまり高血糖を示さないことが多い.[kotobank.jp] 代謝性アシドーシスの原因判定は,アニオンギャップを用いることから始まる。 アニオンギャップ増加の原因が臨床的に明らかな場合もあるが(例,循環血液量減少性ショック,血液透析の未実施),そうでなければ血液検査に血糖,BUN,クレアチニン,乳酸,および考えられる毒素の検査を含めるべきである。[msdmanuals.com]

  • サリチル酸中毒

    サリチル酸中毒(アスピリン アセチルサリチル酸) サリチル酸中毒は 代謝性アシドーシス(アニオンギャップ増加)と呼吸性アルカローシスの合併 酸化的リン酸化阻害 ATPの産生低下 代謝性アシドーシスから脳浮腫/脳障害 慢性サリチル酸中毒の初期症状は「音楽的な耳鳴り」 甲状腺クリーゼ サリチル酸はタンパク結合性高く、甲状腺ホルモン結合蛋白(TBG[nagasaki-clinic.com] 代謝性アシドーシス(アニオンギャップ増加)による過換気と耳鳴または聴力低下の組み合わせは、アスピリン中毒の存在を強く疑わせる。 胃内容物や尿および血中濃度(アスピリン、アセトアミノフェン)から診断がつくこともあるが、いずれも迅速性に欠ける。[clinicalsup.jp]

  • ストリキニーネ中毒 

    2016-06-17 [ ProMED ]ストリ キニーネ 中毒、動物-米国:(アイダホ)イヌ Strychnine poisoning, animal - USA: (ID) canine 2016-06-15 Date: Wed 1 Jun 2016 11:36 AM Source: Capital Press, Idaho [edited] 2016年4月上旬から、14頭のイヌがストリ キニーネ 中毒になって12頭が死んだ。羊やヤギのガード犬で、中毒は数週間にわたっておこり、現在も続いている。死亡したイヌの胃には緑色に着色された粒が大量に入っていて、それはストリ キニーネ[…][d.hatena.ne.jp]

  • 硫化水素中毒

    また、下水道で硫化水素中毒事故(5名死亡) HOMEPAGE 640/480 災害事例目次へ 愛知県半田市の下水道清掃作業で 硫化水素中毒 救助のための二次災害で多数の死亡者 愛知県半田市の下水道清掃作業における硫化水素中毒災害 1.発生日時 平成14年3月11日午後2時40分頃 2.発生場所 愛知県半田市本町1丁目下水道清掃現場 3.作業名 雨水幹線管渠付帯工事その21 発注者 半田市 元請 (株)東利(トウリ) 下請 (株)吾連商(ゴレンショウ) 4.被災労働者 元請(現場責任者男性59歳 死亡) 元請(男性55歳 死亡) 下請(男性61歳 死亡) 下請(男性54歳 死亡)[…][labor.tank.jp]

  • バルプロ酸

    1. 作用 バルプロ酸は最も良く用いられる抗けいれん剤の一つで、ナトリウム塩として市販されており、さまざまなてんかん発作に有効である。血中からの消失半減期が比較的短く、また併用薬や剤型などの要因によっても血中濃度が変化するため、血中濃度のモニタリング(TDM)が行われる。さらに患者のコンプライアンス(薬剤をきちんと服用しているか)を知る目的でもTDMが行われる。 空腹時に投与した場合、血中濃度はシロップ剤で0.5 1時間、錠剤や顆粒剤では1 2時間でピークに達する。投与量の約40%がグルクロン酸抱合体として排泄され、未変化体として排泄されるのは3%程度に過ぎない。[…][data.medience.co.jp]

  • アシドーシス

    代謝性アシドーシスの原因判定は,アニオンギャップを用いることから始まる。 アニオンギャップ増加 の原因が臨床的に明らかな場合もあるが(例,循環血液量減少性ショック,血液透析の未実施),そうでなければ血液検査に血糖,BUN,クレアチニン,乳酸,および考えられる毒素の検査を含めるべきである。[msdmanuals.com] 代謝性アシドーシスにはアニオンギャップ(AG)が増加するものと、増加しない高クロール血性代謝性アシドーシスがある。AGの増加はそれだけで代謝性アシドーシスが存在するといえる重要な所見である。気をつけなければいけないこととしてAGは低下する病態が存在することである。[ja.wikipedia.org] 代謝性アシドーシスには アニオンギャップ (AG)が増加するものと、増加しない高クロール血性代謝性アシドーシスがある。AGの増加はそれだけで代謝性アシドーシスが存在するといえる重要な所見である。気をつけなければいけないこととしてAGは低下する病態が存在することである。[ja.wikipedia.org]

  • 代謝性アシドーシス

    代謝性アシドーシスの原因判定は,アニオンギャップを用いることから始まる。 アニオンギャップ増加の原因が臨床的に明らかな場合もあるが(例,循環血液量減少性ショック,血液透析の未実施),そうでなければ血液検査に血糖,BUN,クレアチニン,乳酸,および考えられる毒素の検査を含めるべきである。[msdmanuals.com] (高知県 F) 【回答】 まず,代謝性アシドーシスは,大別してアニオンギャップ増加する場合(この場合は血清クロールは低下します)と,アニオンギャップが正常な場合(高クロール血症を伴います)にわけることができます 1) 。[jmedj.co.jp] 代謝性アシドーシスには アニオンギャップ (AG)が増加するものと、増加しない高クロール血性代謝性アシドーシスがある。AGの増加はそれだけで代謝性アシドーシスが存在するといえる重要な所見である。気をつけなければいけないこととしてAGは低下する病態が存在することである。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    AG 増加 アシドーシスの証明 次の3つが確認されれば、アシドーシス単独の存在を証明できます。 血液pH アシデミア 炭酸水素イオンHCO 3 - 減少 アニオンギャップ 増加 酸塩基平衡障害は複数合併することも有り得るのですが、ここではその鑑別手法については略します。[double-cradle.jp] 血液pHを一定に維持するため、主に炭酸緩衝系および肺の二酸化炭素排出によりH は速やかに体外に排出され(HCO 3 - と結合してCO 2 とH 2 Oになる)、結果的に有機酸イオン(陰イオン)が増加します。 アニオンギャップ増加が認められれば、これだけで代謝性アシドーシスが存在すると言えます。[double-cradle.jp] HCO 3 - 24[mmol/l]or[mEq/l] 酸性物質であるケトン体(アセト酢酸およびβ-ヒドロキシ酪酸)から解離したH は、HCO 3 - と速やかに結合する一方、アセト酢酸イオンおよびβ-ヒドロキシ酪酸イオンは蓄積していくので、アニオンギャップ(AG)は増加する。[double-cradle.jp]

さらなる症状