Create issue ticket

考えれる180県の原因 アデノイド障害

  • アデノイド肥大

    アデノイド肥大は診察で直接見ることができないため、すぐには原因がわからないことが多いものです。ただし、いびきや睡眠障害が続いたり、中耳炎が治らないときには、アデノイド肥大による影響が疑われます。 睡眠障害が疑われるときは、お昼寝などの際に子供が睡眠時に無呼吸になっていないかチェックしてみましょう。[192abc.com] 肥大することにより、周囲の臓器へ障害をおこします。 たとえば、アデノイドは耳管に近いため、アデノイド肥大を起こすことで耳管機能にも障害をきたすことがあります。 大人でも稀にアデノイド肥大をおこすことがありますが、一般的には子ども特有の病気です。[fdoc.jp] 薬を使っても鼻づまりがよくならず、反復性の中耳炎や、睡眠時の呼吸障害がでる場合には、アデノイドをとる手術が必要になります。 2013年12月1日[sekino-clinic.com]

  • 急性咽頭炎

    目次 概要 症状 原因 検査内容と主な診療科目 治療方法と治療期間 治療の展望と予後 発症しやすい年代と性差 編集部脚注 概要 急性咽頭炎とは? 急性咽頭炎(きゅうせいいんとうえん)は、のどの粘膜におこる炎症のことです。風邪によるのどの症状もこの病気にあたります。炎症の原因は風邪によるウイルスの他、溶連菌などの細菌などです。声がかすれたり、のどが痛くなる、痰が出る、発熱などの症状がおこります。 通常は1 2週間安静にすることで治癒していきますが長い場合は1か月程度かかる場合もあります。長引くときは耳鼻咽喉科を受診しましょう。 症状[…][fdoc.jp]

  • 扁桃炎

    アデノイド増殖症(咽頭扁桃肥大症) 口で息をする、いびきをかく 咽頭扁桃は鼻腔のつきあたりの空気の通り道が狭くなるところにあり、これが肥大したものを腺様増殖症といい、アデノイドと言い習わしています。咽頭扁桃がいちばん大きくなるのは5 6歳くらいなので、アデノイドによる障害はその年頃のお子さんに最も多く見られます。[nagamoto-clinic.my.coocan.jp]

  • 耳垢栓塞

    増殖症 滲出性中耳炎 3.耳がこもった感じがする 耳管狭窄症 低音障害型感音難聴 耳真菌症 などの難聴をきたす疾患 最近スキューバダイビングをした 普段エレベーターによく乗る トップに戻る 4.耳だれが出る 中耳炎 外耳炎 外耳湿疹 耳真菌症 5.耳の中でガサガサいう 耳垢 外耳道異物(虫など) 6.耳鳴がする 最近急に始まった 突発性難聴[yamamura-ent.jp] まない 耳垢栓塞・ 突発性難聴 ・低音障害型感音難聴 朝、起床時に突然なった 耳が痛む 中耳炎 最近、飛行機に乗った 航空性中耳炎 機械音がうるさい職場で働いていた 又はロックコンサートに行った 騒音性難聴 以前より徐々に聞こえなくなった 老人 老人性難聴・慢性中耳炎・ 滲出性中耳炎 中高年者 聴神経腫瘍・慢性中耳炎・滲出性中耳炎 幼児 アデノイド[yamamura-ent.jp]

  • 副鼻腔炎

    成人の場合は、肥満、小下顎、鼻中隔弯曲症・口蓋扁桃肥大などの上気道疾患、加齢などが閉塞性睡眠時無呼吸の主な原因として挙げられ、高血圧症、高脂血症、糖尿病などの病気を引き起こすことが問題とされており、放置しておくと脳血管障害や虚血性心疾患などの合併症のリスクが高まります。[lab.toho-u.ac.jp] 小児の場合は、アデノイド肥大、口蓋扁桃肥大など、子ども特有の疾患が原因として多くみられますが、アレルギー性鼻炎に伴う鼻づまりによって発症することもあります。また、低身長、低体重、多動、攻撃的な性格、学業不振など、お子さんの成長発達、高次脳機能にまで幅広く影響を及ぼす可能性があります。 どのような症状が現れますか。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 良性移動性舌炎

    鼻疾患:アレルギー性鼻炎,好酸球性副鼻腔炎,慢性副鼻腔炎,鼻中隔彎曲症,嗅覚障害,鼻・副鼻腔腫瘍,副鼻腔嚢胞など。 口腔・咽喉頭疾患:ガマ腫,慢性扁桃炎,アデノイド,音声障害(声帯ポリープ,反回神経麻痺)など。[okayama-u.ac.jp] 小児で鼻づまり、いびき、睡眠時の無呼吸がある方 鼻の奥にある扁桃組織の一種、アデノイド肥大が原因となっていることがあります。これらは日常生活における注意力低下、摂食障害などにも影響することがあります。アデノイドを切除することによりこれらは軽快します。 声帯にポリープができて発声障害が生じている 全身麻酔下にポリープ切除を行います。[tane.or.jp] 、慢性扁桃炎、アデノイド増殖症、頭頸部がん、嚥下障害、発声障害など があります。[kure.hosp.go.jp]

  • 口蓋扁桃肥大

    [症状] アデノイド・扁桃肥大が治療の対象となるのは次のような場合です。 《アデノイド》 [1]鼻呼吸の障害 アデノイドは鼻の後ろにあるため、アデノイドが大きいと鼻からの呼吸がしにくくなります。いつも口をぽかんと開けて呼吸をしている場合はこの可能性があります。[miyagi.doctor-search.tv] アデノイド増殖症(咽頭扁桃肥大症) 口で息をする、いびきをかく 咽頭扁桃は鼻腔のつきあたりの空気の通り道が狭くなるところにあり、これが肥大したものを腺様増殖症といい、アデノイドと言い習わしています。咽頭扁桃がいちばん大きくなるのは5 6歳くらいなので、アデノイドによる障害はその年頃のお子さんに最も多く見られます。[nagamoto-clinic.my.coocan.jp] 小児のアデノイド肥大および扁桃肥大に対する手術適応(アデノイド切除や口蓋扁桃摘出術)の決定には、睡眠時の呼吸障害の有無と程度の評価が最も重要である。睡眠時の呼吸障害は通常大きないびきを伴い、呼吸が数秒間停止したり、胸や腹が陥没するような努力性の呼吸状態を指す。[clinicalsup.jp]

  • 中耳炎

    原因 滲出性中耳炎は耳管機能が障害される疾患が原因となり、耳管の働きが未熟で、かつアデノイドが増大する乳幼児に最も多く、耳管機能が衰える高齢者にも多く発症します。 アレルギー性鼻炎 や急性鼻炎、 副鼻腔炎 罹患後に発症することもあり、この場合は成人にもみられます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 慢性喉頭炎

    肥大 音声障害、声帯ポリープ、声帯結節、ポリープ様声帯、喉頭肉芽腫、喉頭白板症、中咽頭腫瘍、喉頭腫瘍 下咽頭腫瘍、反回神経麻痺 舌咽神経麻痺、咽頭異物 頸部の疾患 頸部リンパ節腫脹、耳下腺炎、顎下腺炎、甲状腺炎、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、正中頸嚢胞、側頸嚢胞 甲状腺腫瘍、頸部神経鞘腫、転移性頸部腫瘍、頸部蜂窩織炎 その他の疾患 花粉症、顔面神麻痺[ario-jc.com] 鼻及び副鼻腔の, 嚢胞及び粘液嚢腫 鼻中隔弯曲症 J342 鼻中隔弯曲症 鼻甲介肥厚症 J343 鼻甲介の肥厚 乾燥性前鼻炎 血性鼻漏 後鼻孔狭窄 水様性鼻漏 粘液性鼻漏 膿性鼻閉 鼻腔内びらん 鼻石 鼻前庭びらん 鼻前庭炎 鼻中隔穿孔 鼻中隔軟骨膜炎 鼻痛 鼻内癒着症 鼻軟骨膜炎 鼻漏 後鼻漏 J348 鼻及び副鼻腔のその他の明示された障害[kegg.jp] 主な手術とその対象疾患は、口蓋扁桃摘出術(繰返す扁桃炎、睡眠呼吸障害、扁桃病巣感染症、主に小児の扁桃肥大症)、アデノイド切除術(主に小児の鼻閉、睡眠呼吸障害、滲出性中耳炎、慢性鼻炎など)、鼓膜チューブ留置術(滲出性中耳炎、反復性中耳炎)、鼓膜形成手術(慢性穿孔性中耳炎)、鼓室形成術(慢性中耳炎、中耳真珠腫)、内視鏡下鼻内副鼻腔手術(慢性副鼻腔炎[nakatsugawa-hp.jp]

  • 急性喉頭炎

    増殖症・鼻出血症・鼻中隔弯曲症・嗅覚障害・鼻腔腫瘍 のどの症状 のどの違和感・痛み、せき・たん、声がかれる、いびき、魚の骨がのどにささった、味がしない、舌の痛み 等 診察可能な疾患 口内炎・急性咽頭炎・急性喉頭炎・急性扁桃炎・扁桃周囲膿瘍・咽頭異物・急性喉頭蓋炎・慢性扁桃炎・胃食道逆流症・咽喉頭異常感症・声帯ポリープ・声帯結節・ポリープ様声帯[suncity-ent.com] 真珠腫性中耳炎・外耳炎・外耳道湿疹・外耳道異物・伝音性難聴・感音性難聴・耳鳴症・突発性難聴・急性低音障害感音難聴・加齢性難聴・良性発作性頭位めまい症・メニエール病・前庭神経炎・聴神経腫瘍 鼻の症状 鼻水がでる、鼻水がのどに流れる、鼻づまり、においがしない、鼻血 等 診察可能な疾患 アレルギー性鼻炎、急性副鼻腔炎(かぜに伴うものも含む)・慢性副鼻腔炎・アデノイド[suncity-ent.com]

さらなる症状