Create issue ticket

考えれる606県の原因 アスペルギルス症

  • 肺胞蛋白症

    肺胞マクロファージの機能異常、肺胞内の液体貯留等により、易感染性となり、アスペルギルス、カンジダ、結核菌、非結核性抗酸菌、ニューモシスチス、ウイルスなどの感染を合併しやすい。 20〜30%において、自然に治癒する例がある。肺機能検査や臨床症状悪化した場合は肺胞洗浄療法を行なう。これは確立された治療法である。[ja.wikipedia.org]

  • 喀血

    喀血の原因となる基礎疾患には、気管支拡張・非結核性抗酸菌・活動性肺結核・肺結核後遺症・肺アスペルギルス・肺癌・特発性喀血症・気管支動脈つる状血管腫などがある。このうち特発性喀血症とは、特に背景となる基礎疾患を持たない喀血であり、胸部レントゲン・胸部CT・気管支鏡などを実施しても出血以外の異常を指摘できない。[ja.wikipedia.org] 原因・危険性 [ 編集 ] 喀血の原因となる基礎疾患には、 気管支拡張 ・非結核性抗酸菌・活動性肺結核・ 肺結核 後遺症・肺 アスペルギルス ・ 肺癌 ・特発性喀血症・気管支動脈つる状血管腫などがある。[ja.wikipedia.org] 気道閉塞を起こすリスクは喀血量に比例し、特に空洞を伴う肺結核後遺症や肺アスペルギルスに多いが、一方で、一般的には予後良好な特発性喀血症であっても気管内挿管を要する大喀血も稀にみられ、油断は禁物である。[ja.wikipedia.org]

  • アスペルギルス症

    アスペルギルス (英: aspergillosis) とはアスペルギルス属の真菌を原因とする種々の真菌疾病の総称で胞子の吸入と体内での増殖が原因の日和見感染アスペルギルス属の胞子は環境中に広く存在することから、ほとんどのヒトが毎日吸入しており、免疫に障害のあるヒトや家畜ではアスペルギルスに進行する事がある。[ja.wikipedia.org] アレルギー性気管支肺アスペルギルスでは、咳や喘鳴などのアスペルギルスによるアレルギー性の呼吸器症状が見られます。 侵襲性アスペルギルスでは、免疫に問題がある人で、主に肺において、アスペルギルスが組織を侵し破壊します。肺における侵襲性アスペルギルスでは、発熱、胸痛、咳、息切れ等が見られます。[city.yokohama.lg.jp] ,菌球型肺アスペルギルス,アレルギー性気管支肺アスペルギルスにおいては抗体検出が診断に役立つ.アレルギー性気管支肺アスペルギルスでは複数の診断基準が提唱されている.[kotobank.jp]

  • アスペルギルス菌腫

    アレルギー性気管支肺アスペルギルスでは、咳や喘鳴などのアスペルギルスによるアレルギー性の呼吸器症状が見られます。 侵襲性アスペルギルスでは、免疫に問題がある人で、主に肺において、アスペルギルスが組織を侵し破壊します。肺における侵襲性アスペルギルスでは、発熱、胸痛、咳、息切れ等が見られます。[city.yokohama.lg.jp] ,菌球型肺アスペルギルス,アレルギー性気管支肺アスペルギルスにおいては抗体検出が診断に役立つ.アレルギー性気管支肺アスペルギルスでは複数の診断基準が提唱されている.[kotobank.jp] 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 感染内科学 [*] ICD - 10 B 44 ICD - 9-CM 117.3 MedlinePlus 001326 eMedicine med/174 Patient UK アスペルギルス MeSH D001228 アスペルギルス ( 英 : aspergillosis ) とは アスペルギルス[ja.wikipedia.org]

  • 侵襲性アスペルギルス症

    鼻内内視鏡下生検を施行し、各種培養・細胞診を行った結果、侵襲性アスペルギルスによる眼窩尖端症候群の診断に至った。アバタセプトを中止し、ボリコナゾールの投与を開始したところ、頭痛は消失したが、右眼の視力は改善しなかった。[imic.or.jp] 肺侵襲性アスペルギルスは胸部CTでの“halo sign”が特徴的である。 … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 エントリーとして典型的な肺と副鼻腔をまず画像的に検索し、次いでほかの全身部位の播種性病変の検索を行う。[clinicalsup.jp] ボリコナゾールはアスペルギルス種に対して有効な広いスペクトルをもつトリアゾールである.われわれは,侵襲性アスペルギルスの初期治療におけるボリコナゾールとアムホテリシン B を比較するため無作為試験を実施した.[nejm.jp]

  • 侵襲性肺アスペルギルス症

    侵襲性肺アスペルギルスは早期診断・治療が重要 侵襲性肺アスペルギルスとは進行が速い急性の肺アスペルギルスであり、治療が遅れると致死的な呼吸不全などを来すこともある危険な病態です。[medicalnote.jp] アレルギー性気管支肺アスペルギルスでは、咳や喘鳴などのアスペルギルスによるアレルギー性の呼吸器症状が見られます。 侵襲性アスペルギルスでは、免疫に問題がある人で、主に肺において、アスペルギルスが組織を侵し破壊します。肺における侵襲性アスペルギルスでは、発熱、胸痛、咳、息切れ等が見られます。[city.yokohama.lg.jp] ,菌球型肺アスペルギルス,アレルギー性気管支肺アスペルギルスにおいては抗体検出が診断に役立つ.アレルギー性気管支肺アスペルギルスでは複数の診断基準が提唱されている.[kotobank.jp]

  • 全身性真菌症

    属及びカンジダ属による下記感染 造血幹細胞移植患者におけるアスペルギルス及びカンジダの予防 用法用量 成人 アスペルギルス 通常、成人にはミカファンギンナトリウムとして50〜150mg(力価)を1日1回点滴静注する。[kegg.jp] 1つの定義に合致する被験者 (1)侵襲性アスペルギルス (2)慢性肺アスペルギルス (3)ムーコル (4)フサリウム 18 歳 / year 制限なし / no limitation 両方 / both ・アスペルギルス属、ムーコル目、フサリウム属以外の真菌を起因真菌として有する被験者 ・アレルギー性気管支肺アスペルギルス、アレルギー[clinicaltrials.jp] ムコール ケカビ クモノスカビ 肺、胃の組織 脳、精髄などの中枢神経及び肺、消化管などを侵す。 アスペルギルス アスペルギルス フュミガタス その他のアスペルギルス 肺の組織、鼻洞 気管支肺炎または肺膿の症状、慢性では気管支または肺に球菌を形成する。 肺アスペルギルス、外耳道アスペルギルス[miltec-japan.com]

  • 播種性アスペルギルス症

    X年8月初旬に高熱あり,侵襲性肺アスペルギルスの診断となったが,VRCZの内服で熱型,炎症反応,画像所見の改善を認めた。同年9月末に再度高熱あり,CTで皮下組織を含む全身諸臓器に多発結節性病変を認めた。皮下結節の生検より播種性アスペルギルスの診断となった。[journal.chemotherapy.or.jp] Summary・Abstract 過去10年間における当教室での仔牛の剖検例406例中に19例の深在性真菌を認めた,そのうちアスペルギルスの1例の中枢神経,腎臓,心臓,気管支リンパ節および末梢神経に播種性病巣が認められ,原発巣は肺が考えられた. さらに消化器系アスペルギルスおよびムコール症を伴っていた.[iss.ndl.go.jp] […] cw 骨髄異形成症候群, コツズイイケイセイショウコウグン, myelodysplastic syndrome, 055416, *, アスペルギルス, アスペルギルスショウ, aspergillosis, 040063, X線CT, XセンCT, X-ray computed tomography, 055741, 気管支鏡検査, キカンシキョウケンサ[togodb.biosciencedbc.jp]

  • 肺真菌症

    肺真菌の種類 1) 肺アスペルギルス ①慢性肺アスペルギルス 慢性肺アスペルギルスは肺の単一の空洞の中に菌の塊である菌球を持つ単純性肺アスペル ギローマと、それ以外の慢性進行性肺アスペルギルス(CPPA)に分類されます。 肺結核後、肺気腫、気管支拡張、塵肺、胸部の手術後などで肺に空洞がある場合に発症す ることが多いです。[kcmc.hosp.go.jp] アスペルギルス感染は、胸部写真や症状の進み方、肺の中での広がり方などの病態により「肺アスペルギローマ」「侵襲性肺アスペルギルス」「慢性壊死(えし)性肺アスペルギルス」の三つの病気に分けられます。 肺アスペルギローマは、肺にある空洞内に菌球と呼ばれる菌の塊ができる病気です。[tokushima.med.or.jp] また、感染としての議論の余地を残しますが、非侵襲性肺アスペルギルス(菌球、アスペルギローマ)や アレルギー性気管支肺アスペルギルス など、真菌が肺内で増殖することによるいくつかの病態が知られています。 クリプトコックス症は、健常者にも発症します。[qlife.jp]

  • FGFR1転位随伴性脊髄性腫瘍

    アスペルギルスに対する沈降抗体(必須) 6. 末梢血好酸球増多 7. 血清抗アスペルギルスIgE抗体、抗アスペルギルスIgG抗体上昇 8. 中枢性気管支拡張 皮膚と皮下組織疾患 アトピー性皮膚炎、 末梢血好酸球が増加する場合がある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 先行する肺を含めた全身性の感染やアトピー歴がない 6. ステロイドが著効する 7. 治療終了後に再発しない アレルギー性気管支肺アスペルギルス: Allergic bronchopulmonary aspergillosis(ABPA) アレルギー性気管支肺真菌の大部分はAspergillus fumigatusである。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] Frontiers in Biosciences 8;s119-127 2003 * 鈴木澤尚美 アレルギー性肉芽腫性血管炎(Churg-Strauss syndrome) アレルギー60(2);145-155 2011 * 中込一之、永田真 アレルギー性気管支肺アスペルギルス、好酸球性肺炎 アレルギー60(2);156-165 2011[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状