Create issue ticket

考えれる195県の原因 アスピリン喘息

  • アスピリン喘息

    アスピリン喘息は、成人になってから発症することがほとんどで、小児期に喘息がなかった方が大人になってから喘息症状が現れるようになった場合には疑われます。小児喘息にはアトピー体質が関与していることが多いですが、アスピリン喘息はアトピー素因がない方にも発症します。[medicalnote.jp] 「ロキソプロフェンNaゲル」でアスピリン喘息発作 を起こしました。 はじめまして。宜しくお願いいたします。 当方、喘息患者であるにもかかわらず、 整形外科医より処方された「ロキソプロフェンNaゲル」でアスピリン喘息発作 を起こしました。[bengo4.com] アスピリン喘息 この病名を知っているだろうか?[iizuna-hp.jp]

  • 副鼻腔炎

    3 アスピリン喘息 アスピリン喘息アスピリン様の薬理作用を有する非ステロイド性解熱鎮痛薬(NSAIDs)により発作が誘発されるという特徴を持ち、喘息発作、アスピリン過敏症、鼻茸を3主徴とする疾患です。[iwano-jibika.or.jp] この病気はどのような人に多いのですか 気管支喘息の人や、アスピリンなどの解熱剤などで喘息を起こしたりショックを起こしたりするアスピリン不耐症の人に多く起こります。また薬物アレルギーの人にも起こります。[nanbyou.or.jp] 特に、喘息との関わりは深く、アスピリンが原因で喘息を誘発するアスピリン喘息の合併や、喘息が原因で好酸球性副鼻腔炎になるケースも多数あります。治療で副鼻腔炎が改善すると喘息も改善し、逆に副鼻腔炎が悪化すると喘息も悪化することが報告されています。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 心臓性喘息

    歯科領域で使用する鎮痛作用の高い痛み止めは、喘息発作(アスピリン喘息)を誘発する可能性があります。そのため、漢方による鎮痛剤や塩基性非ステロイド性消炎鎮痛剤などの、アスピリン喘息の患者さんに対して、発作を起こす可能性の低く安全性の高いとされるこれらの鎮痛薬を処方する方針としています。[kijokai.or.jp] その他の病型 ・ アスピリン喘息 アスピリン喘息は、アスピリン服用によって生じる喘息ではなく、他の解熱鎮痛剤でも発症します。アスピリンなどの解熱鎮痛剤により強い気道症状(鼻閉、鼻汁、喘息発作)を呈することからこの名称が広まりました2。[kcmc.hosp.go.jp] 喘息の種類 運動誘発性喘息 アスピリン喘息 アトピー型喘息 非アトピー型喘息 運動誘発性喘息 運動をすることにより、喘鳴や呼吸困難などの喘息症状が起こることを「運動誘発喘息」といい、喘息患者の35%程に発現します。 アスピリン喘息 気管支喘息が基礎疾患としてあり、アスピリン(NSAIDs)で非常に強いぜんそく発作と鼻症状が誘発されます。[sickchild-care.jp]

  • 急性副鼻腔炎

    3 アスピリン喘息 アスピリン喘息アスピリン様の薬理作用を有する非ステロイド性解熱鎮痛薬(NSAIDs)により発作が誘発されるという特徴を持ち、喘息発作、アスピリン過敏症、鼻茸を3主徴とする疾患です。[iwano-jibika.or.jp] 特に、喘息との関わりは深く、アスピリンが原因で喘息を誘発するアスピリン喘息の合併や、喘息が原因で好酸球性副鼻腔炎になるケースも多数あります。治療で副鼻腔炎が改善すると喘息も改善し、逆に副鼻腔炎が悪化すると喘息も悪化することが報告されています。[kanazawa-med.ac.jp] この概念には気管支喘息は含まれず、マクロライド療法が有効です。一方で、アレルギー性鼻炎やアトピー型 喘息の合併と関連した「アレルギー性(鼻)副鼻腔炎」、更にはアスピリン喘息を含む非アトピー型喘息を高頻度に合併する、難治性・易再発性好酸球性炎症である「好酸球性(鼻)副鼻腔炎」があります。[hanamizu.jp]

  • 気管支喘息発作重積状態

    アスピリン喘息(NSAIDS過敏喘息) ・成人喘息患者の5-10%を占め[2]、NSAIDS投与により重篤な発作を来す。 ・アスピリン喘息の患者のうちで、NSAIDSによる発作の既往を有する患者は約6割しかおらず、既往歴のみで判断することはできない[1]。[kameda.com] 喘息の患者さんの中にはスポーツ選手として活躍している人もたくさんいます。 アスピリン喘息の防止 喘息の患者さんの約10%が、鎮痛解熱剤を使うと発作を起こし、アスピリン喘息と呼ばれています。アスピリンだけではなく、他の鎮痛消炎剤でも発作が起こることもあるため注意が必要です。[enomoto-clinic.info] Fアスピリン アスピリン喘息(aspirin induced asthma : AIA )は、アスピリン内服直後から2時間までの間に発症し、鼻汁分泌を伴い、呼吸困難発作は重篤で、死亡することがある。中年以降の慢性喘息患者に発症し、しばしば鼻ポリープを合併し、女性に多い。頻度は喘息患者の約10 %を占めるといわれている。[shinshu-u.ac.jp]

  • 慢性副鼻腔炎

    3 アスピリン喘息 アスピリン喘息アスピリン様の薬理作用を有する非ステロイド性解熱鎮痛薬(NSAIDs)により発作が誘発されるという特徴を持ち、喘息発作、アスピリン過敏症、鼻茸を3主徴とする疾患です。[iwano-jibika.or.jp] 特に、喘息との関わりは深く、アスピリンが原因で喘息を誘発するアスピリン喘息の合併や、喘息が原因で好酸球性副鼻腔炎になるケースも多数あります。治療で副鼻腔炎が改善すると喘息も改善し、逆に副鼻腔炎が悪化すると喘息も悪化することが報告されています。[kanazawa-med.ac.jp] この概念には気管支喘息は含まれず、マクロライド療法が有効です。一方で、アレルギー性鼻炎やアトピー型 喘息の合併と関連した「アレルギー性(鼻)副鼻腔炎」、更にはアスピリン喘息を含む非アトピー型喘息を高頻度に合併する、難治性・易再発性好酸球性炎症である「好酸球性(鼻)副鼻腔炎」があります。[hanamizu.jp]

  • 過敏症

    誘発閾値(内服) 数10mg(平均60mg) 100mg以上 COX-2阻害薬の影響 なし なし アスピリン喘息とは アスピリンぜんそくとはアスピリンだけでなく解熱鎮痛薬全般に過敏な体質をもつ喘息のことをさします アスピリン喘息とは、アスピリンだけでなく、ほとんどの解熱鎮痛薬で、息苦しさ(ぜんそく発作)や鼻症状がおきる過敏体質のことをさします[sagamihara.hosp.go.jp] アスピリン内服時の症状出現 1時間以内 1-3時間後 アスピリン誘発症状:軽症 喘息、鼻症状(鼻汁と鼻閉) 蕁麻疹と血管浮腫 アスピリン誘発症状:重症 上記(重症発作)と顔面頚部の紅潮、結膜充血、消化器症状(下痢、腹痛)など 上記と喉頭浮腫(アナフィラキシー類似)、嘔吐など アスピリン誘発症状の持続 数時間から半日 半日から数日 アスピリン[sagamihara.hosp.go.jp] NSAIDs過敏喘息 NSAIDs過敏じんましん 頻度 成人喘息の約10% 慢性蕁麻疹の20-30%(?) 男女比 9) 2:3で女性に多い 女性に多い?[sagamihara.hosp.go.jp]

  • 鼻ポリープ

    慢性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、大人になってから気管支喘息になった方、アスピリン喘息の方などに形成されやすいといわれています。[tanashi-ent.jp] • 慢性の副鼻腔炎 • ぜん息 • アレルギー性鼻炎(花粉症) • 嚢胞性線維症 • チャーグ・ストラウス症候群 • 非ステロイド系抗炎症薬への過敏症(アスピリンやイブプロフェン、ナプロキセンなどに対するアレルギーのほうな反応) 1.成人発症、両側性で多発性のポリープ 2.嗅覚障害の合併が多い 3.粘調な鼻汁が多い 4.喘息の合併が多い(アスピリン[matome.naver.jp] 日本耳鼻咽喉科学会では、CT所見と末梢血好酸球%に加え、気管支喘息アスピリン喘息などの有無により重症度を分類しています。その分類から、鼻ポリープなどの再発率、最終的な難治率(治癒率)を公表しています。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 歯齦炎

    日本耳鼻咽喉科学会では、CT所見と末梢血好酸球%に加え、気管支喘息アスピリン喘息などの有無により重症度を分類しています。その分類から、鼻ポリープなどの再発率、最終的な難治率(治癒率)を公表しています。[lab.toho-u.ac.jp] しかし、近年は気管支喘息アスピリン喘息などを合併し血液中の好酸球の割合が高い好酸球性副鼻腔炎が増加しています。 好酸球性副鼻腔炎の特徴として、鼻ポリープが多発し、嗅覚障害を来します。手術を行っても再発することもあります。この鼻ポリープ内にも多数の好酸球が浸潤しています。[lab.toho-u.ac.jp] それに対して、気管支喘息アスピリン喘息を合併した好酸球性副鼻腔炎という内因性の素因による副鼻腔炎が増加しています。鼻ポリープが存在しない場合は、マクロライド系抗菌薬を長期的に処方するマクロライド療法が有効ですが、鼻ポリープがある方は内視鏡を用いた手術療法が第一選択となります。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 反応性気道疾患

    キーワード 気管支喘息、喫煙、ステロイド耐性、Asthma-COPD Overlap 目次へ戻る 重症喘息関連疾患 1.アスピリン喘息 三井 千尋* 谷口 正実** * 国立病院機構相模原病院臨床研究センター ** 同センター長 要 旨 アスピリン喘息の主病態はシステイニルロイコトリエン(CysLTs)過剰産生であるが,その機序は完全には解明[saishin-igaku.co.jp] 病歴から診断可能な例もあるが、確定診断のためにアスピリン負荷試験を要することが少なくない。成人喘息患者の約21%は誘発試験でアスピリン喘息を起こしたとの報告がある [21] 。[ja.wikipedia.org] このほか、気道感染、天候の変化、気温の急激な変化、精神的ストレス、運動、過労、過食なども喘息の誘発ないし増悪因子となる。アスピリンなどの消炎鎮痛剤によりおこる、いわゆるアスピリン喘息もある。発症には遺伝的素因も重要な役割を演じており、遺伝が濃厚なほど小児期に発症する。[kotobank.jp]

さらなる症状