Create issue ticket

考えれる1,340県の原因 アスピリン

  • 関節炎

    サイアザイド、ループ利尿薬、シクロスポリン、タクロリムス、低容量アスピリン、ニコチン酸、エタンブトール、ピラジナミドなどの薬剤も尿酸値上昇に寄与し痛風のリスクになる。発熱・腫脹・疼痛・熱感といった炎症徴候が強く、下肢関節炎では荷重時痛を訴えたり、触診を嫌がるほどの疼痛がみられる。[ja.wikipedia.org]

  • アスピリン喘息

    そのため、アスピリン喘息は「NSAIDs過敏喘息」や「解熱鎮痛薬喘息」などとも呼ばれることがあります。小児期における発症はまれであり、成人喘息のうちおよそ10%を占めていると考えられています。 原因 アスピリン喘息の原因は、一部の解熱鎮痛剤(NSAIDs)です。[medicalnote.jp] 「ロキソプロフェンNaゲル」でアスピリン喘息発作 を起こしました。 はじめまして。宜しくお願いいたします。 当方、喘息患者であるにもかかわらず、 整形外科医より処方された「ロキソプロフェンNaゲル」でアスピリン喘息発作 を起こしました。[bengo4.com] アスピリン などの 非ステロイド性抗炎症薬 によって発作が引き起こされる 喘息 。風邪薬・解熱鎮痛薬の多くが原因となる。食品に含まれる合成着色料(タートラジン)や防腐剤(安息香酸ナトリウム)によって発作が誘発される場合もある。[dictionary.goo.ne.jp]

  • 狭心症

    心臓発作が疑われる場合は速やかにアスピリンを服用する。アスピリンアレルギーのある人は、代わりにクロピドグレルまたはチクロピジンを服用してもよい。[msdmanuals.com] また冠動脈の動脈硬化を抑え、心筋梗塞症を予防するため、アスピリンを少量使用します。アスピリンは血小板の活動を抑えますから、血栓ができにくくなります。 同様の働きを持つ薬としてプラビックス、エフィエントも使用します。これらを併せて抗血小板薬と呼びます。[okayama-heart.com] 血栓を防ぐ薬 アスピリンなど...血を固まりにくくする。 冠動脈の狭さくが進む場合など、心筋梗塞を起こしやすい狭心症には、カテーテル治療やバイパス手術を検討します。 『Q&A狭心症』はこちら[nhk.or.jp]

  • 子癇前症

    妊婦341人を対象としたプラセボ対照無作為化試験で、低用量のアスピリンを就寝前に服用すると、プラセボや他の時間帯にアスピリンを服用した場合よりも子癇前症の予防効果が高いことがわかった。スペインde Vigo病院時間生物学研究室のRamon C.[medical.nikkeibp.co.jp] 低用量アスピリンが子癇前症を予防するか否かは明確でない.低用量アスピリンの服用は,子癇前症のリスクが低い女性では予防として推奨されないが,リスクの高い女性ではこの疾患の発生率を低下させる可能性がある.[nejm.jp] 臨床ニュース 関連ニュースリストへ 米国心臓病学会(ACC)は4月9日、子癇前症の高リスク妊婦に対する第1三半期中の低用量(60-150mg)アスピリン投与が、予後悪化の予防に効果的とするレビューを紹介した。子癇前症は、胎盤血管系の発達異常に続発する多臓器障害の一種であり、母体における血管内皮細胞の機能障害を引き起こす。[m3.com]

  • 一過性脳虚血発作

    著者の結論: アスピリンは非弁膜症性AFの患者の脳卒中および重大な血管事象を減少させるようであり、その効果は他の高リスク患者と同程度である(すなわち、約25%減少)。年間平均4%の脳卒中発生率を示すAF患者に一次予防治療として使用すれば、アスピリンを投与したAF患者1000名ごとに年間約10回の脳卒中が予防できる可能性がある。[cochrane.org] アスピリン(バイアスピリン錠)、シロスタゾール(プレタールOD錠)、クロピドグレル(プラビックス錠)、チクロピジン(ニチステート錠、パナルジン錠)は血小板の働きを抑えて血の塊を作りにくくする薬で、非心原性一過性脳虚血発作(心臓由来ではないもの)の予防に使用されます。[nho-kumamoto.jp] 薬物療法…機序に応じて抗凝固剤(ワルファリンなど)や血小板凝集阻止剤(アスピリンなど)を投与 外科的療法…頚動脈に強い狭窄を認めれば、血栓内膜摘除術・バイパスグラフトを行う。頚動脈ステント留置術を考慮する場合もある。頭蓋内の主幹動脈に閉塞のある場合は、浅側頭動脈・中大脳脈皮質枝の吻合術を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 扁桃周囲膿瘍

    成人にはアスピリンを使用することもあるが、小児にはライ症候群のリスクがあるため推奨されない。 米国では安全性、費用および効果の点でペニシリンVがレンサ球菌咽頭炎の治療に使用されている。ヨーロッパではアモキシシリンが好まれている。リウマチ熱のリスクが高いインドでは、筋注ベンザチンペニシリンGが第一選択薬となっている。[ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    血管に原因がある脳梗塞(アテローム血栓性梗塞、ラクナ梗塞)の再発予防には、アスピリンなどの抗血小板薬が有効です。なぜなら、動脈内での血栓形成は血小板という血液成分がまず凝集することによって始まりますから、この血小板の凝集を抑える薬を使えば血栓はできにくくなるわけです。[ncvc.go.jp]

  • 心筋梗塞

    (4)薬物療法 抗血栓薬(アスピリン・ヘパリン) 心筋梗塞後にヘパリンを使用することで、死亡率が21%、心筋梗塞の再発が30%も減少することが明らかになっています。また、アスピリンでも明らかに死亡率、再梗塞が減少しています。そのため、急性心筋梗塞を発症した場合には、ヘパリンとアスピリンが使用されます。[japa.org] また冠動脈の動脈硬化を抑え、心筋梗塞症を予防するため、アスピリンを少量使用します。アスピリンは血小板の活動を抑えますから、血栓ができにくくなります。 同様の働きを持つ薬としてプラビックス、エフィエントも使用します。これらを併せて抗血小板薬と呼びます。[okayama-heart.com] それぞれ、 モルヒネ ( Morphine )、 酸素 (O xy gen)、硝 酸 薬 ( Nitroglycerin あるいはN it r at e)、 アスピリン ( As p ir in)の 頭文字 。ただし、低 酸素 血症のない患者に対する 酸素 吸入は推奨されない。[dic.nicovideo.jp]

  • ヴォン・ヴィレブランド病

    例えばアスピリンのように血小板の作用を変化させる薬は、出血性疾患を持つ犬では使用を避けるべきです。 診断 vWDの出血の程度はかなり差があります。3 5歳になるまで疾患が診断されないこともしばしばあります。 獣医師は、不可解な鼻血や手術中の激しい出血のような異常出血の発現により、vWDを疑うかもしれません。[breithorn.info]

  • 胃潰瘍

    胃潰瘍・十二指腸潰瘍のもうひとつの原因である消炎鎮痛薬については、これらの内服を中止することが基本ですが、アスピリンを抗凝固薬として内服している場合や関節リウマチなどの患者さんなど、中止できないことも少なくありません。この場合には胃酸を抑える薬やプロスタグランジン誘導体を内服して頂きます。[yamatoclinic.com] アスピリンを含む非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、抗炎症・解熱・鎮痛作用や血小板凝集抑制作用を有する薬で、高齢化社会を反映し、使用頻度は近年増加傾向にある。[nagoya-central-hospital.com] さらに、アスピリンやバファリンなどの非ステロイド系消炎鎮痛薬は日常最も多く使われる鎮痛薬ですが、プロスタグランディンという胃粘膜の重要な防御因子の産生を抑制するために、粘膜障害がおきます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状