Create issue ticket

考えれる76県の原因 アキレス腱反射の消失, 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: アキレス腱反射の消失, 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • 末梢神経障害

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 運動神経が障害されますと,身体のバランスを上手く保てないため歩行や立っていることも難しくなることがありますし,時に筋力低下をもたらすことがあります。 感覚神経障害では,チクチクする感覚,しびれ,焼けつくような痛み,振動や温度が感じられない感覚が鈍ることなどもみられます。[clinicalscience.info] 炎症性疾患や糖尿病などにより末梢神経が障害されると、手足の筋力低下、しびれや痛み、便秘などの症状が現れ、日常生活に支障を来すことがあります。重症例では排尿障害や不整脈が起こることもあるという末梢神経障害の原因と症状について、国立精神・神経医療研究センター病院神経内科医長の岡本智子先生にお伺いしました。 末梢神経とは?[medicalnote.jp]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 抄録 糖尿病性末梢神経障害は糖尿病の三大合併症の中で最も早期に発症し,また頻度も高い.この中で感覚・自律神経性ポリニューロパチーが最も高頻度であり,一般に糖尿病性多発ニューロパチー(diabetic polyneuropathy,DPN)と呼ばれる.臨床的には自覚症状,両側アキレス腱反射低下・消失,振動覚低下で診断される簡易診断基準が有用である[ci.nii.ac.jp] 次に、神経障害があるかどうかを調べる検査についてお話しします.最も簡単で有効な検査は、よくお医者さんがやってますが、ハンマーで膝やアキレス腱をたたいている検査です.これは深部反射と申しまして、末梢神経障害がありますと、反射が出なくなって足が跳ねなくなってしまいます.多発神経障害では、まず始めにアキレス腱反射消失すなわち踵の腱をたたいても足[itsuki-hp.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    次に、神経障害があるかどうかを調べる検査についてお話しします.最も簡単で有効な検査は、よくお医者さんがやってますが、ハンマーで膝やアキレス腱をたたいている検査です.これは深部反射と申しまして、末梢神経障害がありますと、反射が出なくなって足が跳ねなくなってしまいます.多発神経障害では、まず始めにアキレス腱反射消失すなわち踵の腱をたたいても足[itsuki-hp.jp] 体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com] アキレス腱反射消失もしばしば認められる。腱反射消失はJendrassik法で誘発しても出現しないことを確認する。糖尿病患者でアキレス腱反射消失するとのはおよそ半数であり、高齢者ではアキレス腱反射消失しても直ちに異常とは言えない。 筋痙攣 (muscle cramp)は自覚されやすい症状である。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ③ 発作のない期間には筋力低下を認めない。 ④ ミオトニーを認める。以下の1あるいは2。 1. 臨床的にミオトニー (筋強直現象)がある。 (具体例) 眼瞼の強収縮後に弛緩遅延がみられる(lid lag)。 手指を強く握った後に弛緩遅延が認められる(把握ミオトニー、グリップミオトニア)。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 脊柱管狭窄症

    圧迫の程度が軽い初期は軽度のしびれや痛みのみで日常生活にそれほど影響がないこともありますが、圧迫が重症化すると下肢の痛み、しびれ、筋力低下が出現し歩行が困難になる場合もあります。[hospital.luke.ac.jp] 病名 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう) 部位 腰 主な症状 腰痛、下肢痛、下肢の痺れ、筋力低下、歩行障害 診療科 症状の解説 主な症状として間欠性跛行が上げられます。これは、歩行に伴い下肢の脱力感が発生し、歩行困難となりますが、短時間の休憩ですぐに歩行可能となることです。[kmu.ac.jp] 表1 脊柱管狭窄症 部位 診断名 首 頚部脊柱管狭窄症 背中 胸部脊柱管狭窄症 腰 腰部脊柱管狭窄症 症状 脊柱管狭窄症によって、神経が圧迫されると、手足の筋力低下、しびれなどがおこります(表2)。頚部の脊柱管狭窄症では、主に両手のぎこちなさ、しびれが出ることが多いです。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 高カリウム血症

    臨床症状は一般に神経筋症状であり,筋力低下および,重度であれば心室細動または心静止をもたらしうる心毒性が生じる。診断は血清カリウムの測定による。治療は,カリウム摂取の抑制,薬剤の調整,陽イオン交換樹脂の投与などが考えられ,緊急時にはグルコン酸カルシウム投与,インスリン投与,および透析を行う。[msdmanuals.com] 主な症状は 四肢の痺れ 不整脈、頻脈 筋力低下 吐き気などがあげられる。そのまま放置しておくと致死性不整脈から心停止に至る可能性がある。ECF(細胞外液)のK濃度が5.0 - 6.0mEq/lになると心電図異常(テント状T波、P波の消失、QRS幅延長)が見られ、7mEq/l以上になると致死的不整脈を起こす可能性が非常に高くなる。[ja.wikipedia.org] 高カリウム血症になると、筋肉の収縮が正常におこなえず、不整脈を発症したり、しびれや筋力低下、吐き気などの症状があらわれる他、重症の場合は心停止をおこすこともあります。また、災害時や事故により長時間筋肉が圧迫されるような状況に陥った場合、筋肉の細胞が破壊され細胞内のカリウムが流れ出すことで横紋筋融解症や高カリウム血症になることもあります。[fdoc.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症の症状としては、多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌、筋肉痙攣(こむら返り)などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 自覚症状が乏しいので、だるさや倦怠感、食欲低下、筋力低下や心電図異常が認められる場合、ルーチン検査として実施することが望ましい。 すべての入院患者、利尿薬を服用している患者では検討する。[clinicalsup.jp] -自覚症状から探る薬の副作用- 高橋隆一著(第一メディカル)より引用 低K血症 血清カリウム値が3.5mEq/L以下になった状態 脱力感、筋力減退、手足の麻痺、 呼吸困難 、口の渇き、 意識障害 (傾眠)など 筋力低下、反射の低下、不整脈、意識障害(周囲への無関心)など 血清カリウム値の低下。心電図など。[haart-support.jp]

  • ニューロパチー

    抄録 糖尿病性ポリニューロパチーは(1)上肢より下肢優位の, (2)左右対称性の感覚障害を特徴とし,診察では(1)アキレス腱反射の低下・消失と(2)振動覚低下の確認が重要である.臨床的に明らかな筋力低下・筋萎縮,自律神経症状は,進行期の徴候と理解すべきである.糖尿病性神経障害は緩徐に進行する末梢神経変性疾患であり,無症候期から顕性化の予防に[jstage.jst.go.jp] 末梢神経障害の原因により障害される感覚の種類には特徴がある。 〈運動症状〉 通常,下肢優位・末梢優位の,左右対称性の四肢筋力低下を呈する。 病初期には下肢のみに症状がみられることもある。前脛骨筋の筋力低下により下垂足となり,膝を高く上げる歩行(鶏歩)を呈する。 腱反射は減弱 消失するが,アキレス腱反射が最も早期から低下することが多い。[jmedj.co.jp] 足底がSl 2 深部腱反射 末梢神経障害を疑う根拠となるのは腱反射の減弱、特に消失である。末梢神経障害は神経細胞からの距離が離れるほど明らかになりやすい性質を持つ。たとえば下肢末端に存在するアキレス腱反射は多発神経炎がまだ軽症のうちから減弱、消失をきたしやすく、アキレス腱反射の減弱、消失の有無を確認することが大切である。[yamamotoclinic.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    の左右差が顕著で、かつその状態が持続 発症当初からの膀胱直腸障害の存在 50/μlを超える髄液細胞増多 髄液細胞文核における多核球優位 境界明瞭なレベルのある感覚障害除外診断 末梢神経障害:有機溶媒中毒、ポルフィリン代謝異常、ジフテリア、鉛中毒、血管障害、栄養障害、CIDP(初発、急性発症) 神経筋接合部障害:重症筋無力症、有機リン、ボツリヌス[ja.wikipedia.org] 発症時に感覚症状が強いが、筋力低下が限局的 発症時に膀胱直腸障害が存在 発症時の発熱 境界明瞭な感覚障害 呼吸機能障害がなく、限局的な筋力低下の緩徐な進行 (亜急性炎症性脱髄性ニューロパチー、またはCIDPを疑う) 筋力低下の著名な非対称性 持続的な膀胱直腸障害 髄液中の細胞数増多(50/μl) 髄液中の多核球増多 治験概要 治験の目的・デザイン[chiba-crc.jp] ギラン・バレー症候群の場合、その際にそうしたウイルスなどと同じ抗原を持つ自分の運動神経を攻撃する抗体(自己抗体)ができ、自分の運動 神経が傷害され、筋力低下などの症状が出現すると考えられています。 ギラン・バレー症候群の治療には血漿交換療法、完全分子型静注用免疫グロブリン製剤の投与などがあります。 ページトップ[ketsukyo.or.jp]

さらなる症状

類似した症状