Create issue ticket

考えれる25県の原因 ゆっくりと進行する腎不全

  • レーノー現象

    クリーゼ:強皮症の他の症状が非常にゆっくり進行するのに対して、これだけは急速に進行して放置すると不全に至ります。早急にACE阻害薬と呼ばれる血圧降下薬の内服を開始し、血圧を下げることで進行が防げます。 逆流性食道炎:プロトンポンプ阻害薬などの内服が有効です。[med.u-fukui.ac.jp] 強皮症の病変は一般にゆっくり進行しますが、中には皮膚硬化、間質性肺炎や不全が急速に進む場合もあります。 間質性肺炎や心膜炎、胸膜炎の場合、ステロイドが有効な場合がありますが、皮膚の硬化性病変にはステロイドはあまり効果がありません。薬物療法でレイノー症状をおさえることは困難です。[kitano-hp.or.jp]

  • 腎機能障害

    末期不全と言われた 末期不全とは 腎臓の障害がゆっくり(一般的には数年単位)と進行し、後で述べるような様々な症状があらわれる病気を慢性不全(最近では慢性腎臓病とも呼ぶ)といいます。そして、腎不全が悪化し、ついには命にかかわる状態になると、腎臓の代わりとなる治療、いわゆる腎代替療法(透析か腎移植)が必要となります。[urol.or.jp]

  • 慢性腎不全

    末期不全と言われた 末期不全とは 腎臓の障害がゆっくり(一般的には数年単位)と進行し、後で述べるような様々な症状があらわれる病気を慢性不全(最近では慢性腎臓病とも呼ぶ)といいます。そして、腎不全が悪化し、ついには命にかかわる状態になると、腎臓の代わりとなる治療、いわゆる腎代替療法(透析か腎移植)が必要となります。[urol.or.jp]

  • 非乏尿性腎不全

    不全は、2つの主要なタイプに分類される:急性不全、および、ゆっくり進行するが不可逆である慢性不全である。 急性腎不全は、主に、以下の2つのタイプに分類される:水、電解質および酸塩基の不均衡と頻繁に合併し、乏尿または無尿として顕在化する乏尿性急性腎不全;および、尿量の減少が見られない非乏尿性急性腎不全である。[biosciencedbc.jp]

  • 乏尿性急性腎不全

    不全は、2つの主要なタイプに分類される:急性不全、および、ゆっくり進行するが不可逆である慢性不全である。 急性腎不全は、主に、以下の2つのタイプに分類される:水、電解質および酸塩基の不均衡と頻繁に合併し、乏尿または無尿として顕在化する乏尿性急性腎不全;および、尿量の減少が見られない非乏尿性急性腎不全である。[biosciencedbc.jp]

  • 慢性腎盂腎炎

    進行性の機能障害を有する患者においては、慢性腎臓病に対する治療を行います。 経過・予後は? 数ヶ月から数年異常にわたってゆっくり不全進行します。[twmu.ac.jp]

  • 人工心臓弁裂開

    ページのトップに戻る 当院で行っている特殊治療(腎臓関係) 人工透析 腎臓が尿を作る機能を失った状態を不全といいます。 徐々にゆっくり進行するものを慢性不全といいます。 慢性腎不全のため新たに人工透析を必要とする方は年間3万人を超えます。 その最大の原因疾患は糖尿病と慢性腎炎で、それぞれ1/3ずつを占めています。[fujimoto.or.jp]

  • 腎性血尿

    慢性腎臓病は、ゆっくりとじわじわ症状が進行していくため目に見えた症状がみられません。不全の直前になり自覚症状が現れることも少なくありません。 急性糸球体腎炎は、またたく間に腎機能低下してしまうこともありますが、多くの症例は、適切な治療によって回復します。疾患の早期での発症には、健康診断などでの尿検査が有効となります。[office-purej.com]

  • 多発性骨髄腫

    この抗体が腎臓を傷害して不全を引き起こすことが高頻度にみられます。血液腫瘍の一種ですが、血液腫瘍としては最も進行ゆっくりした病気です。 多発性骨髄腫 診断のポイント 典型的な症状は、貧血を伴う難治性の腰痛や原因不明の不全です。 診断は、血液検査や尿検査でMタンパクの有無を検査することから始まります。[chukyo.jcho.go.jp]

  • 全身性強皮症

    クリーゼ:強皮症の他の症状が非常にゆっくり進行するのに対して、これだけは急速に進行して放置すると不全に至ります。早急にACE阻害薬と呼ばれる血圧降下薬の内服を開始し、血圧を下げることで進行が防げます。 逆流性食道炎:プロトンポンプ阻害薬などの内服が有効です。[med.u-fukui.ac.jp]

さらなる症状