Create issue ticket

考えれる262県の原因 めまい, 局所性徐波活性

つまり: めまい, 局所性徐波活

  • 貧血

    また、世間では急に立ち上がったり、立ち続けることで血圧が低下しめまい・立ちくらみが起きる一過性の起立性低血圧(脳貧血)やそれに加え全身の倦怠感なども起きる慢性の低血圧症を「貧血」と呼ぶこともあるが、低血圧によるものは医学的には貧血とはまったく異なるものである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 局所性徐波活性
  • 低血糖症

    低血糖症の症状のなかでも、細胞のエネルギー不足で起こる症状は、異常な疲労感、日中でも眠気をもよおす、集中力欠如、めまい、ふらつき、健忘症、光過敏症、甘いもの欲求などがあげられる。 これらの低血糖回避メカニズムは、脳が低血糖状態を検出し、血糖を上げるホルモンを動員するよう命令することで開始される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 局所性徐波活性
  • 高血圧症

    めまい、ふらつき、転倒などの症状がみられます。 食後低血圧と診断するには、食前と食後に血圧を測定します。 少量の低炭水化物食を頻繁にとることが症状の軽減に役立つことがあります。 食後低血圧は、高齢者では3人に1人という高い頻度で起きますが、若年者ではほとんどみられません。[msdmanuals.com] しかし、後述の起こしやすい人や血圧降下薬剤を服用している場合、血流は正常に腸へ集まるが薬剤の効果により血圧上昇が抑制され、結果的に低血圧の症状としてめまいが発生することがある。血圧低下は一時的な物で、血流の腸への集中が解消されると低血圧症状も解消する。[ja.wikipedia.org] 食後低血圧では、めまい、ふらつき、気が遠くなる、転倒などが起こります。高齢者で食後にこのような症状がみられた場合は、食前と食後の血圧を測定して、原因が食後低血圧かどうかを確かめる必要があります。 食後低血圧の症状がみられる人は、食前に降圧薬を服用しないようにし、食後は横になって休む必要があります。[msdmanuals.com]

    不足: 局所性徐波活性
  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 局所性徐波活性
  • 虫刺症

    全身の蕁麻疹、呼吸困難、気分不快、冷や汗、めまいなどの症状が起こった場合は、ショックに準じた治療が必要である。ショック症状は刺傷から数分で始まることもあり、万一このような状態になった場合、躊躇せずに119番通報し、救急車を要請することが望まれる。 刺された場所が1〜2日後に腫れたり痛んだりすることがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 局所性徐波活性
  • 鉄欠乏性貧血

    症状 [ 編集 ] 主な自覚症状は、易疲労感(疲れやすい)、動悸、耳鳴り、めまい、呼吸困難感、顔色が悪い、食欲が落ちる等の 貧血症状 がある。ひどくなると起き上がることも出来なくなる。 そのほかに特有の症状として指の 爪 (つめ)が上向きに反り返る。[ja.wikipedia.org] また、世間では急に立ち上がったり、立ち続けることで血圧が低下しめまい・立ちくらみが起きる一過性の起立性低血圧(脳貧血)やそれに加え全身の倦怠感なども起きる慢性の低血圧症を「貧血」と呼ぶこともあるが、低血圧によるものは医学的には貧血とはまったく異なるものである。[ja.wikipedia.org]

    不足: 局所性徐波活性
  • 起立性低血圧

    急に立ち上がった時に起こる症状として、ふらつき、めまい、頭痛、複視または視野狭窄・眼前暗黒感、四肢あるいは全身のしびれ(異常感覚)、気が遠くなるなどで、まれに血管迷走神経反射性失神を起こすこともある。すべて血圧維持が不充分なために脳血液灌流量が不足する結果起こる症状である。 2つに大別される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 局所性徐波活性
  • 乗り物酔い

    乗り物酔い防止薬 乗り物酔い防止薬 とは乗り物の揺れにより生じるめまいや吐き気などの症状、いわゆる乗り物酔いを抑える目的で処方される医薬品です。一般的には「酔い止め」と呼ばれています。 乗車前30分 1時間前に服用するものが一般的です。酔ってからでは効果が薄くなりますので薬の用法を読み正しく服用してください。[jikokuhyo.info]

    不足: 局所性徐波活性
  • 急性中耳炎

    内耳炎 ごくまれに内耳炎を合併し、感音難聴(神経障害による難聴)、めまいを伴う事がある。予後は不良。 安静にし、抗生物質や消炎鎮痛剤を投与する。鼓膜が膨隆していたり耳痛が高度だったりしたときは、鼓膜切開して分泌物を吸引し、抗生物質を点耳する。 小児急性中耳炎に関してはガイドラインが作成されており、それを参考に加療されることが好ましい。[ja.wikipedia.org] 内耳に進行した場合には、めまいが生じるようになる。頭蓋内に進展した場合にはそれに応じた神経症状。 頭蓋内合併症 急性乳突洞炎 S状静脈洞血栓 視診にて診断がつくため、診断のための検査は基本的には不要。 細菌培養(抗生物質使用する場合に備えて) 聴力検査(難聴の鑑別のため) 耳内の状態を顕微鏡などで観察すること(視診)により診断可能。[ja.wikipedia.org]

    不足: 局所性徐波活性
  • 過換気
    不足: 局所性徐波活性

さらなる症状

類似した症状