Create issue ticket

考えれる10県の原因 めまい, 前頭部棘波-徐波

つまり: めまい, 前頭部棘波-徐

  • 欠神発作

    (発作起始から終了に向かって周波数が漸減する) 頭部優勢 広汎性に3 4Hz(多)複合(発作起始から終了に向かって周波数が漸減する) 全般性強直間代発作の合併 少ない 多い(80%の例で欠神発作発症後2年以内に合併する) ミオクロニー発作の合併 まれ 比較的多い(15 20%程度) 予後 多くは成人前に発作が消失(1 2年発作がなく[kksmile.com] 投与後1 2時間で複視、めまいといった小脳症状、1週間ほどで発疹が出現することがある。発疹は1割程度の出現率であるが重篤なものはさらにその1割であり(つまり1%、100人に1人)、内服継続で軽快することも多い。SLE様の皮疹は6 12カ月で出現することがあり、可逆的であるが抗核抗体は陰性化しない。[ja.wikipedia.org] この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、単剤療法では発疹、頭痛などが、他の抗てんかん薬との併用療法では、傾眠(意識がぼんやりする)、肝機能障害、めまい、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。[rad-ar.or.jp]

  • 特発性全般てんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] ある人では体温の変化を感じたり、またある人では不安や理由のないパニックを感じることや、幻聴や回転性のめまいを来たすこともあります。異昧・異臭を感覚したり、まれには幻視を体験することもあります。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp] 1997年12月16日,テレビアニメ「ポケットモンスター」を見ていた多くの子どもたちがけいれん,意識障害,吐き気・嘔吐,めまいなどの症状を起こし,病院に搬送されました.当時,「ポケモン事件」と呼ばれました.画面全体の赤と青の点熱や光のちらつきが視覚に入り,その連続が子どもたちの脳に刺激を与えたことと,目をそらさずにテレビに集中していたことや[zousantsushin.jp]

  • 特発性全般てんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] ある人では体温の変化を感じたり、またある人では不安や理由のないパニックを感じることや、幻聴や回転性のめまいを来たすこともあります。異昧・異臭を感覚したり、まれには幻視を体験することもあります。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp] 1997年12月16日,テレビアニメ「ポケットモンスター」を見ていた多くの子どもたちがけいれん,意識障害,吐き気・嘔吐,めまいなどの症状を起こし,病院に搬送されました.当時,「ポケモン事件」と呼ばれました.画面全体の赤と青の点熱や光のちらつきが視覚に入り,その連続が子どもたちの脳に刺激を与えたことと,目をそらさずにテレビに集中していたことや[zousantsushin.jp]

  • てんかん

    めまい(前庭型) 動くと/振り返るとふわっ、くらっとするものです。脳波異常はありません。原因として以下のものが多くを占めます。 良性発作性頭位めまい 耳鼻科の病気であり、良性疾患で最も頻度が高いものです。両側の前庭・3半規管が過敏になったような状態です。前庭機能検査を行います。[web.archive.org] クルマにも事故の痕跡が確認され、業務上過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕されたが、この男には「てんかん」の持病があり、事故を起こす直前に軽いめまい(発作の予兆)を感じていたことがわかった。だが、男は発作を抑える薬を服用したものの、予兆を重視せずにクルマの運転を続けた結果、意識を喪失。事故に至った。[response.jp] てんかん発作には全身けいれんや意識喪失、手足の部分的なけいれんやしびれ感、頭痛やめまい、嘔吐、腹痛などの自律神経症状、もうろう状態や自動症、不安・恐怖などの精神症状だけの場合もあり多様です。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 脳腫瘍

    めまい めまいと表現される症状には、3種類あります。本当に天井や壁が回転するめまい、ふわふわ浮いたような浮遊感、そして立ちくらみです。回転性のめまいは、メニエール氏病のこともありますし脳腫瘍のこともありますので、専門家の診察が必要です。浮遊感は、脳幹や小脳といった大切な部分の虚血でも起こりますので検査が必要です。[osaka-med.ac.jp] … 【めまい】より … [脳幹,小脳とめまいめまいに関係するところとして,以上のほかに脳幹や小脳がある。したがって,このようなところに脳腫瘍ができたり,あるいは血管がつまったり出血を起こしたりしても,身体の平衡状態がくずれ,ときには激しいめまいを起こしてくる。[kotobank.jp] 頭痛・意識障害・性格変化・てんかん・視力障害・聴力障害・めまい・言語障害・手足の麻痺・歩行障害などの症状で発症します。 いったん症状があらわれると、てんかん発作以外は症状が毎日続き、徐々にはっきりしてきます。 脳腫瘍による頭痛は朝起床時に最も強く、毎日続きだんだん悪くなり調子のいい日がないという特徴があります。[inamura-clinic.com]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    を証明 てんかん性放電として頭部優位の全般性の多,光刺激により突発反応が30%でみられる 治療 原因薬剤の減量・中止 薬剤による治療,誘因をなるべく避ける生活指導 予後 治療により軽快 長期間にわたり内服が必要だが加齢とともに軽快することが多い ミオクローヌスはさまざまな病因で起こり,四肢,顔面,体幹の筋にみられ,意識消失を伴わない[jstage.jst.go.jp] 第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] その後、軽いめまいと吐き気が起こり、会話ができなくなり、字が読めなくなったりしますが、10分ほどすると元に戻ります。そして大抵、一度フラッシュバックが起こるとその後1 2日間のうちに3 5回同じことが起こります。 こういうことは8歳くらいの頃からありました。[nhk.or.jp]

  • レノックス・ガストー症候群

    さらに、約半数の患者でめまい、無関心、無反応を特徴とする非痙攣性てんかん重積状態が見られる。発作により突然の脱力あるいは攣縮や平衡感覚の喪失を起こすことがあるため、患者は頭部や顔面への受傷を防ぐためヘルメットを着用することも多い。 日常的に起こる複数の発作型のてんかんの他、LGSの患児は精神発達遅滞や運動機能障害を合併することが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん

    1.成人の正常脳波(αアルファ波):安静・覚醒・閉眼時 後頭部優位のα波を主体として頭部に低振幅βの混入を認める α波は左右対称性に出現し,漸増・漸減が見られる波はほとんど出現せず、波、鋭波も出現しない。[naraamt.or.jp] 用量依存的副作用:頭痛、傾眠、めまいなどがある。 催奇形性が少ないといわれる。 1950〜1960年代 抗てんかん薬治療を受けている患者さんで 葉酸 欠乏がみられたことなどから、1970年代に入って抗葉酸作用を持つ化合物が抗てんかん薬と成り得るとの仮説に基づき、新規抗てんかん薬を探索し、ラモトリギンが見出された。[shiga-med.ac.jp] 始まりも終わりも両側性で、しかも通常頭部で最大振幅を示し、ほぼ同期性、対称性の規則正しい複合よりなる突発波である。単一の棘徐波複合や、持続3秒以下の短い棘徐波複合は臨床的発作が見られない。棘徐波複合はふつう左右対称であるが、非対称的に起こるときがある。 過呼吸によって容易に賦活される 。[seesaawiki.jp]

  • 若年性欠神てんかん

    第2型:後頭部優位性を示す 第3型:後頭部優位だが頭部にも波及する 第4型:全般性棘徐波複合(光けいれん反応と同 一、これのみを光感受性と呼ぶべきで あるという意見もある) (2)原因となる視覚刺激について ア 視覚刺激の物理的性質 1) 閃光点滅刺激 (ア)周波数:10 30Hzで賦活効果(刺激により脳内に反応を起[soumu.go.jp] ,急性間欠性ポルフィリン症の患者は禁忌(ポルフィリン合成が増加し症状が悪化する恐れがある)ガバペンチン/ガバペン 眠気急性腎不全,皮膚粘膜眼症候群トピラマート/トピナ 眠気,食欲不振,めまい緑内障,腎結石,代謝性アシドーシスラモトリギン/ラミクタール 発疹,めまい,胃腸障害中毒性表皮壊死融解症,皮膚粘膜眼症候群,血球減少レベチラセタム/イーケプラ[medica.co.jp] 用量依存的副作用:頭痛、傾眠、めまいなどがある。 催奇形性が少ないといわれる。 1950〜1960年代 抗てんかん薬治療を受けている患者さんで 葉酸 欠乏がみられたことなどから、1970年代に入って抗葉酸作用を持つ化合物が抗てんかん薬と成り得るとの仮説に基づき、新規抗てんかん薬を探索し、ラモトリギンが見出された。[shiga-med.ac.jp]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    そのなかには、脳卒中、けいれん発作、脳炎・髄膜炎、ギラン・バレー症候群などの救急診療を必要とする疾患のほか、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経変性疾患、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、多発性硬化症、重症筋無力症などの神経免疫疾患、あるいは頭痛、めまいなど日常よく遭遇する疾患も含まれます。[hachioji-hosp.tokai.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状