Create issue ticket

考えれる31県の原因 まっすぐな口

  • 気管支炎

    から喉、さらに肺の手前まで気管はまっすぐな1本の管になっています。その先は左右に分かれて肺へとつながっているのですが、この分かれている部分が気管支です。気管支炎とは気管支に炎症が起こる病気です。気管支は肺に空気を送るための通過点である大切な部分ですので、気管支に炎症が起これば呼吸が困難になります。[yasuda-ent.com]

  • 急性膀胱炎

    女性の場合、尿道の長さが約3 4cm程度と短く、まっすぐなうえ、外尿道と膣や肛門が近いという体の構造から、大腸菌をはじめとする細菌が尿道や膀胱に入りやすくなるのです。ほとんどは大腸菌の尿路逆行性感染です。[t-pec.co.jp] 膀胱炎は男性に比べて女性の発症が圧倒的に多い病気ですが、これは女性の尿道が短くてまっすぐであること、そして大腸菌などの細菌が多い膣や肛門に尿道が近いため細菌感染のリスクが高いことによります。 ほとんどの場合、薬物療法で不快な症状が短期間に収まります。放置して悪化させてしまうと腎臓に炎症が及んで高熱を生じることもあります。[kidoclinic.jp]

  • 良性移動性舌炎

    ・開口時に、まっすぐに開けるようにする。 ・自分で意識して、顎関節を大切にする。 ・薬物療法としては、疼痛が強い場合には、消炎鎮痛剤(ロキソニンなど)を投与するが、必要とすることは少ない。 こういった指導で、ほとんどの患者さんは治ってしまうようです。顎関節の外科的治療を要することは滅多にありません。[ueda.ne.jp]

  • 神経因性膀胱

    女性の場合、尿道の長さが約3 4cm程度と短く、まっすぐなうえ、外尿道と膣や肛門が近いという体の構造から、大腸菌をはじめとする細菌が尿道や膀胱に入りやすくなるのです。ほとんどは大腸菌の尿路逆行性感染です。[t-pec.co.jp]

  • アデノイド肥大

    を開けるときは、下顎をずらさずにまっすぐ下に開きます。 ポスチャー 普段から舌が上顎についた状態を習慣づけることが目的です。 ストローを上の犬歯の後ろに置いて咬み合わせます。唇を軽く閉じできるだけ舌の力で上顎にストローを吸いつけるようにします。[yobou-furusen.jp]

  • 関節症

    まず鏡で、まっすぐ開くか、3本の指(人差し指・中指・薬指)がに入るかをご自身でチェックしてください。一日数回、大きな口を開けてあごのストレッチを行うことが、簡単な予防法の一つです。 また、入れ歯などで噛み合わせの高さが違うとあごの関節への負担になりますので、かかりつけの歯科医院で噛み合わせに問題がないかチェックしましょう。[secom.co.jp]

  • ライム病

    ダニを取り除くときには、先のとがった毛抜きを使い、皮膚にできるだけ近いところでダニの頭かを挟んでまっすぐ上に引き抜きます。ダニの体の部分を挟んだりつぶしたりしてはいけません。ワセリン、アルコール、火のついたマッチやその他の刺激物の使用は避けます。[msdmanuals.com] ダニを取り除くときにはピンセットや先のとがった毛抜きなどを用い、皮膚にできるだけ近いところでダニの頭かを挟んでまっすぐ上に引き抜く。体の部分を挟むと、つぶれて機械的に病原体の注入が起こり、感染の確率が高まるので、挟んではいけない。 取り除いたダニは保管しておく。後日、症状が出た場合には病院へ持参する。[ja.wikipedia.org]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    ・開口時に、まっすぐに開けるようにする。 ・自分で意識して、顎関節を大切にする。 ・薬物療法としては、疼痛が強い場合には、消炎鎮痛剤(ロキソニンなど)を投与するが、必要とすることは少ない。 こういった指導で、ほとんどの患者さんは治ってしまうようです。顎関節の外科的治療を要することは滅多にありません。[ueda.ne.jp]

  • 喉頭の病変

    ・開口時に、まっすぐに開けるようにする。 ・自分で意識して、顎関節を大切にする。 ・薬物療法としては、疼痛が強い場合には、消炎鎮痛剤(ロキソニンなど)を投与するが、必要とすることは少ない。 こういった指導で、ほとんどの患者さんは治ってしまうようです。顎関節の外科的治療を要することは滅多にありません。[ueda.ne.jp]

  • 冗長包皮

    また、包皮が邪魔で尿がまっすぐ飛ばない場合もある。 包皮が狭小な場合、包皮を無理に反転させて亀頭を露出した状態にしておくと血管やリンパ管を中心とした循環障害を起こし先の包皮が腫脹して激しい痛みを伴うことがある。これを嵌頓包茎(かんとんほうけい)という。根治するには包皮環状切除術が必要である。治さずそのままだと壊死してしまう。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状