Create issue ticket

考えれる206県の原因 ほとんど自発運動ができない

  • ISCU欠乏による乳酸アシドーシスがある遺伝性ミオパチー

    情報提供元 「難治性疾患克服研究事業」 研究代表者 東北大学神経内科 教授 青木正志 診断基準 I.臨床症状 1.筋力低下 新生児期:自発運動の低下 乳幼児:運動発達の遅れ 学童 成人:徒手筋力テストで複数筋が4以下 2.筋緊張低下 3.腱反射の低下又は消失 II.検査所見 1.筋生検で特徴的な病理所見を認める。[nanbyou.or.jp]

  • 分娩

    0点 1点 2点 Appearance 皮膚の色 全身チアノーゼまたは蒼白 体幹は淡紅色、四肢はチアノーゼ 全身淡紅色 Pulse 心拍数 なし 100bpm未満 100bpm以上 Grimace 反射興奮性(足をはじく) なし 顔をしかめる 泣く Activity 筋緊張 ぐんにゃり 四肢をいくらか曲げている 四肢が十分に屈曲、または自発運動[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    下垂体機能不全モデルマウスは、 自発的な活動性(自発運動量) ※15 が低下し、数週間以内に全て死亡します。一方、移植したマウスでは、活動性(運動量)の回復が認められるほか、移植後8週間でも85%のマウスは生存していました (図6) 。[riken.jp] 1週間後に人工下垂体を移植したマウスは非移植群に比べて、活発に活動し、高い自発運動量を示した。血中の副腎皮質刺激ホルモンや副腎皮質ホルモンの分泌は回復し、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンにも反応した分泌を観察した。[riken.jp]

  • 末梢神経障害

    末梢神経障害の際には主に自覚症状として感覚障害や運動障害が起こります。感覚障害はしびれ、痛みの様な自発的な症状と、触覚、痛覚、温度覚などの低下があります。運動障害は筋力の低下として表れます。但し、これらの症状は末梢神経以外の神経の病気でも起こりえます。例えば脳梗塞でも力が入りにくくなり、しびれ痛みを伴う時もあります。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 良性移動性舌炎

    耳栓骨導試験)、内耳機能検査(ABLBテスト、SISIテスト、DLテスト、UCLテスト)、自記オージオメトリー、後迷路機能検査(一過性域値上昇検査)、耳鳴検査(ピッチマッチ検査、ラウドネスバランス検査、耳鳴検査(装置使用またはオージオメータ使用))、ティンパノメトリー(成人)、ことばの聞きとり検査 【平衡機能検査】 立直り検査、偏倚検査、自発[seirei.or.jp] ・注視眼振検査、頭位および頭位変換眼振検査、温度眼振検査、迷路瘻孔症状検査、視運動性眼振検査、視標追跡検査、赤外線CCDカメラによる眼振検査 【顔面神経の検査】 視診(40点法、House-Brackmann法など)、味覚検査(電気味覚検査)、涙分泌検査、アブミ骨筋反射検査 (2)鼻・副鼻腔領域 問診・視診・触診、前鼻鏡検査、後鼻鏡検査、顕微鏡下検査[seirei.or.jp]

  • 昏睡

    脳死の前提条件は、深昏睡であり、脊髄反射があっても自発運動が認められない状態である。 睡眠とも異なる。睡眠は常に可逆的である。 昏睡、脳死といった言葉は急性期の状態を示す言葉である。慢性的なもの、すなわち古くは遷延性昏睡といわれた言葉は、現在は失外套症候群という。 ちなみに、昏睡は、マラリアから発達するものでもある。[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    たとえば、生後間もなくから自発運動がほとんどなく、呼吸や哺乳に障害がみられることがある一方、お座りが遅い、歩行が遅いなど他のお子さんと比較したときの発達の遅れから判明する場合があります。 なかには成人になってから症状が明らかになることもあり、疲れやすい、力が入りにくいといった症状がみられることもあります。[medicalnote.jp] 情報提供元 「難治性疾患克服研究事業」 研究代表者 東北大学神経内科 教授 青木正志 診断基準 I.臨床症状 1.筋力低下 新生児期:自発運動の低下 乳幼児:運動発達の遅れ 学童 成人:徒手筋力テストで複数筋が4以下 2.筋緊張低下 3.腱反射の低下又は消失 II.検査所見 1.筋生検で特徴的な病理所見を認める。[nanbyou.or.jp]

  • アルツハイマー病

    活気がなくなった、口数が少なくなった、無気力で意欲がなくなった、といった自発性の低下を伴うこともあります。また、これらの症状のために生活に支障が出てきます。運動障害や失禁などの症状は初期にはありません。 アルツハイマー病のもの忘れはお年寄りにしばしばみられる加齢によるもの忘れとは性質が違います。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 緊張病

    昏迷(部分的あるいは完全な緘黙、拒絶症、強直姿勢を伴った自発運動の減少あるいは完全な欠如)。 興奮(攻撃的傾向を伴ったり、伴わなかったりする激しい運動過多)。 昏迷と興奮の両者(寡動から多動へ急速にかつ予測できずに変化する)。 診断をさらに確実にする他の緊張病性現象は、常同症、ろう屈症、衝動行為です。[e-heartclinic.com] 心が思うように動かずにブレーキをかけられているような状態を「精神運動の制止」と言いますが、これがさらに極端になった状態が「うつ性昏迷」です。 自発的な運動がまったくなくなり、話しかけられても、体を揺すられても、反応しなくなってしまいます。 気分が落ち込んでふさぎ込む「うつ」に対して、これとは反対に気分が異様に高揚するのを「躁」といいます。[allin1.co.jp]

  • 外傷性脳損傷

    E.開眼:自発的(4)、言葉による(3)、痛み刺激による(2)、なし(1) M.運動反応:命令による(6)、はらいのける(5)、逃避的屈曲(4)、異常な屈曲(3)、伸展する(2)、なし(1) V.言語性反応:見当識あり(5)、錯乱状態(4)、不適当(3)、理解できない(2)、なし(1) MTBI該当基準と自賠責での後遺障害認定 平成30年5[kotsujiko-law.net]

さらなる症状

類似した症状